So-net無料ブログ作成
古代の宇宙人 ブログトップ
前の2件 | 次の2件

異星人の再来・3 [古代の宇宙人]

1993年に出版された「エデンの神々」という本の中でウィリアム・ブラムリー氏は、人類の歴史上の大惨事は地球外生命体が重要な役割を果たし、戦争によって人類の人口増加をコントロールしているという理論を説いた。

ブラムリー氏の主張に疑問をいだく人は多いが、賛同出来る点もある。それは、戦時中はUFO目撃件数が急増するということである。

戦時中は様々な文明が対立し、衝突しあうあまり、文明自体が消滅するのではないかと思えることがある。そんな時、突然にUFOが現れるのである。

懐疑論者や歴史家は、このような目撃を戦時下のストレスによる見間違いだと指摘する。だが、UFOの存在を信じる人達は、無視できない確固たる証拠があると主張する。

1939年に第二次世界大戦が勃発すると、ドイツの上空で未確認飛行物体を目撃したという報告が、数多く寄せられるようになった。UFOという言葉はまだなじみが無く、連合軍はこうした飛行物体をボギーと呼び、ナチスの新型戦闘機だと信じていた。

だが、ドイツ空軍が初めて実用ジェット戦闘機を導入したのは、1943年になってからであった。ドイツ軍が高度なロケット技術を持っていたことは確かであり、ナチスがUFO技術を駆使して航空機を製造しているというウワサは、ずいぶん前から連合軍の間ではあったという。
IMG_1236.jpg
連合軍のパイロットが目撃したモノは、一体何だったのだろうか。1940年代。アメリカ軍の爆撃機の大群がドイツの町を焼き払った時、パイロットたちは自分達に向かってくる正体不明の火の球を見たという。

最初はこれをドイツ軍の秘密兵器だと思い、これをフ―・ファイター(炎の戦闘機)と呼んだ。ドイツと西ヨーロッパの広い範囲でそれは目撃され、形のある航空機だったり、単なる火の玉だったりと様々であった。

目撃情報は数百に登り、軍は調査を開始した。ほとんど攻撃性は無かったが、それは至る所で見られた。奇妙なことにフ―ファイターが出現すると、連合軍の航空機に故障が発生するという事故が相次いだ。

また、その物体に突撃しようとすると、すり抜けてしまうというミステリアスな報告も数件あった。フ―ファイターの実体や出所については、遂に解明されることは無かった。

現在もなお研究中である水銀を使った反重力装置を、当時のナチスはすでに開発していたと語るのは、作家のデビッド・チルドレス氏である。
IMG_1237.jpg
『電球のような閉鎖されたシステムの中に、水銀を設置するのです。この閉鎖システムの中でジャイロスコープを使って水銀を回転させると、全体を浮上させることが出来るのです。そして同時に、とても明るくなるのです。

第二次世界大戦終盤になると、ドイツは大量の水銀を生産しはじめました。その後多くのUボートが沈没しましたが、シンガポールやノルウェーで最近見つかった沈没したUボートの積み荷は、すべてが水銀だったといいます。

真相は分かっていませんが、フーファイターの正体は、水銀のプラズマ球体だと指摘する歴史家もいます』

フーファイターが地球外生命体の技術で作られたモノなら、ドイツ人はどのようにその技術を手に入れたのだろうか。

1936年、ドイツのシュバルツバルトで未確認飛行物体の墜落があった。ドイツの科学者がこれを修理し、エネルギーや推進システムをテストしたというウワサが、ずっとささやかれてきた。

NASAのエンジニア、ロバート・フリスビー氏が語る。

『第二次世界大戦末期、アメリカ政府はペーパークリップ作戦と呼ばれる計画を実施します。そこで連合軍は、ドイツ軍の恐るべき技術力を見せつけられました。ジェットエンジン、航空機、ロケットエンジンなどの驚くべき優れた技術です。
IMG_1238.jpg
ペーパークリップ作戦の戦利品には、ドイツからアメリカまで届く程の飛距離を持つ、多段ロケットがありました。さらには、ベーシックな円形をした宇宙ステーションの計画もありました。
IMG_1239.jpg
ここに巨大な日光収集装置を作り、太陽光を集めて地球を照らして殺人光線として利用するというもので、これらは皆フォン・ブラウンのチームが設計中だったものです。

