So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャンボーグA(19) [ジャンボーグA]

第47話『死闘!エース対ナイン?』を取り上げます。
 脚本;山浦弘靖  
 特殊技術;矢島信男
 音楽;菊池俊輔
 監督;東條昭平
 怪獣デザイン;米谷佳晃

【前回までの話は・・・
グロース星人の地球侵略計画は、遅々として進まない。体内に爆薬を充満させたサタンゴーネは、自分の死と引き替えにPAT基地とジャンボーグAの破壊を企てた。PAT基地の破壊まであと少しのところでジャンボーグAに阻止され、サタンゴーネは大爆発して死んだ。だが・・・】


◆強風が吹き荒れる暗黒の星、グロース星。今、目の前に並んだ3つの墓に向かい、誓いを立てる女の声がする。
IMG_1270.jpg
『今は亡きアンチゴーネ、マットゴーネ、サタンゴーネよ!あなた方に代わって、今からこの私が地球侵略軍の指揮を執らせていただく!私は誓います。ジャンボーグAと9を倒し、緑の星、地球を征服することを!』

サタンゴーネが倒れてからしばらくの間、PAT基地内でも平和な時が流れていた。だが、その時は突然やってきた。緊急情報が基地内に流れ、PAT隊員全員はハンターQで出撃していった。ナオキも、当然のようにジャンカーで後を追っていく。今日は和也も一緒だ。

東京丸の内の上空を飛行する1機の円盤。ナオキと和也、その他大勢の人々が距離を保って、その円盤を遠巻きに見つめている。円盤は上空で停止したまま、攻撃をしてくる様子はない。

村上隊長はハンターQを上空で旋回させながら待機、しばらく様子をみることにした。やがて、円盤から地面に向かって光線が放たれた。
IMG_1271.jpg
その光の中から人間の女性に似た生物が一人、現れた。銀色の髪をした黒装束の女性は、両手を空へむかって広げながら、大勢の人々の前で静かに話しはじめた。

『地球人よ、お聞き。ジャンボーグAと9は・・・この私が仕掛けるワナで相討ちになって・・・滅びるだろう・・・フフフフ』

『そんなこと、あるもんか!』
怒りを込めて、和也が叫んだ。次にナオキが叫ぶ。
『一体、お前は何者だ!』

『私の名は、デモンゴーネ。地球侵略軍の新しい司令官さ・・・フフフフ』
IMG_1272.jpg
そう言うと、醜いグロース星人に姿を変えて巨大化するデモンゴーネ。杖を振るってビルを壊し、腹部にある一眼のまぶたが開いて、ロケット弾を連射した。丸の内一帯のビル群は、あっという間に火の海になっていた。

逃げ惑う群衆で現場はパニックとなり、和也はナオキとはぐれてしまう。ナオキは急いでジャンカーを置いた場所まで戻ると、ジャンボーグ9に変化できる場所を探して車を走らせた。

『エースとナインを相討ちにさせるだと?頭の悪いヤロウだぜ!エースもナインも、この俺の操縦で動いているんだ。相討ちに出来るわけがないぜ!』
運転しながら、ナオキはそう思う。

上空を旋回していたハンターQは、巨大化した宇宙人を見てただちに攻撃を開始した。2機に分離して光線攻撃の指示を出す村上隊長。

ところがデモンゴーネは、ハンター1号機が発射した破壊光線をマントではね返して、反対側を飛行していた2号機にぶつけるという離れ業をしてのけた。
IMG_1274.jpg
一方のナオキは、ジャンカーをジャンボーグ9に変化させた。
『行くぜ、デモンゴーネ!サタンゴーネの後を追って、地獄へ落ちるがいい!』

