So-net無料ブログ作成
Xライダー ブログトップ
前の4件 | -

仮面ライダーX(1) [Xライダー]

巨大な悪の組織ゴッドに父と共に殺された神敬介は、瀕死の父の手によって仮面ライダーXとして蘇った。その使命は世界の平和と正義を守るため、敢然と謎のゴッド機関を相手に戦うのである。

第一回は、第21話《アポロガイスト最後の総攻撃!・前編》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;高橋一俊
監督;内田一作

【前回までの話は・・・
ゴッド秘密警察第一室長から、日本支部の大幹部に招聘されたアポロガイスト。しかし、怪人達に任せた作戦はことごとく失敗し、自らの進退をかけた「狂い虫作戦」も失敗する。Xライダーとの一騎打ちで決着をつけようとするアポロガイストだが、Xキックを受けて爆死してしまう。
だが、ゴッドに魂を売り渡していた宮本博士と川上博士によって再生手術が行われ、右手にアポロマグナムを装備した強化アポロガイストが復活、再び神敬介の前に勇士を現した・・・】


◆ゴッド機関の日本秘密基地アポロン宮殿で、毎日3時間の射撃訓練に励むアポロガイスト。目的はもちろん、宿敵Xライダー打倒のためのトレーニングである。

いつもの真っ白なスーツではなく、柄入りの黒いメキシカン・ポンチョを羽織り、全体を黒で統一したスタイルで射撃訓練に励んでいた。
IMG_1414.jpg
銃弾はすべて、的確にマトの中心を貫いていた。だが、今発射した一発が、中心から数センチ外したことに気付いたアポロガイスト。

警備隊長に1週間前からの標的データを持ってこさせると、その状態は3日前から始まっていることに、ようやく気付くのであった。

『300発撃って、すべて中心に命中していたのが、3日前には1発、昨日は2発ミスをしている。(右手を見ながら)この指先に狂いが生じているのか・・・』

司令室へ戻り、しびれる右手指先を見ながら不安に駆られる、白いスーツのアポロガイスト。警備隊長が持って来たホットコーヒーを飲もうとして、カップの取っ手をつかみ損ない、中身をこぼしてしまう。
IMG_1415.jpg
そんないつもと違うアポロガイストの姿に、警備隊長は健康を気遣う。だが、気位が高いアポロガイストは、不死身を誇る身体が不調であることを隠そうとして、強く否定してみせるのだった。

『オレはゴッド総司令から、不死身の身体として蘇らせてもらったはずだ。その手術をしたのは宮本博士と川上博士・・・』

その夜、アポロガイストは宮本博士の自宅へ侵入し、徹夜している宮本博士の前に姿を現した。

『ア、アポロガイスト!どうしてここに?』
『聞きたいことがある。君は俺の再生手術を行った。だから君に訊けば、理由が解かると思ってね』

『(心当たりがある博士は)身体の調子が?』
『3日前からだ。時々手の指がしびれて、感覚がなくなるのだ』

『そうか、とうとう始まったのか・・・』
『何?とうとう始まっただと?それはどういう意味だ!』
IMG_1418.jpg
再生手術によるアポロガイストの生命は、1か月間しか続かないのだ。手の指のしびれが始まると次に足の自由が利かなくなり、やがて脳波が停まって死ぬと、宮本博士は言う。

『何?その最後が来るのは、いつだ?』
『3日前に指がしびれたのなら、早くて今日一杯、遅くても明日』

アポロガイストは、もう一度再生手術をやるよう宮本博士に迫った。しかし、専門分野が違う川上博士がいなければ再生手術は出来ないと、宮本博士は説明するのだった。

再生手術の後、川上博士はあるミスを犯してしまい、アポロガイストはそれを許さず、博士を処刑してしまったのだ。

もはや生き延びるための手段は無いのかと思ったアポロガイストに、宮本博士はある提案をする。

『Xライダーの持つ、あのパーフェクターだ。あのパーフェクターを君の心臓部に移植すれば、死なずに済むはずだ・・・』

アポロガイストはその話を聞いた途端、自分の生き延びる道を見つけたと知るや、ゴッドにとって使い道の無くなった宮本博士を、新装備のアポロマグナムで殺害してしまった。

立花藤兵衛は、若い女性アルバイト店員チコとマコを使って、普段はコーヒーショップを営んでいる。だが、オートバイで世界グランプリ優勝の夢をつかむことを、あきらめたわけではない。その夢を、今は神敬介に託していた。