このチームからは奇想天外なアイデアが次々と生まれ、アメリカにとっては非常に重要な切り札となりました。人類を月へと導いたサターン5号も、最終的にはフォン・ブラウンが構築したのです』

ロサンゼルス空襲(1942年明け方の円盤射撃事件のこと)と同様、フーファイターの一件も、歴史家たちからは相手にされないことが多い。

しかし、終戦の2年後に起きた事件は、UFO懐疑論者をも唸らせるものであった。本当に異星人が存在し、彼等の宇宙船が地球に墜落したら・・・
IMG_1240.jpg
アメリカ政府は、地球上に空飛ぶ円盤が現れたという報告を、これまで明確に否定して来た。だが、1947年7月8日のUFO目撃事件は、政府が否定できない理由があった。アメリカ陸軍が事件の当事者だったからである。

ある夜、激しい雷雨があった。翌朝、農場の主人は被害状況を確認しようとして、何かの残骸のようなモノが大量に散らばっているのを見つけ、地元の保安官事務所へ届けた。
IMG_1242.jpg
当時、ロズウェルには陸軍航空基地があり、保安官から連絡を受けた軍は、J・マーセル少佐を現場へ派遣した。そして、見つかった残骸は、一つ残らず軍によって回収された。

当初、陸軍当局は物体の残骸を回収した事実を、翌週になるまで公表しなかった。陸軍は事件をすぐに公にしようとせず、事件の時系列も不透明にしてしまった。
IMG_1243.jpg
一番大きく取り上げられたのは1947年7月8日の新聞で、空飛ぶ円盤の回収を発表したウォルター・ハウト中尉が、大佐の指示で残骸をフォートワース司令部へ届けたという報道であった。

これは、アメリカの軍隊が初めて墜落した円盤の回収を認めたという記事であった。軍が認めたということで、世間が一気に沸いたのである。しかしその翌日、気象観測用気球だったと、前言を撤回する。それが、史上最大のUFO事件隠ぺい工作の始まりであった。

陸軍は最初、回収した残骸を空飛ぶ円盤だったと認めたのに、24時間も経たないうちに前言を撤回したのはなぜだろうか。大佐もレイミー准将も気球を支持したが、ハウト中尉だけは、回収したのは空飛ぶ円盤だったことを生涯貫いた。
IMG_1244.jpg
マーセル少佐が残骸をフォートワース司令部へ届けた時、レイミー准将が墜落機は気象観測用気球だったと説明するための記者会見を開いたときの写真がある。最近、その時のレイミー准将が持っているメモを拡大して、内容を読み取った研究家がいるという。
IMG_1245.jpg
メモには、「フォートワース」「墜落した機体から犠牲者」などといった内容が読み取れている。近年の技術進歩によって、このメモがいずれ解読され、事件の真相に迫れるかもしれない。
IMG_1246.jpg
UFO研究家のボブ・ウッド氏が、1996年にある内部文書を手に入れた。この文書にはアメリカ軍関係組織の名前があり、1947年7月22日付けで陸軍省のスタンプが押されている。

これによると、「コロナとロズウェルの間にあるマックブレーデルの農場付近、つまり墜落現場からそう遠くない場所にも死体があり、まるで解剖されたカエルのようで、とても衝撃的だった」という報告が書かれている。

この内容だけでは、死体が人間なのか、人間ではないのかは解らない。ただ、この報告内容から考えて、普通ではない何かがあったことは想像がつく。

このような内部文書が見つかったことは、アメリカ政府が1990年代の終わりには地球外生命体の存在をすべて承知していて、半世紀近く国民に隠してきたという疑惑を抱かせるのに、十分な証拠ではあるまいか。(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
有名なロズウェル事件では、異星人の死体数体と、まだ息のある異星人も回収されたという。これ以降、アメリカ政府と異星人との間で、何かの取引が始まったとされている。
参考;元帥、・・・、准将、大佐、中佐、少佐、大尉、中尉、・・・、二等兵

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

異星人の再来・4 [古代の宇宙人]

ロズウェル事件から5年後、アメリカ空軍は未確認飛行物体、つまりUFOという呼び方を定着させた。その後の数十年で何千と言うUFOが目撃され、世界各地で写真やビデオに撮影される様になった。