ナオキの心に、無意識のうちに女の言った言葉が気になり、焦っているのか、デモンゴーネとの勝負を急いでいる様子がみてとれる。
IMG_1275.jpg
突進していくジャンボーグ9。スワニービームを放ってしびれているデモンゴーネに、パワーでは負けないと、接近戦法で戦おうとする。だが、それが命取りとなった。
IMG_1276.jpg
デモンゴーネの顏が、それまでの女の顔つきから鬼にも似た男顔に変わると、一瞬の隙を突いて、杖の先から冷凍光線を発射した。接近していた分だけ冷凍光線をまともに浴び、ナインは瞬く間に凍り付いていった。

『(男デモンゴーネの声で)フハハハハ。この私が二つの顔を持っているとは、知らなかっただろう!地獄へ行くのは、お前の方だ!』

『このままじゃ、ナインの体は凍りついてしまう・・・』
ナインの操縦室はすでに凍り付き始め、操縦かんが動かなくなっていた。

ナインの様子を見て、解凍作用のあるフリーザーアタッカーで救助するよう、2号機の熊井へ村上隊長は指示を出す。

だが、デモンゴーネの腹部の一眼からレーザー攻撃を受け、ハンター1号機2号機共に機体が損傷し、修理のため基地へ帰投せざるを得なくなってしまう。
IMG_1278.jpg
       (ナインから脱出して走り去るナオキ・右下)
真っ白く氷結したまま、うつ伏せ状態のジャンボーグ9は、完全に活動を停止した。
『駄目だ。こうなったら脱出して、ジャンボーグAで戦ってやる!』
足裏の非常出口から脱出したナオキは、ジャンセスナのある飛行場へ走っていった。

セスナ機に乗り、ナインの仇を取るつもりで操縦かんを握るナオキ。ジャンセスナをジャンボーグAに変化させようとしたその時、エメラルド色の光がセスナ機を包み込んだ。セスナ機の前方に映る巨大なエメラルド星人の姿。
IMG_1281.jpg
『待て、立花ナオキ。焦るな。焦れば、デモンゴーネのワナにかかるだけだ』
『(自信ありげに)大丈夫だよ!あんな予告は、ただの脅しにすぎないぜ!』

『侮ってはいけない。お前が勝つ方法は、ただ一つ。デモンゴーネをじらすことだ。それ以外に無いのだ』

だがナオキは、エメラルド星人の忠告を無視して、ジャンボーグAに変化してしまう。そしてデモンゴーネに立ち向かっていった。
IMG_1282.jpg
『エースもナインも、俺の操縦で動くんだ。ワナにかけるなら、かけてみろ!』
『%&$#、$&〇△◇※、☆☆♀∬Ω、$&%&、$◇※☆〇△◇・・・』

突然、デモンゴーネが不思議な呪文を唱え始めた。すると黒雲が太陽を隠し、雷鳴が轟き、雷が光った。そして雷は、動かなくなったジャンボーグ9の頭上に落ちた。

『(男デモンゴーネの声)さぁナインよ、行け!』
すると、操縦者が乗っていないはずのジャンボーグ9が息を吹き返し、凍り付いたツララがきれいに取れて、操り人形のようにひとりで立ち上がったのだ。

『(男デモンゴーネの声)どうだ、驚いたか!私は念力でモノを動かすことができるのだ!ハハハハハ。さぁナインよ、エースと戦え!相討ちとなって滅びるがいい!』
IMG_1283.jpgIMG_1284.jpg
まるでナオキが操縦しているが如く、ジャンボーグ9は軽やかに動いて、エースに向かってハンディングフラッシャーを放った。それを見ていた和也は、泣き叫んで頼んだ。
『ナイン、やめろ!やめてくれ!』