神敬介のタイムトライヤル練習中の立花藤兵衛に、夢遊病者のように近寄ってくる男性がいた。ストップウォッチでタイム計測に夢中で、男の存在に気付かない藤兵衛。

男はいきなり、藤兵衛に襲いかかってきた。走行コースから戻ってきた神敬介が藤兵衛を助けてみると、男は宮本博士ではないか。

だが、様子がおかしい。すると宮本博士の声がアポロガイストの声に代わり、口を開かずにしゃべり始めた。

『神敬介、いやXライダー。アポロガイストは君に最後の挑戦をする。勝負の場所は、ゴッド秘密基地アポロン第二宮殿の格闘場だ』

12時間以内に来ないと、人質のチコとマコの命は無いとアポロガイストの声は脅迫し、宮本博士(らしき操り人形)はしゃべり終わると、爆発してしまう。

急いで立花コーヒーショップへ戻った敬介は、そこで数人の床に倒れている客と、カウンター上にあるゴッド指令人形を見つける。ゴッド指令人形はアポロガイストの声で、アポロン第二宮殿への地図を入れたカプセルを渡すと言って、爆発した。
IMG_1420.jpg
ゴッド指令人形は爆発する直前、「無事にたどり着けるかな」という言葉を残して爆発している。このことを不審に思う神敬介の足元で、敬介の足首を突然グッとつかむ死んだ客たち。
IMG_1423.jpg
それらは、一度Xライダーに倒された怪人マッハアキレス、ユリシーズ、プロメテスだった。怪人達は、神敬介をここで倒してしまおうと襲いかかってきた。
IMG_1427.jpg
『セッタップ!』
レッドアイザーとパーフェクターを高くかかげると、すばやく装着した神敬介はXライダーに変身した。(つづく)


★★★★★★★★★★★★
アポロガイストは、当初1か月程度で次の大幹部に代わる予定であったと言う。だが、人気が予想を超える高さだったため、一度死んだものの復活させることになった。ちなみに、アポロガイストの後任には、ブラックマルスという幹部が決まっていた。ひょっとしてブラックマルスは、人間大のキングダークだったのかもしれない。

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダーX(2) [Xライダー]

今回は、第21話《アポロガイスト最後の総攻撃!・後編》を取りあげます。

【前回までの話は・・・
Xライダーとの一騎打ちに敗れたアポロガイスト。だが、再生復活を遂げる。宿敵Xライダーを倒すため、日々射撃の腕を磨くアポロガイストは、ある日身体の異常に気づく。再生復活した肉体では1か月間しか生きられず、手のしびれが始まれば数日の命と知らされたアポロガイスト。
延命のカギを握るのはXライダーのパーフェクターだと知り、アポロガイストは決着をつけるため、Xライダーをアポロン第二宮殿に呼び出した・・・】


◆荒らされた店内で、3人の再生怪人達に襲われた神敬介は、怪人達を倒すためXライダーに変身した。ユリシーズとプロメテスを倒したXライダーは、生け捕りにしたアキレスを使い、敵の裏をかく作戦に出ようとする。

『このアキレスが、敵の言うことを聞くと思うか!』
『アキレス!せっかくよみがえった命だ、大事にしたいとは思わないか?』

『オレの命を助けるとでも・・・』
『約束する。それにお前ほどの男が、いつまでもアポロガイストの命令どおり働くには、惜しいと思うが・・・』
IMG_1430.jpg
立花藤兵衛も加わって、Xライダーはアキレスを(おだてながら)説得すると、アポロガイストのウラをかく作戦をアキレスに授けた。