UFOの目撃についての我々の考え方を大きく変えることになったのは、家庭用ビデオカメラの技術であろう。

1997年3月、アメリカのアリゾナ州フェニックスの上空を巨大な飛行物体が移動して、メキシコとの国境付近へと南下した事件があった。

全国放送やCNNでもそのビデオ映像が大きく取り上げられ、大変な騒ぎとなった。たとえビデオ映像であっても、自分の目でみることで、考え方が大きく変わってしまうのである。

最近の世論調査(2012年時点)では、50パーセントを越えるアメリカ人が空飛ぶ円盤の存在を信じているという結果が出ている。又、50パーセントに近い人々は、政府が空飛ぶ円盤の存在を知りながら事実を隠していると考えている。

ロズウェル事件以降、UFOの目撃が急増しているのは、果たして偶然だろうか。それとも、宇宙人を信じる人が増えて、これまで名乗り出る勇気が無かった人々が、名乗り出るようになったからだろうか。

他にも可能性がある。宇宙時代の幕開けと共に、宇宙人の来訪自体が急増しているのかもしれない。

多くの人が主張するように、異星人はすでに我々の中に潜み、何千年もの間姿を隠しているのだとしたら、この先名乗り出ることは無いのだろうか。彼等が明るみに出たら、どうなるのだろうか。

1991年、イギリス国防省は、ジャーナリストのニック・ポープに、イギリス、スコットランド、ウェールズにおける年間数百に及ぶ目撃事件の追跡を依頼した。ニック・ポープ氏は語る。

『イギリス国防省は、1950年代からUFOに注目しています。その理由は、必ずしも政府が地球外生命体の来訪を信じているからではありません。

どちらかといえば、イギリスの領空における異常な動きを、監視するためでしょう。自国の領空に何らかの異常があれば、調べる必要がありますからね』

『超常現象など、私はまったく信じていませんでした。でも、古い書類の山を調べれば調べるほど、そして日々報告される目撃情報を調査すればするほど、従来の常識では説明できないUFO目撃事件があることを、知ったのです』
IMG_1299.jpg
ポープ氏の調査対象には、パイロット、警察、軍当局から寄せられる目撃情報も数多くあった。中には、秘密レーダー、ビデオ、写真などの証拠が残っているものもある。ポープ氏がさらに語る。

『私にとって転機となったのは、いわゆるコスフォード事件と呼ばれる出来事です。コスフォードというのは、イギリスにある陸軍基地のことです。問題の夜、つまり1993年3月30日ですが、6時間余りにわたり、たくさんの目撃情報が寄せられたのです。

目撃者の多くは、警察や軍関係者でした。コスフォードとショーベリーの空軍基地の上を、巨大な三角形の航空機が飛行していったと言うのです。

基地の気象観測員によれば、その物体はジャンボジェット機ほどの大きさで、上空に浮かんでいてゆっくりと移動していました。

そして急に加速すると、軍用ジェット機の何倍もの速度で地平線の方へ消えていったというのです。空軍勤務歴8年のベテランが、言っていたことです』

この目撃事件は、徹底的に調査された。民間のUFO調査員だけでなく、イギリス政府も行った。この事件には、説明のつかない点があまりに多かったからであった。

1980年12月にも、不可解なUFO目撃事件が起きた。イギリスのサフォークに駐留していたアメリカ空軍関係者が二晩にわたり、宇宙船がレンドルシャムの森に着陸するのを見たというのである。
IMG_1300.jpg
この事件が極めて特殊なのは、単に上空を舞う灯りではないからであった。この物体は金属製の航空機で、手で触れるほど近かったと証言する目撃者もあった。ある人は、機体にエジプトの象形文字のような記号が描かれていたと報告していた。

警察で、その記号を絵に描いたという。その航空機の写真も撮ったが、現像できなかったそうである。国防省はこの事件を受け、問題の着陸現場で放射線の数値を測定してみたところ、周辺よりも桁外れに高かったと述べている。

イギリス政府は、この事件について膨大な量の書類を作成した。しかしながら、現在もこの事件の真相は明らかになっていない。ところが、有力な目撃証言があったにも関わらず、国防省は事件の調査を打ち切った。

