So-net無料ブログ作成

不可解な痕跡・3 [古代の宇宙人]

フランス北西部海岸沿いのブルターニュ地方。荘厳な自然に守られながらも複雑な歴史を持つ地は、他に類をみない。ここには、カルナック列石がある。
IMG_1826.jpg
これは、三千を超える巨石が列をなして、また何等かの図形をかたどって並べられたもので、総延長は三キロ以上に及んでいる。

地質学者のロバート・ショック氏が語る。
IMG_1828.jpg
『ここでは、何千もの巨大な石が直線上に、もしくは円や正方形、長方形をかたどって並べられています。なぜ膨大な時間と労力を注いて、このようなモノを作ったのでしょうか。一言で言ってしまえば、その答えは解かりません』

この地方の伝説によれば、これらの石はローマの兵士たちが、魔法使いのマーリンによって石に変えられたものだという。だが、魔法が使われなかったとすれば、何者が作ったのだろう。

作家のデビッド・チルドレス氏はこう語る。

『原始人に毛の生えた程度の進化をした人類が、100トンや200トン、大きなものでは350トンもの巨石を切り出して、何らかの方法でこの場所へ運びこのように立てたのだと、現代考古学では考えられています。

カルナック列石に使われた石は、一見デタラメな形をしている様にしかみえません。しかしよく見てみると、石のあちこちが削り取られて加工されていたことが判ります。実際にここの巨石は、地磁気を受けて磁石と化していて、ほぼすべての石の先端が尖っています』

石でできた磁石。このような石を切り出し配置することで、地球磁場のようなものを作り出そうとしていたのだろうか。でもその理由は、何だったのだろうか。

前出のデビッド・チルドレス氏が続ける。

『カルナックは、たいへんエネルギーに満ちた土地です。石の間を歩くと、身体にエネルギーが入ってくるのが感じられます。
IMG_1830.jpg
観光客もエネルギーが流れてくるのが感じられると言って、石に触れたがります。これを作った人々は、地球のエネルギーの場に関する高度な知識を持っていたのでしょう』

ワールドグリッド説と呼ばれる仮説によれば、地球には突出して強い磁気を発する場所が、点在しているのだという。地球にある巨石遺跡には、不思議な共通点がある。どれも、古代のエネルギーの流れを利用できる場所に建てられている。

古代の石の建造物は、このようなエネルギーを漏斗のように集め利用するために、造られていたのであろう。ギザの大ピラミッドやマチュピチュの遺跡、レバノンのバールベック遺跡は、ワールドグリッドで示されるエネルギーの強い場所に建てられている。
IMG_1831.jpg
カルナックも、このような場所の一つだったのだろうか。この場所の地磁気と特殊な形状の石の両方の力を合わせることによって、古代の人々は重力を操ることができたのだろうか。

それが事実なら、どうやってこのことを知ったのだろう。また、何の目的があったのだろうか。
前出のデビッド・チルドレス氏が続ける。
IMG_1827.jpg
『ヘリコプターに乗って上空からカルナック列石を眺められるようになるまでは、この列石が空から見るために作られていたことに、まったく誰も気づかなかったのです』

古代宇宙飛行士説の第一人者、ジョルジョ・ツォカロス氏が語る。

『地上にあるもので大気圏外から見えるものが、三つあります。ナスカの地上絵、万里の長城、そしてカルナック列石です。空から見るために作られていたとしても、当時空を飛ぶことが出来たのは、異星人くらいのものです』

空からカルナック列石を観察していた研究者は、列石の一端にストーンヘンジとよく似た環状列石を発見した。もう一方の端には、地上にいた調査員によって、何百年も前の長方形の石の建造物が掘り起こされた。

どちらも、冬至と夏至を予測するために建てられたものであるように見受けられた。また、これらの建造物や数々の列石群を空からさらによく見てみると、それが幾何学図形に沿って作られていることが判明した。
IMG_1832.jpg
面積数平方キロに及ぶピタゴラスの三角形が、浮かび上がったのである。この列石を作った人々は、なぜ高度な数学の定理を知り得たのだろうか。三平方の定理をピタゴラスが発見するのは、およそ2000年ものちのことだ。

