So-net無料ブログ作成
ゼロワン・ドラマ ブログトップ
前の2件 | -

キカイダー01(1) [ゼロワン・ドラマ]

第1話《無敵!人造人間ゼロワン誕生!!・前編》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
企画;平山 亨・吉川 進
脚本;長坂秀佳
音楽;渡辺宙明
技斗;三島一夫
監督;永野靖忠


◆怪しげな黒雲が空を覆い、落雷と共に黒い悪魔ハカイダーが復活した。復活したハカイダーは、3人の分身を従えていた。レッドハカイダー、ブルーハカイダー、シルバーハカイダーのハカイダー3人衆である。
IMG_1560.jpg
そして、ハカイダーの手足となって働く赤いアンドロイド戦闘員たち。ハカイダーは、3人衆に向かって呼びかける。
『ハイル・ハカイダー!時が来た。今こそ、われらハカイダー部隊の立ち上がる時だ!』

ハカイダー4人衆が狙うのは、アキラという少年である。ハカイダーの言によれば、ハカイダー部隊が世界征服をするために、無くてはならない重大な秘密をアキラは持っているという。
IMG_1563.jpg
ハカイダーは3人衆とアンドロイド戦闘員にアキラの顏を覚えさせると、一刻も早くアキラを捕らえるために行動を開始するのだった。

その頃アキラは、ハカイダー4人衆に狙われているとも知らず、一人あても無く歩いていた。なぜこの道を歩いているのか、自分がどんな生活をしていたのか、アキラは一切覚えていなかった。

アキラは水が飲みたくなり、たまたま通りかかった関東原子力研究所の裏門から侵入して、水道栓で水を飲んでいた。ハカイダー4人衆の捜索能力は、アキラが関東原子力研究所付近にいることを突き止め、その姿を現した。

何の関係もない職員に、ブルーハカイダーの電磁ムチが襲いかかる。電子棒で職員を一突きしたシルバーハカイダー。レッドハカイダーは、ボーガンで職員を狙撃する。

高所からその様子を見ながら、彼等に命令を下すリーダーのハカイダー。ハカイダー3人衆は、やりたい放題だった。原子力研究所は、あっという間に火の海と化してしまう。

アキラは、何が何だかわからないうちに、このハカイダー部隊の攻撃に巻き込まれていた。炎の中を走って逃げるアキラ、それを追うアンドロイド戦闘員たち。このハカイダー部隊の行く手を阻止できる正義の使者は、いないのか!

あるお寺の山門にある一対の仁王像。そのうちの一体の両眼が、突然点滅を始めた。日本を取り巻く悪の力が増大し、巨大な悪のエネルギーとなって動き出した時。そしてそれが、一般市民の平和な生活を脅かす危険の生じた時。

仁王像の中に組み込まれたコンピュータが作動して、中に隠されている人造人間を自動的に誕生させるシステムになっていた。
IMG_1564.jpg
今、仁王像の中で3年の間眠り続けていた人造人間のシステムは、ハカイダー4人衆の活動によって、それを誕生させるに足る十分な悪のエネルギーを感じ取っていた。仁王像は大爆発を起こし、残骸の中から現れたのは、正義の戦士キカイダー01(ゼロワン)!

ダブルマシン(サイドカー)を操って、世界平和を守るため、悪の組織と戦うために生まれた戦士、それがキカイダー01だ。

アキラはハカイダー部隊の魔手から逃れるため、必死に逃げ回っていた。原子力研究所を脱出したアキラは、しかしバイクで後を追ってきたハカイダー4人衆に捕まってしまう。だがそのとき、どこからか聞こえてくるトランペットのメロディ。
IMG_1566.jpg
IMG_1568.jpg
『(4人衆)どこだ?どこだ?・・・ん、あそこだ!』
背を向け、大空に向かい白いトランペットを吹く青年の姿を、ハカイダー達は崖の上に発見する。
IMG_1569.jpg
『(ハカイダー)何者だ、貴様!・・・答えろ!』
『(イチロー)悪の有る所必ず現れ、悪の行われる所必ず行く・・・正義の戦士、キカイダーゼロワン!』