それから20年後、イギリス政府はレンドルシャム事件の書類を公開したが、そこにある証拠は不確定なものばかりであった。唯一、有力目撃者である空軍関係者の証言は、信ぴょう性の高いものだった。

例えば、民間パイロットの多くが、飛行中にUFOを目撃しても、管制官には決して報告しないと断言している。つまり、UFOを目撃する可能性が高いパイロットの目撃情報は、ほとんどカウントされていないのだ。

イギリス政府の場合、国防省はこの問題をあまり重要視しないようにしているのである。UFO事件の真相を隠蔽しようとしているのでは決してなく、単に困惑しているのである。

自国の領空に何かが出現して、それが何だかわからないなんて、政府として決まりが悪いからである。

2009年12月1日。イギリス国防省は、UFO調査部署をひっそりと廃止した。UFOのイギリスに対する潜在的脅威は存在しない、と判断したためであった。しかし、この決断は、あらゆる面で論争を引き起こしていると、ポープ氏は言う。

まず、ここ10年でイギリスにおけるUFO目撃件数が急増しているのに、50年がかりの調査を打ち切りUFOの謎を封じ込めてしまうには、時期が悪すぎるのである。

もう一つの論点は、この決断が発表された状況である。政府は廃止するにあたり、事前に何のコメントも出さなかった。あまりにも唐突に、「今後、この話題については一切の問い合わせに応えず、目撃情報も調査しない」と発表しただけであった。

UFOに関する機密情報の完全公開を願う人々にとって、越えがたいハードルが一つある。それは、ほとんどの科学者達が、異星人に関する超常現象を、単なるでっちあげだとしか思っていないことである。

科学者達は、世間の笑い者になることを恐れていると、神学校のテッド・ピーターズ教授は言う。
IMG_1301.jpg
『世界中の優れた科学者達の間には、言わずと知れた暗黙のルールがあるのです。宗教的なところをみせてはいけない、というのが一つ。そして、空飛ぶ円盤を信じてはいけない、空飛ぶ円盤を信じる人達とも付き合ってはならない、ということです』

より多くの科学者が、地球外生命体の存在をオープンに支持するようになれば、異星人が地球を訪れているという考え方も、世間に受け入れられるようになるであろうか。

この現代に、地球外生命体が実際に地球を訪れ、その正体を明らかにした場合、どんな反響があるのだろうか。SF小説や映画の多くは、宇宙人の目的は人類への警告や破壊を意味すると伝えている。ジョルジョ・ツォカロス氏は語る。

『もしも明日、地球外生命体が現れたら、敵意のある侵略だとか、我々を支配するだとか、戦争になり人類を滅ぼすとか、マイナスなイメージが先行しますが、私は違うと思います。

宇宙を移動できるほどの文明を持つ生命体なら、技術的に自分達よりも劣る文明社会に遭遇した場合、親切に対応するはずです』

アリゾナ州立大学教授のポール・デービス氏は語る。

『確率的にみて、地球外生命体と接触した場合、我々の方が後輩ということになります。知的文明という意味では、人類の方が遅れているでしょう。相手から学ぶことは多くても、こちらから教えてあげることは、ほとんど無いはずです』

知的生命体とのコンタクトを信じる人々は、そのとき(つまり異星人との遭遇)に備えるべきだと、アメリカ政府も考える。このような研究分野を、宇宙政治学という。

コンタクトに関心を持ち、UFO情報の公開を求める人々の、民間レベルでの動きである。前出のニック・ポープ氏が語る。

『宇宙政治学では、宇宙からの来訪に社会レベルでどう対応するかを、テーマにしています。政治レベルでは無く、あくまでも一個人として友好的な対応が出来るかどうかなのです』

しかし、我々が友好的であれば、相手も友好的である保証は、どこにあるのだろうか。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
かつて、映画「ET」を見て暖かい心になったものだが、映画における異星人との遭遇は、そのほとんどが地球侵略物である。頭の良い人間ほど、悪知恵も働く。進んだ知恵や技術力がどちらの方向に向いているかが、その分かれ道になる。進んだ文明を持つ異星人が必ず友好的であると思うのは、少々楽観的過ぎるよう自分には思われるのだが。

nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | 次の2件 古代の宇宙人 ブログトップ