So-net無料ブログ作成

キカイダー01(4) [ゼロワン・ドラマ]

《第2話 ハカイダー四段攻撃とは何か!?・後編》を取りあげます。

前回までの話は・・・ リエコが東都病院に入院していることを知り、イチローはアキラを連れて出かけて行った。だが、リエコの姿はすでに無く、レッドハカイダーのボーガンがイチロー達を狙ってきた。逃げるイチローとアキラは休園中の遊園地へ逃げ込み、そこでハカイダー3人衆と戦うことに・・・。イチローは三人衆をうまく騙して、遊園地からアキラを連れて逃げることに成功した】


◆ハカイダーは、アキラを奪還できずに基地へ戻って来た3人衆の不甲斐なさに、怒りを爆発させていた。だが、今度ゼロワンと出会ったら、四人がかりで「ハカイダー四段攻撃」を使うと言って去っていく。ハカイダー四段攻撃とは、一体どんな技なのか。

建設途中のこの新ハカイダー基地には、アキラの居所をキャッチできるマジックレーダーが装備されていた。アキラの服に縫い付けてある小型発信器の電波を受信して、どこにいるかは手に取るようにわかるのだ。

一方、ハカイダー3人衆からうまく逃げて来たイチローとアキラは、病院の看護婦にアキラを預けると、風車小屋の所で待つよう約束して、様子を見に出かけて行った。だが、ほどなくして、ふたりの元へイチローが戻って来た。

『やぁ、アキラ君。遅くなって、すまんすまん。お腹が減っているだろう?さぁ、アキラ君。行こう!』
『お兄ちゃんじゃ、無い!』

戻って来たイチローを、ニセモノ呼ばわりするアキラ。強引に手を引いて立ち去ろうとするイチローに、看護婦はアキラ君を幸せにしてあげて欲しいと言うと、走って行ってしまうのだった。
IMG_1662.jpg
周囲に人がいない場所まで来た看護婦は、自分の顏の皮膚をはがすようにして仮面を取った。その正体は、リエコであった。謎の女リエコは、今までにアキラを連れて行動するイチローの様子を、陰から観察して来た。

そして、イチローは信頼できる人物だと判断したのだ。だから、自分の手でイチローへアキラを無事に渡すことが出来て、リエコは満足だった。

だが、リエコが歩いていると、ダブルマシンに乗ったイチローが通った。イチローはリエコを見て、訊ねたいことがあると迫って来た。

『アキラ君は、どうしてハカイダーに狙われるんです?アキラ君は、どんな秘密を握っているんですか。あなたは、アキラ君の何なのですか?この写真がある限り、知らないとは言わせませんよ!』
IMG_1663.jpg
そう言って、アキラのお守りに入っていたリエコとアキラが一緒に写った写真を見せるイチロー。だが、リエコは何も答えようとはしない。イチローはアキラが行方不明になっていることを告げ、リエコに訊ねるのだった。

『風車小屋で待っている様に言ったのに、看護婦もアキラ君もいなくなっているんです』
『えっ!・・・それじゃ、さっきのイチローさんは・・・』

ニセ者のイチローにアキラを連れて行かれたことに気づいたリエコは、イチローに哀願した。
『アキラちゃんは、あなたに化けたハカイダー部隊にさらわれたんです。助けてあげて!』

その頃、アキラと二人になったイチローは騒ぐアキラに向かって怒るような怖い顏になり、シルバーハカイダーの正体を現す。嫌がるアキラを脇に抱えると、バイクで連れ去って行くのだった。

シルバーハカイダーがハカイダー部隊と合流した時、どこからか聞こえてくるトランペットの音色。ハカイダー部隊は、四方を崖で囲まれたその場所を見回して、トランペットの音色の出どころを探すのだった。
IMG_1665.jpg
『どこだ、どこだ・・・おお、見ろ!』

『悪のある所必ず現れ、悪の行われる所必ず行く。正義の戦士キカイダーゼロワン!ハカイダー!貴様が基地をどこへ移そうと、この俺がいくつでもつぶしてやる!無駄なあがきは止めたらどうだ!』