前出のジョルジョ・ツォカロス氏が語る。

『列石がピタゴラスの三角形の形に並んでいると断言したのは私ではなく、優秀な数学者によって計算がなされた結果、導き出されたものです。列石ができたのは石器時代なのに、a2 + b2 = c2という公式を人々は知っていたことになります。

なぜ知っていたのでしょうか。誰に教わったのでしょうか。当時、地球外生命体は人々に、石を置く場所を指示しただけだったのでしょう。でも、この地に仕掛けた数学のパズルが、見つけられるようにしておいたのです』

古代宇宙飛行士説の提唱者で作家のエイリッヒ・フォン・デニケン氏が語る。

『異星人たちは、どうやってしるしを残そうかと考えたのでしょう。そしてフランスのブルターニュ地方に何キロにもわたる巨大な三角形に沿って石を並べ、人間が気付くことを願ったのです。

情報はすぐ目の前にあるのに、人間はそれに目を向けようとはしません。もう態度を改めても良い頃です!』

石でかたどられた巨大な三角形や地磁気現象、何千年もの昔に人類が地球外生命体と接触した可能性はあるのだろうか。もしカルナックに異星人が降り立ったのならば、他の場所へも立ち寄ってはいないだろうか。

彼等はどこから来たのだろうか。近年、アルメニアで発見された遺跡の発掘現場で、答えを探してみよう。(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
カルナック列石のような用途がまったく想像できないものは、人間には想像もつかないような使用目的があったに違いないと思う。

nice!(9) 
共通テーマ:テレビ

不可解な痕跡・4 [古代の宇宙人]

アルメニア南部のシュニク地方。首都のエレバンからおよそ230キロ南東に向かえば、シシアンの町にたどり着く。この町のそばに、古代の石が数多く並ぶ高原がある。石は50トンを超えるものもあって、距離は500メートルに及ぶ。
IMG_1833.jpg
これが、別名アルメニアのストーンヘンジと呼ばれるカラフンジである。カラフンジは7500年前のものと推測されていて、イギリスのストーンヘンジよりも4500年も古いということになる。
IMG_1834.jpg
ここには、203個の加工された玄武岩が並ぶ。中央に置かれたヘンジと呼ばれる環状列石について、地理学者のニコラス・ハワーズ氏に訊いた。

『ストーンヘンジと聞けば、ほとんどの人がイギリスのものを思い浮かべると思うのですが、実はこういったヘンジやストーンサークルは、ヨーロッパ中にいくつも散在しているのです。しかし、どんな用途に使われたのかは、謎のままです』

ジョルジョ・ツォカロス氏が語る。

『カラフンジに住んでいたのがどんな民族で、誰がヘンジを作ったのか、考古学会では統一された見解はありません。唯一解かっているのは、ここにある環状列石が何らかの形の天体模型の一部であろうということだけです』

単に石を円状に並べただけの構造物から、古代人はどうやって天体の情報を得ていたのだろうか。カラフンジは、世界最古の天体観測所なのだろうか。2010年9月。イギリスのオックスフォード大学は、調査隊をここに送りこんだ。
IMG_1835.jpg
カラフンジの巨石遺跡が他の場所のものと違っている点は、石に小さな穴が様々な角度で開けられているということである。穴の開いた石は85個もあるが、どれもまるで天体望遠鏡のように見える。

前出の地理学者ニコラス・ハワーズ氏が語る。

『この穴は、どれも違う方向に向けて開けられていて、地平線の方角や空を指し示すように作られています。厳密に何を指していたのかは、解っていません。

ただし、これが人々の生活を天と結びつけるものであっただろうことは、考古学的な物証による裏付けが取れています。

つまりこの遺跡から解かることは、人類は初めて自分達が住む星が太陽系のどこに位置するのかを、体系的に理解しようとしたということです』

作家のデビッド・ウィルコック氏が語る。

『カラフンジの主要な石の配置が、はくちょう座の星の配置にピッタリと当てはまるということが、これまでの研究で解明しています。何千年も昔から世界中の様々な文明において、はくちょう座は天空の世界への入口だと考えられてきました。