店に戻った立花藤兵衛は、ひどく荒らされた店内の片づけをしながら、ぼやいていた。
『クソ、ゴッドめ。店の賠償請求でも送りつけてやりたいくらいだ!』

すると、カウンターの上に札束が放り投げられ、笑い声が響いた。
『ハハハハ。それだけあれば、店の修理に足りるかな?神敬介の香典だ。例え敵にでも、良い印象を残しておきたいからな・・・』

『ふざけるな!二人(チコとマコ)を返せ!』
立花藤兵衛は白いスーツのアポロガイストに殴りかかるが、彼の敵では無い。
IMG_1431.jpg
失神させられて肩に担がれ、アポロガイストは立花藤兵衛を誘拐する。藤兵衛が誘拐されたことを知らない神敬介は、アキレスに連行されるフリをして、アポロン第二宮殿入口へ到着した。

『(神敬介)いいか、うまくやるんだ・・・』
『(アキレス)まかしておけ!』

『(門番)だれだ?』
『俺だ、アキレスだ。アポロガイストに伝えろ。神敬介を捕まえてきたのだ』

アキレスはそう言って、パーフェクターを左手に持つと、正面にかざして見せた。宮殿のトビラが開き、アキレスと神敬介はエレベータに乗る。ふたりの乗ったエレベータは、落下していくかのように地下9階へ下って行った。

エレベータを降りたところで、宮殿警備兵が神敬介を引き渡すよう要求したが、アキレスは自分が連れていくと言って、アポロガイストがいる指令室まで警備兵に案内をさせた。

扉が開き、警備兵に促されて中へ入ると、アポロガイストは右手のアポロマグナムでいきなりアキレスの右腕を撃ち抜いた。
『(アキレス)ウギャー!!』

アキレスが裏切っていることを、アポロガイストは知っていたのだ。その腕が吹き飛んだ衝撃で、アキレスの左手からパーフェクターが転がり落ちた。素早くパーファクターを拾う神敬介。

『(アポロ)しまった!アキレスがパーフェクターを持っていたのか・・・』
『(神)このパーフェクターが、どうかしたのか!』

神敬介は、アポロガイストの目的がパーフェクターにあることを知らない。2発目のアポロマグナムは、アキレスの体を完全に吹き飛ばしてしまうのだった。

『神君、なかなかうまい手を使ったな。だが、俺には通用しないのだ!』
『さすがはアポロガイスト、よく見破ったな!』

神敬介は、油断したアポロガイストをアキレスに襲わせて、生け捕りにするつもりでいた。だが、アポロガイストの方が一枚上手であった。

周りにいた宮殿警備兵たちが、神敬介を捕まえようと襲いかかって来た。敬介はキックとパンチを繰り出しながら、警備兵たちを蹴散らしていく。

すると奥の部屋から、マコとチコの声が聞こえてきた。警備兵たちを蹴散らしながら、ふたりの呼ぶ声が聞こえる部屋へ入ってみると、そこにはテープレコーダーが・・・。
IMG_1436.jpg
騙された敬介に、隠しトビラが開いて再生怪人のケルベロス、死神クロノス、ヘラクレスが襲いかかってきた。スキをみてXライダーに変身した敬介は、3人の再生怪人達を次々と倒していった。

アポロガイストを倒すつもりで、敵の本拠地アポロン第二宮殿に乗り込んだXライダー。一方、アポロガイストは、早くパーフェクターを手に入れないと、命の炎が燃えている時間はもう残り少ない。

とうとう決着をつける時が来た。宮殿内の野外ステージ上に出現するアポロガイスト。「ここだ!」と自己顕示するアポロガイスト。
IMG_1438.jpg
Xライダーはアポロガイストを見つけると、自分のいる位置から大きくジャンプして同じステージ上に着地した。対峙するふたり。