『ほざくな!』

イチローはゼロワンに変身するため、頭部の太陽電池を起動させた。
『チェンジキカイダー、ゼロ、ワン!』

シルバーハカイダーからアキラを取り返したゼロワンは、アキラに安全な場所に隠れるように言って逃がすと、襲ってくるアンドロボットたちを叩きつぶしにかかった。

だが、太陽は西に傾き始め、ハカイダー4人衆と戦うにはとても不利な状況下だ。太陽光線が弱くなって、太陽電池の活動が鈍くなっていくのだった。

【ナレーション】
ゼロワンの動力エネルギーは、すべて前頭部にある太陽電池から得られるシステムになっている。太陽が沈むと、ゼロワンの能力は10分の1になってしまうのだ。
IMG_1669.jpg
『(夕陽が沈んでいくのを見て)しまった!太陽があるうちに、せめてハカイダー基地だけでも爆破しておかなければ!』

ゼロワンドライバーで、キリモミしながら敵を蹴散らしていく。その勢いでハカイダー基地へ潜入すると、基地内にいたハカイダーとの戦いに競り勝ち、基地内のマシンを次々と破壊していくゼロワン。

基地内はマシンが誘爆を起こし、もはやハカイダーもなす術がない。ハカイダー基地から脱出したゼロワンを、夕陽が赤く染めている。ドーンという大音響と共に爆発が起こり、建設中のハカイダー基地は炎に包まれた。

だが、太陽は完全に沈み、薄暗い闇の中で能力が10分の1に落ちたゼロワンは、ハカイダー3人衆に捕らえられてしまう。3人衆のバイク攻撃に引きずられ弄ばれているゼロワンを、岩陰から悔しい思いで見ているアキラ。

このピンチを逃れるために、エアクラフトで上昇することを決意するゼロワン。だが、上空には満を持してハカイダーが待っていた。
IMG_1671.jpg
『逃げられると思うか、ゼロワン!ハカイダー四段攻撃にかかっては、お前はどこへも逃げられんのだ!』

『(ブルー)初段、ツバメ返し!』
『(レッド)二段、オウム返し!』
『(シルバー)三段、クジャク返し!』

次々と繰り出すハカイダー達のキックとパンチで、ゼロワンの身体は目まぐるしく空中を上下した。そして、3人衆が蜘蛛の巣のように電磁ロープを張って待っている所へ、ハカイダーのとどめの一撃が襲いかかる。

『(ハカイダー)四段、コンドル縛り!』

ハカイダーのコンドル縛りで叩き落とされたゼロワンは、3人衆の張る電磁ロープの上で、トランポリンのように何度もバウンドし、激しく火花を散らして地上へ落下していった。

岩石がゴロゴロ転がる岩場へ落下したゼロワンは、あの激しい攻撃でも致命傷は負わずに済んだ。だが・・・

『しまった!脚が、脚が動かない・・・』
両脚を破壊され、アキラを連れて逃げることが出来なくなってしまっていた。

辺りはすっかり暗くなり、ハカイダー4人衆とアンドロボットは、暗闇の中を必死でゼロワンの死体を探し回っていた。自分の近くへ落下したゼロワンを見たアキラは、泣きながらゼロワンの元へ走り寄って行くのだった。

『アキラ君、男なら泣くな。俺はハカイダーなんかに、負けはしない!』
だが、ここにいては二人とも見つかってしまう。ゼロワンはアキラと一緒に、隠れる場所を探して両腕を使い移動した。
IMG_1674.jpg
ハカイダー達は、刻一刻と迫ってくる。
『(ハカイダー)エーイ、しらみつぶしに捜せ!あの身体では、ろくに動けぬはずだ。見つけたら、殺せ!八つ裂きにするのだ!』(終わり)


★★★★★★★★★★★★
今回はハカイダー四人衆が見せ場の「ハカイダー四段攻撃」を見せた。ハカイダーは四人もいるのだ。不公平ではないか!当然ながら、ゼロワンには助っ人が参上する・・・その名は!

nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