人々はこの星座に力が宿ることや、自分達がこの星の出身で、死んだらこの星へ帰ることを信じていました』

古代のギリシャ人や中国人、その他の民族の人々も、はくちょう座には特別な力や意味があると信じていた。だが、なぜ世界中の文明が、同じ星座に関するよく似た神話を持っているのだろうか。

ジョルジョ・ツォカロス氏は、こう考える。

『もし私がよその星に行ったとして、その星のいろいろな場所で同じ話をして回ったとしたら、理由は一つしかないと思います。私達はあの星からやってきたということを、将来の子孫たちに伝えたいのです』

カラフンジの石の穴からはくちょう座を見ることは最早できないが、星座の位置が突然大幅に移動した理由には諸説あると、作家のデビッド・ウィルコック氏は語る。

『この遺跡が建てられた当時、地球の地軸は今とは違う位置にありました。当時は見えていた星座が今は見えなくなってしまったのは、地球の地軸が現在とはまったく違う傾き方をしていたからなのです』

一般的な学説において、地球の地軸は一定ではなく、約二万六千年の周期で円を描いて回転していると言われている。しかし、地軸は突然ズレることがあると唱える研究者もいる。

この者達によれば、急激な地軸の移動は気候の大変動をもたらすために、聖書にあるような大規模な洪水が起き、多くの生命が死に絶えるという。そうなるとカラフンジは、地軸のズレを事前に予知するための装置だったのではないだろうか。

前出のウィルコック氏が続ける。

『アルメニアのストーンヘンジは、地球外生命体が最初に訪れた場所だったかもしれません。地軸の急激なズレが以前にも起こっていて、何度も大規模災害に襲われていたとすれば、災害の発生には一定の周期があるのかもしれません。

災害を再び経験したくないと考えていた古代人にとって、星の観察は重要なことだったのでしょう』

地球外生命体は、カラフンジが作られる前から、この場所を訪れていたのだろうか。ストーンサークルよりもさらに古い時代に、この地域の岩に刻まれた絵の中に、手がかりが見つかるかもしれない。

前出の地理学者ニコラス・ハワーズ氏の主張は、こうである。
IMG_1840.jpg
『岩壁画の方が、時代的には古いんです。紀元前一万年に描かれた岩壁画とカラフンジは、まったく別時代のものだとするのが、私の主張です。石が建てられたのは、紀元前三千年から二千年といったところでしょう。

この場所には、多数の人の姿が描かれています。中には抽象化されて、何を表現したのか解からないモノもあります』

作家のジェイソン・マーテル氏が語る。
IMG_1842.jpg
IMG_1841.jpg
『カラフンジには、人のような姿が彫られたレリーフもあります。これらの彫刻は、地球外生命体を写し取ったものかもしれないと言われてきました。球根のような形の頭に、釣り上がった目、現代においてグレイと呼ばれる異星人にそっくりです』
IMG_1843.jpg
石の彫刻は、天からの来訪者を写し取ったものなのだろうか。古代の宇宙飛行士たちが、カラフンジを離発着地点として、もしくは異次元への扉として利用していたとすれば、何か秘術を残してはいないだろか。現代において、この秘術が石の記念碑を建てるために使われていた可能性がある。(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
かつて地球には巨人がいたという神話もある。3メートルから5メートルの巨人なら、イギリスやアルメニアのストーンヘンジを作ることは、そんなに難しいことではないと思われる。ヨーロッパには散在しているというストーンヘンジ。かつて、サイズの大きな人間が存在したのではないだろうか。


nice!(9) 
共通テーマ:テレビ

不可解な痕跡・終 [古代の宇宙人]