戦う前に人質の行方を聞くXライダーに、ステージから見える山の頂上を指差して教えるアポロガイスト。そこには、柱に後ろ手に縛られて警備兵に看視された二人の姿が。

『(アポロ)三人目はあそこだ!』
Xライダーにとって予想外の人物が、ギロチンの枷(かせ)に首を入れられようとしていた。

『あっ、おやっさん!』
Xライダーは、とっさにマシン・クルーザーを呼び、空からアタック(攻撃)させた。

立花藤兵衛の首をはねようとギロチンのヒモを握る怪人メドウサは、クルーザーに激突された衝撃で、藤兵衛の代わりに自分が首をはねられてしまった。危機を脱した立花藤兵衛は、チコとマコの救出に向かった。
IMG_1440.jpg
Xライダー対アポロガイスト、決戦の時は来た。Xライダーのライドルホイップ(サーベル状の剣)とアポロガイストの剣との対決。そして、右手のアポロマグナムが、Xライダーを狙撃した。だが、銃弾は後ろの崖を直撃する。

『どうしたアポロガイスト!百発百中を誇るお前の腕のハズが』
『聞け!俺はまもなく死ぬ。その運命からは逃れられない。だが一人では死なん。貴様も道づれだ!』

アポロガイストは、自らを炎に包んで火焔車となり、Xライダーへ突進していった。間一髪、ジャンプして衝突を回避したXライダーは空中で1回転すると、Xキックを炸裂させた。
IMG_1442.jpg
火焔車から元の姿に戻ったアポロガイストはよろめいたまま倒れ、大爆発して散った。アポロガイストの死とともに、アポロン第二宮殿も大爆発し、跡形も無く砕け散った。

宿敵アポロガイストを遂に倒したXライダー。だが・・・
『オレの名は、キングダーク。いずれ貴様と戦うことになるだろう。会う日を楽しみにしているぞ、ハハハハ』

謎の声の主・キングダークが、新たなる敵としてXライダー・神敬介の前に立ちはだかるのだった。(終わり)

★★★★★★★★★★★★
Xライダー・エンディングの対決風景は、東北・上越新幹線の高架橋やトンネルの工事現場で撮影されたものではないだろうか。雪が残る工事現場で、神話怪人たちと戦うXライダーの雄姿。とてもカッコイイと思ったものだ。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダーX(3) [Xライダー]

今回は、第22話《恐怖の大巨人!!キングダーク出現!・前編》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;高橋一俊
監督;内田一作

【前回までの話は・・・
ある日アポロガイストは、射撃訓練の途中で身体に違和感を覚える。手術に携わった宮本博士から復活期間は1か月しかないことを知らされ、同時にXライダーのパーフェクターがあれば延命出来ることを教えられる。
アポロン第二宮殿で決着をつける戦いに挑むアポロガイストだったが、Xキックを受けて爆死してしまう。すると、新たなる敵・キングダークが出現し、Xライダーへ宣戦布告をするのだった・・・】


◆天気のいい休日に、海へ遊びに来たサナエと兄。断崖の上から海を眺めながら、ふたりは断崖に沿って作られた遊歩道を歩いていた。

遊歩道から外れた所に咲く美しい花を見て、サナエは「まぁ、きれい!感嘆の声をあげる。優しい兄は、妹のためにその花を取ろうとしたが、足を滑らせて崖下へ転落してしまう。

幸いにも、草に覆われた斜面を滑り落ちただけで大きな怪我も無くすんだ兄は、滑り落ちた場所から程ない所に、人が入れる程度の大きさの洞穴を見つける。

『サナエ、ちょっと下りて来ないか!』
不気味な音がするこの洞窟を妹にも見せたいと思った兄は、サナエを呼び寄せるのだった。
IMG_1444.jpg
中から聞こえてくる不気味な音。怖がるサナエに、洞窟に吹き込む風の音だと解説する兄。好奇心に駆られた兄は、懐中電灯の灯りを頼りに探検することに。妹は兄に手を引かれて、少しずつ歩いていく。すると巨大な石像のようなものが、二人の目前に現れた。