バモス1世と2世で現場に到着した熊井と安田に、泣きながら訴える和也。
『エースとナインが、ケンカしてるんだ!早く止めてよ!』
IMG_1285.jpg
容赦なくエースに攻撃を仕掛けるナイン。キック、パンチ、チョップと、力技でエースはナインに勝ち目が無い。エースの操縦席にいるナオキは、叫んだ。
『ナイン、やめてくれ。やめるんだ!』
IMG_1288.jpg
熊井はバモス1世を飛行させ、ナインに攻撃をやめるよう忠告した。だがナインは、容赦なくバモス1世に攻撃をする。それをみたナオキは、怒った。
『ナインの奴、もう許さないぞ!ビームエメラルド!』
IMG_1289.jpg
必殺光線をナインに浴びせてしまうエース。ナインは仰向けに倒れながらも、ゴールデンレザー光線を両目から放ち、エースに一撃を与えたのち、動きを止めた。
IMG_1290.jpg
『うわぁぁ・・・ゆ、許してくれ、エメラルド星人。あんたの忠告を聞いておけば・・・こんなことには・・・許して・・・くれ』
ナインから強烈な一撃を受けたエースもまた、破壊尽くされガレキと化した町に、倒れ込んでしまう。

『(男デモンゴーネの声)まんまとワナにかかったな!徹底的にぶち壊してやる!』
デモンゴーネのしたたかな戦略の前に、ジャンボーグAと9は、相討ちになってしまった。
IMG_1291.jpg
狂ったようになおも続くデモンゴーネのロケット弾攻撃に、町は破壊し尽くされ、増えるガレキの下に埋もれていくエースとナイン。

一方、ようやく修理を終えたハンターQは、村上隊長と野村隊員を乗せて出撃した。相討ちになったエースとナインの様子を見て、現場のバモス1世と2世に弔い合戦を指示する村上隊長。

『(ナオキの心の声)立て!ナオキ』
ジャンボーグAは、まだ死んではいなかった。自分の犯した過ちを晴らすため、ナオキは残りの力を振り絞って立ち上がった。

『必ずお前を・・・倒してやる!』
エースは、デモンゴーネに立ち向かっていく。だが、体力が消耗しているため、デモンゴーネに軽く弾き飛ばされてしまう。
IMG_1293.jpg
デモンゴーネのとどめの一撃がエースを狙っている時、倒れていたジャンボーグ9がすっくと立ち上がり、デモンゴーネにスワニービームを発射した。
『(男デモンゴーネの声)血迷うな!エースを倒すのだ!』
IMG_1295.jpgIMG_1294.jpg
だがナインの両眼は、デモンゴーネに向いている。そして、必殺ミラクルフラッシャーが、デモンゴーネに命中した!
IMG_1296.jpg
ダメージを受けてすぐに立ち上がれないデモンゴーネを狙って、ナオキの操縦するエースが空中高く飛び上がり、必殺ヘッディングキラーが炸裂した。首を斬り落とされて、大爆発するデモンゴーネ。

和也は踊るように喜びながら、ジャンボーグAにお礼を言うのだった。ナオキには、すぐに疑問が湧いた。
『しかし不思議だな。一体、誰がナインを操縦したんだ?・・・』

その時ナオキの目に、空へ飛んで行くエメラルド色の光のかたまりが映った。
『そうか。エメラルド星人が操縦してくれたのか・・・ありがとう、エメラルド星人』

忠告を無視した自分を見限ること無く、ナインを操縦して共にデモンゴーネと戦ってくれたエメラルド星人に、心から礼を言うナオキ。その目からは、感謝の涙が流れていた。

すると、再びエメラルド星人の忠告が、ナオキに聞こえてきた。それは、信じがたい内容だった。
『聞け、立花ナオキ!デモンゴーネは生きている。決して油断をするな!』

エメラルド星人の言葉を証明するかのように、ナオキに聞こえてくるデモンゴーネの声。
『(女デモンゴーネの声)ハハハハ・・・ジャンボーグA、そしてナインよ。お前達が倒したのは、私の分身に過ぎないのだ』

『(男デモンゴーネの声)この次は必ずお前達を倒し、地球を手に入れてみせるぞ!』
(つづく)


★★★★★★★★★★★★
第四の刺客とも言うべきデモンゴーネは、男・女二つの顔を持つ怪人である。サタンゴーネが「デモンゴーネ閣下」と呼んでいたが、私には「デーモン小暮閣下」に聞こえたけどね・・・(笑)

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