マイアミからおよそ50キロ南に位置するフロリダ州ホームステッド。かつては農業で栄えたこの町に、北米大陸屈指の不思議な建造物がある。彫刻が施されたサンゴ石が並ぶ石の庭、中には重さ30トンを超す石もある。ここはコーラル城と呼ばれている。
IMG_1844.jpg
規模は数万平方メートルに及び、複雑な形状と難解なデザインの石壁や彫刻が、見る者を圧倒する。しかし、他の巨石遺跡とは違い、古代に建てられたものではない。
IMG_1845.jpg
ラトビア系移民のエドワード・リーズカルニンは、1923年この石の庭づくりに着手した。驚くべきことに、近代的機械は一切使用していないとリーズカルニンは言い張った。しかも、誰の手も借りていないとも言う。

リーズカルニンに詳しい、作家のラスティ・マクルーア氏が語る。
IMG_1847.jpg
      (リーズカルニン氏の写真)

『リーズカルニンは隠遁した世捨て人のような人で、一匹オオカミの外国人で科学者でもありました。ある女性に恋をしたリーズカルニンは、愛を形に残そうとこの庭を作りました。

彼女がヨーロッパから来るのを待ち続けましたが、願いはかないませんでした。問題は、なぜこんな細身で小柄な男が、何トンもある石をたった一人で動かすことが出来たのかということです』

身長152センチ、体重45キロのリーズカルニンが、何トンもある石を削り持ち上げ、移動したと言われる。しかも使用した工具は、三又だけだった。

前出のラスティ・マクルーア氏が続ける。
IMG_1848.jpg
『三本の大王松*の樹を組み合わせて作った三又にチェーンブロックを吊り下げたもので、何十トンもある石を持ち上げたと言われますが、そんなことはまず不可能です。作業をするのは夜で、誰にもその様子を見せませんでした』
*大王松(だいおうしょう);北米原産の高さが30メートルにもなるマツ科の針葉樹

リーズカルニンの言葉は、何を意味していたのだろうか。カルナックやサクサイワマンの遺跡建築に使われた技術を、再発見したのだろうか。

再び、ラスティ・マクルーア氏が語る。

『エジプトのピラミッド建設に使われた秘術を知っていると、リーズカルニンはよく話していたようです。秘術とは何なのでしょうか。また、なぜエジプトのことを繰り返し話していたのでしょうか』

リーズカルニンは1951年に亡くなるまで、コーラル城を作り続けた。残された手記には、巨石を重量の無い物体に変えることが出来る古代の秘術を発見したと、書かれていた。

前出のラスティ・マクルーア氏が続ける。

『地磁気の流れに関して書かれた著書の中で、「重力とは磁力である」とリーズカルニンは述べています。もしそうなら、電磁波や高周波の力を使って磁力の向きを反転させれば、重量のある岩でも一転して軽くすることが可能となります。この方法なら、巨石を持ち上げることが出来るでしょう』

リーズカルニンが重さを軽くする装置を開発したのだとすれば、どんな秘密を知っていたのだろうか。数々の写真に写る黒い箱に、秘密が隠されているとも言われている。だが、この箱の行方は解かっていない。

前出のラスティ・マクルーア氏の話。
IMG_1849.jpg
     (三又の上に置かれた謎の黒い箱)

『三又の上に置かれた黒い箱の実物を見た人は誰もいませんし、ただ箱が写っている写真が残っているだけです。しかし、非常に重くてもろい巨大なサンゴ石を、誰にもマネが出来ない方法で持ち上げることが出来たのは、黒い箱の作用があったからだと私は考えています』

重い物体の移動には、空中浮揚が有効である。超高速で走るリニアモーターカーは磁気で浮いているが、高速走行の際に車輪が線路に触れることはない。これは、磁気浮上によって車体が浮いているからである。