『兄さん、あれは?』
『落ちついてごらん、ただの石像だ・・・一体誰が何のために』
IMG_1445.jpg
暗くて石像の上半身しか見えないが、ツノが生えた巨大な頭を、右手で頬杖をつく姿で造られているようだった。ふたりがもっと近づいて見ようとした時、像の両目がパっと開いて赤く光った。

すると、意志に逆らい、兄の体が石像の左手の中へどんどんと吸い寄せられていく。サナエに早く逃げるよう叫んだ兄は、絶叫をあげながら左手の中で握りつぶされてしまう。

出口へ向かって急いで逃げるサナエだが、反対側からきた怪人達を見て、恐怖のあまり失神してしまうのだった。

『全員そろっているか、ジンギスカンコンドルよ。ガマゴエモン、サソリジェロニモ、カブトムシルパン』

巨大な石像だと思われたモノは、ゴッドの新大幹部キングダークであった。キングダークの前に並ぶ4人の怪人たちは、世界の極悪人の魂と動植物を合体させた新怪人たちであった。キングダークは、ジンギスカンコンドルに指令を与えた。


『その昔、数百万の人間を殺した蒙古の王・ジンギスカンの悪魔の心に、コンドルの凶暴性をプラスした男。お前の持つ力で、日本中を震いあがらせるのだ!そして、この地上から、Xライダーを消すのだ』

『この女を最初の犠牲者に、吸血鬼作戦を開始いたします!』
足元には、気を失ったサナエが横たわっていた。ジンギスカンコンドルの鋭い口ばしが、意識の無いサナエの首筋に噛みついた。

立花コーヒーショップへバイクを乗りつけた神敬介は、花束を持って出かけようとするアルバイトのチコとマコに出会った。ふたりは山上病院に入院中の友人サナエの所へ、お見舞いに行くところなのだ。


『なんでも、海岸で何かあったらしい。一緒に行った兄さんが亡くなったとか』
店内で立花藤兵衛に事情を聴いた敬介は、何かよからぬ予感を感じていた。

山上病院でサナエを見舞うチコとマコは、花瓶に花を活けながら、どこか元気が無い様子のサナエをみて、心配そうに話しかける。やさしい兄が亡くなったせいだと、思う二人。それと、左手首の包帯が痛々しい。

怪我を心配してマコが包帯に触ろうとすると、「触らないで!」激しい口調で拒否をするサナエ。病室に院長が入ってきて、病人の精神的ショックを理由に、もう帰ることを勧めるのだった。
IMG_1448.jpg
チコとマコが病室を出るとすぐに、院長はサナエの左手首の包帯を取り、その手首に噛みついた。すでに手首には、2本のキバの傷痕が付いていた。病院長の正体は、ジンギスカンコンドルなのだ。

『サナエ、今の二人の身許は?』
『マコとチコ。立花コーヒーショップでアルバイトをしています』
『あの二人が、Xライダーに関係のある二人か!』

サナエはジンギスカンコンドルに血を吸われ、血の奴隷と化していた。その頃、お見舞いを終えたマコとチコは、公園のベンチで休んでいた。

『(マコ)サナエ、元気が無かったね』
『(チコ)だって、あんないい兄さんを亡くしたんだもの・・・』
『(マコ)そういう原因とは、なんだか感じが違うようなんだけど・・・』

病院に漂う空気を読んでいたのか、ふたりとも何かおかしいと感じていた。二人のその様子を、空中から見ている目があった。ジンギスカンコンドルだ。Xライダーに関係する二人を襲おうとするジンギスカンコンドル。だが、神敬介のバイクが通りかかる。
IMG_1452.jpg
『貴様は何者だ!ゴッドの怪人ではなさそうだな!』
『オレの名は、ジンギスカンコンドル!命はもらった、神敬介!』

口ばしから発射するジンギスカンファイアのため、炎に包まれてしまう神敬介。ミニコンドルを飛ばしてさらに神敬介を襲わせ、足止めをさせている間にジンギスカンコンドルは、逃げるチコとマコに追いついた。
IMG_1451.jpg
ふたりを捕まえて血を吸おうとした時、Xライダーが現れてふたりを救出するのだった。ジンギスカンコンドルは、Xライダーとの勝負をせずに飛び去って行った。

立花コーヒーショップでは、狙われたふたりをどうすべきか、藤兵衛と神敬介が考えていた。そして、ふたりをシティホテルに隠すというアイデアを、敬介は提案する。

藤兵衛と敬介以外の人物とは接触しないことを言い含めると、マコとチコを高層ホテルの32階部屋へしばらく隠してホテルを出ていく敬介。
IMG_1453.jpg
高層ホテルのエントランスホールから出てくる神敬介の姿を、物陰からじっと見ている目。その人物の左手首には、キバの傷跡がついていた。(つづく)


★★★★★★★★★★★★
キングダークは、どうやって洞窟の中に入れたのだろうか。小さな部品を洞窟内に運び込んで、中で組み立てたのかな?(笑)

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

仮面ライダーX(4) [Xライダー]

今回は、第22話《恐怖の大巨人!!キングダーク出現!・後編》を取りあげます。

【前回までの話は・・・
洞窟を探検していて巨大な石像を発見した兄とサナエ。洞窟内で二人は恐ろしい目に遭い、兄は死亡、サナエは救出され入院していた。友人のサナエが入院したことを知って見舞いに行ったチコとマコは、サナエの様子が以前とは違うことに感付く。
ジンギスカンコンドルに吸血され操られているサナエは、チコとマコが立花藤兵衛の店で働いていることを話し、そのことでふたりはジンギスカンコンドルに襲われてしまう。Xライダーに救われたチコとマコは当分の間ホテルでかくまわれるが、ふたりが泊まるホテル前には、手首にキバの傷痕がある女が立っていた・・・】


◆左手首にキバの傷痕がある女が、シティホテルの32階部屋へ向かっていた。ドアをノックした女は、「どなた?」と訊かれて「サナエよ」と答えた。チコがドアをそっと開けると、確かにそこにサナエが立っていた。
IMG_1454.jpg
『よくここが分かったわね・・・』
『立花さんに電話したら、教えてくれたの。大変だったんですってね』
そう言って部屋に入ったサナエは、カーテンを開けると窓ガラスを開けてしまう。

『(チコ)だめよ、開けちゃ!』
『だって、開けろと命令されたんですもの』

『(マコ)命令?誰に?』
『【メリハリの無い声で】私のご主人様・・・』

部屋が急に暗くなり、サナエは一瞬姿を暗闇の中に隠した。ふたたび現れたのはサナエではなく、口から2本のキバを生やした吸血鬼に変貌したサナエであった。

『さぁ、私の様におなり。フフフフ・・・』
サナエが開けた窓から、ジンギスカンコンドルが入ってきた。チコとマコは部屋の隅に追い込まれ、ジンギスカンコンドルの犠牲となってしまう。

『吸血鬼となり、俺の奴隷となれ!そして夜な夜な町をさまよい歩き、人間どもを吸血鬼にするのだ!』

客のいない店内で、ラジオを聞いている立花藤兵衛と神敬介。ラジオは、数日前から都内で発生し出した奇病についてのニュースを流していた。その症状は顏が変わり、吸血鬼のように血を欲しがるという。

ニュースを聞いた敬介は、それがジンギスカンコンドルのしわざだと確信する。だが、ヤツはどこに隠れているのかが分らない。都内をバイクで走り回るより、他に手が無い敬介。

そんな時、悲鳴を聞いて駆けつけてみると、女性が吸血鬼に襲われている現場に遭遇する敬介。吸血鬼は逃げたが、襲われた女性の手首には吸血されかかった痕があった。一刻も早く探し出して倒さなければ、日本中に吸血鬼があふれると危機感を抱く敬介。

その頃、かくまわれているチコとマコのもとへ、ホットコーヒーを持って立花藤兵衛がやって来た。だが、ドアには鍵もかけず、部屋はもぬけの殻であった。だが、音も無くふたりが現れ、気配を感じて振り返る藤兵衛。