火星科学を研究するジョン・ブランデンバーグ氏が語る。

『現時点では、電磁力を使って重力を打ち消すことが出来るかどうかは、推測の域を出ません。重力は、アインシュタインにとっても重要なテーマでした。人類がこの研究に取り組む動機は、もちろん宇宙の彼方まで宇宙船を送りこむためです』

リーズカルニンが石を浮上させる反重力技術を使用していたとすれば、どうやってその知識を得たのだろうか。

作家のフィリップ・コパンス氏が語る。

『リーズカルニンが亡くなり、秘密も葬られましたが、その技術を自ら編み出したのか、伝承から得たのか、それとも異星人に授けられたのかは解かりません。

ただ一つだけ言えることは、高度な物理学の知識を持ち重力を理解する何者かが、現代の科学技術では成し得ない方法で石を持ち上げる力を、一人の人間に与えたということです。きっと、銀河系の別の惑星から来た者達だったにちがいありません!』

もし宇宙人が古代に地球を訪れていたのだとすれば、世界に残る謎の建造物は我々の過去の秘密を解き明かすカギとなるだけではなく、未来を知る手がかりにもなることだろう。

『何千年も昔に異星人が太陽系を離れる際、足跡を残さなかったとは思えません。未来の人類が宇宙からの来訪者はいたのかと考えることを、彼等は望んでいたはずです』
こう話すのは、古代宇宙飛行士説の提唱者エイリッヒ・フォン・デニケン氏である。

この地球(ほし)には、更なる手がかりが隠されているのだろうか。それらの手がかりは、巨石に刻まれ我々の目にさらされる日が来るのを、待ち続けているのかもしれない。
(終わり)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
一人の小柄なアメリカ人が、たった一人で巨石を軽々と動かし造った、現代の巨石遺跡・コーラル城。この作り方の秘密を解き明かしたとき、人類の文明はとんでもない進化を遂げるに違いない。

nice!(9) 
共通テーマ:テレビ

訃報

黒沢明監督の作品や東宝特撮映画で、存在感ある脇役としてご活躍された俳優の土屋嘉男(つちや・よしお)さんが、今年2月8日に死去していたことが分かりました。享年89でした。

土屋さんの役で真っ先に思い出すのは、ウルトラセブン神戸ロケ「U警備隊西へ」の土屋博士ならぬ土田博士の役です。ペダン星人が送りこんだ怪ロボット・キングジョーから神戸港を守るため、爆弾の研究に全力を注ぐ博士の役でした。

ご冥福をお祈りいたします(合掌)
nice!(7) 
共通テーマ:テレビ

キカイダー01(7) [ゼロワン・ドラマ]

《第7話 落雷!機能低下のゼロワン直撃・前編》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
企画;平山 亨・吉川 進
脚本;長坂秀佳
音楽;渡辺宙明
技斗;三島一夫
監督;永野靖忠


【前回までの話は・・・ シルバーハカイダーの変身態・幽霊ロボット銀エビ、ブルーハカイダーの変身態・青ワニ、そしてレッドハカイダーは朱ムカデ(あかむかで)となって、ハカイダー帝国を作るための企みを実行に移そうとするも、ゼロワンとキカイダーによってことごとく撃破されてしまった。部下たちの不甲斐なさに業を煮やしたハカイダーは、ゼロワンとキカイダーを倒すべく、自ら乗り出していく】


◆アキラをサイドカーに乗せて国道を走っていたイチローは、あるラーメン店の前で異様な殺気を感じた。「ハカイダーかもしれない」そう思ったイチローだが、すでに夕暮れが近づいていた。

太陽電池が働かない今ハカイダー部隊と出会ったら、十分の一の力しか出ないゼロワンではアキラを守り切れないのだ。だが、腹ペコのアキラはラーメンの言葉に釣られ、サイドカーを降りると、店内に駆け込んでしまうのだった。