『【怒った顏で】まったく、あきれた連中だ・・・【笑顔で】コーヒー持ってきてやったぞ!』
『(チコ)コーヒーはいらない。もっとほしいものがあるの・・・』

『いい加減にしろ!【半分怒りながら】何が欲しんだ?』
『(マコ)マスターの血を飲ませて!』
『コイツ、悪い冗談はやめろ!・・・』

次の瞬間、チコとマコの顏つきが変わり、キバが生えた吸血鬼に変貌した。藤兵衛は部屋中を逃げ回るが、二人に襲いかかられて手首から血を吸われ、気絶してしまう。
IMG_1457.jpg
『(吸血鬼マコ)はぁあ、駄目ね。中年の男の血って、美味しくないわ!』

立花コーヒー店に戻ってきた敬介は、道端で吸血鬼を取り逃がした話を藤兵衛に聞かせた。後ろ向きの藤兵衛は、話を聞きながらコーヒーを作り敬介に差し出すが、その左手首にはキバの傷跡が・・・

『おやっさん!!』

ナイフを持っていきなり飛びかかってきた藤兵衛を反射的に避けた敬介だが、藤兵衛の顏がキバの生えた吸血鬼に変貌しているのを見てビックリする。

そして、店内に隠れていたチコとマコが敬介の背後から現れ、敬介に襲いかかろうとしていた。ふたりとも、キバの生えた吸血鬼の顏だった。
IMG_1458.jpg
敬介は、チコとマコに左右から手首を噛みつかれ、吸血されて失神してしまう。それを見た藤兵衛は、ふたりに言った。
『ご主人様のもとへ、運ぶのだ!』

神敬介を山上病院へ運び込んだ立花藤兵衛とチコ、マコ、それにサナエ。山上院長は満足げに言い放った。
『でかしたぞ、血の奴隷たちよ。これで神敬介も吸血鬼になって、私の奴隷だ。ハハハハ』

吸血された神敬介が、白い布を被せられてベッドに横たわっている。山上院長が白い布を取り除くと、そこにはXライダーが横たわっていた!
IMG_1462.jpg
『アハハハ、貴様の吸血ヴィールスが、私に通じるとでも思っていたのか!!』
『お、おのれ。カァーッ!』

悔しがる院長は、不気味な姿のジンギスカンコンドルに変身すると、Xライダーに襲いかかった。ジンギスカンコンドルの命令で、藤兵衛やマコたちがXライダーに襲いかかっていく。

だが、人間を相手に戦う訳にはいかない。しばらく眠っていてもらうために、ライダーパンチが彼等のミゾオチに軽くヒットした。空へ逃げるジンギスカンコンドルを、空を飛べるマシン・クルーザーで追跡するXライダー。

Xライダーに海岸へ追い詰められたジンギスカンコンドルは、ジンギスカン伝来のヤリを武器に攻撃して来た。Xライダーはライドルを引き抜くと、ライドルスティックで応戦する。
IMG_1467.jpg
IMG_1468.jpg
猛烈な炎のジンギスカンファイアを口から発射してXライダーを攻撃するが、岩場に隠れて防護すると、スキをみて、ライドルスティックの先端をジンギスカンコンドルの口に押し込み、口内にあるファイア発射装置を破壊するXライダー。

もう火が吐けなくなり、戦意喪失のジンギスカンコンドルに、必殺Xキックを炸裂させるXライダー。大きく跳ね飛ばされて岩場に叩きつけられ、ジンギスカンコンドルは大爆発した。その死によって、吸血ヴィールスの効力は完全に失われたのであった。

病室で最初に気がついた藤兵衛は、チコ達を起こしてまわった。お互いの顏を見て、キバが生えて無いことを喜び合う女性たち。
『(藤兵衛)Xライダーが勝ったんだ!』(終わり)


★★★★★★★★★★★★
Xライダーの怪人達は、みんな魅力的だ。神話怪人たち、そしてこれから出現する世界の悪人怪人軍団!

nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の4件 | - Xライダー ブログトップ