客が誰もいない店内で、ラーメンを注文したアキラがじっと待っていると、白い前掛けをしたアンドロボットがアキラの後ろから忍び寄ってきた。間一髪、イチローがチョップでアンドロボットを倒したが、龍のような姿の怪ロボットがふたりの前に出現する。
IMG_1851.jpg
アキラを急いで店の外へ逃がしたイチローは、店内で怪ロボットと対峙した。
『何者だ!』
『地獄の王者、ブラックドラゴン!』
IMG_1853.jpg
一方、アキラは店の外へ出たものの、アンドロボットたちに追いかけられていた。崖下へ下りて道路へ出たアキラは、そこでリエコが運転する車と遭遇する。リエコはアキラに声をかけると、アキラを乗せてその場から逃げていくのだった。

リエコはいつも、付かず離れずアキラを見守っているのだ。イチローは暗闇の中で、ブラックドラゴンとアンドロボットたちに囲まれていた。

怪ロボットブラックドラゴンは、火炎を使って攻めてくる。ここでゼロワンにチェンジしても、十分の一の力では逃げ切れるかどうか・・・。すると、闇夜のどこからかギターの音色が聞こえてきた。ジローだ!

『ハカイダー部隊・ブラックドラゴン!兄さんから手を離せ!』
『あのギターは・・・キカイダーか!』
IMG_1854.jpg
ジローはキカイダーにチェンジすると、イチローにアキラを捜すように言って、ブラックドラゴンに向かって行った。だが、イチローが居なくなると、ブラックドラゴンはキカイダーとの勝負をせずに稲妻と共に消えてしまった。

朝になり、リエコは広大な森林公園内の東屋(あずまや;公園内の休憩所)にアキラを隠すと、姿を消してしまう。
『いいわね、ここでジッと待っているのよ。お兄ちゃんがきっと助けに来てくれる、ね!』
『うん!』

だが、その様子を陰から見ているモノがいた。一体のアンドロボットであった。連絡を取り合うアンドロボットは、人数を三人に増やすとアキラに襲いかかった。しかし、アキラもアンドロボットに見られていることに気がつき、密かに東屋から逃げ出していた。

『居ない!あ、あそこだ!』

アキラのうしろ姿を見つけると、後を追いかけていくアンドロボットたち。橋を渡り、橋の下を流れる小川の中に身体を沈めて身を隠すアキラ。だが、アンドロボットたちが橋を渡っている最中にアキラはクシャミをしてしまい、付近にいることを気付かれてしまう。

一体のアンドロボットが橋の下を覗こうとした時、シルバーハカイダーが現れた。
『たかがガキ一人、まだ見つけられんのか!』
IMG_1857.jpg
捜索が遅いことを理由に、三人のアンドロボットはシルバーハカイダーの電磁棒で始末されてしまった。そこへレッドハカイダーとブルーハカイダーが現れ、真下にアキラが隠れているとも知らずに橋の上で協議をする。
IMG_1859.jpg
『(ブルー)役立たずのアンドロボットどもめ!』
『(レッド)見つかりませんでしたなどと言おうものなら、ボスの怒りを買うのは俺たちだからな!』

グズグズしてはいられないハカイダー三人衆は、アキラを捜すためにそれぞれ散っていった。絶体絶命の危機を、アキラは乗り越えた。
IMG_1856.jpg
一方、ゼロワンにチェンジしたイチローは、ダブルマシンを飛行させながら空からの捜索を行っていた。だが、飛行能力のあるブラックドラゴンがアキラ捜索中のゼロワンに遭遇し、口から火炎を吐いて攻撃を仕掛けてきた。

行方不明のアキラを捜すことを最優先するゼロワンは、ブラックドラゴンとの勝負を避けて逃げることにした。しかし、背を向けて逃げていくゼロワンをブラックドラゴンは逃がさず、これでもか、これでもかと火炎放射で攻撃をしかけてくるのだった。(つづく)


★★★★★★★★★★★★
本編には書かなかったが、ストーリーとは直接関係ない所で、金髪・ミニスカートの変な婆さんが出てくる。果たしてこの婆さん、後編でどんな役割を果たすのか?・・・

nice!(9) 
共通テーマ:テレビ