『(ハカイダー)何?キカイダーゼロワン?』
『(イチロー)手を離せ!子供に手出しをする奴は、許すわけにはいかん!』

右脇にアキラを抱えているハカイダーに向かい、忠告するイチロー。だが、ブルーハカイダーにアキラを預けたハカイダーの左手から、ハカイダーショットがイチローを狙って火を噴いた。

すんでの所でジャンプしてそれをかわしたイチロー。だが、空中回転し着地したイチローに、ハカイダー3人衆の攻撃が容赦なく襲いかかる。

ボーガン、電磁ムチはかわしたが、ヤリのような電磁棒が身体に当たり、態勢を崩してしまうイチロー。このままでは危ない。イチローは崖上にジャンプすると、変身するために両手を広げて、額にある太陽電池を作動させた。

『(叫ぶように)チェンジ・キカイダー・ゼロ・ワン!』

イチローはキカイダー01となって、ハカイダー部隊に敢然と戦いを挑んでいく。
『ハカイダー!俺の記録コンピュータには、お前はダーク基地大爆発で死んだことになっているが、生きていたのか!』

『オレはこの頭にプロフェッサーギルの脳を組み込んで、生き返ったのだ。そして、ダークの誇る最高の科学者3人の脳を組み込んで、ハカイダー3人衆が誕生した』
IMG_1574.jpg
ゼロワンは、捕らわれた少年を奪還することを最優先に考えた。襲い来る3人衆の武器を避けながら、ゼロワン・チョップでアンドロイド戦闘員達を次々に破壊していく。
IMG_1573.jpg
アキラを抱えて逃げようとするハカイダーを見つけたゼロワンは、キリモミしながら宙を飛び敵に一撃を食らわせるゼロワンドライバーを見舞って、ハカイダーからアキラを引き離すことに成功した。

アキラをダブルマシンに乗せて逃げるゼロワン、バイクに乗ってそれを追うハカイダー4人衆。だが、ダブルマシンの性能は素晴らしく、ハカイダー達を振り切って逃げることに成功するのだった。(つづく)


★★★★★★★★★★★★
主役の池田駿介氏は惜しくも他界してしまわれたが、頼れる兄貴のイメージがいつもある方だった。たまに、コマーシャルでもお見かけしたこともあったなぁ。それから、渡辺宙明先生作曲によるゼロワンの主題歌は、この歳になって聞いてもノリノリで、身体が踊ってしまうほど。素晴らしい!
追伸;ハカイダーは左利きである(微笑)。



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

キカイダー01(2) [ゼロワン・ドラマ]

第1話《無敵!人造人間ゼロワン誕生!!・後編》を取りあげます。

【前回までの話は・・・ ダーク基地大爆発と共に死んだはずのハカイダーが、プロフェッサー・ギルの脳を組み込んで復活を果たした。その上、ダークの優秀な科学者の脳を使い、ブルー、レッド、シルバーのハカイダー3人衆を作りあげていた。だが、悪の力が増大した時に、仁王像の中に隠された人造人間が誕生する仕組みが働き、キカイダー01が出現。アキラ少年が握る重大な秘密をめぐって、ゼロワンとハカイダー4人衆の争奪戦が始まった】


◆ハカイダー4人衆の追撃を振り切ったキカイダー01とアキラ。公園内の池のほとりで一休みするためダブルマシンを停めたゼロワンは、人間態のイチローに戻ってアキラにいくつか質問を試みた。
IMG_1578.jpg
だがこの少年は、自分の名前がアキラであるという以外、生い立ちもどこへ行きたいのかも答えられない。少年がなぜハカイダーに狙われるのか、手がかりをつかめないままのイチローであった。

上半身裸になってひなたぼっこをしているアキラを見ながら、「この子が奴らにとって、どんな重大な秘密を握っているというのだ?」そう考えたとき、アキラの背中に正三角形に並ぶ3つの黒い点があることに、イチローは気づく。

だがその時、イチローの高感度な耳に、女の悲鳴が飛び込んできた。それが気になるイチローは、絶対に動かないように言い含めてアキラをこの場所に残すと、悲鳴を上げている女の元へダブルマシンを走らせるのだった。
IMG_1579.jpg
イチローが去っても、アキラはある方向を見つめるようにしてじっとしている。そのアキラの背中に池の水面の乱反射した光が当たり、ある模様が浮かび上がった。それは、何かの電子回路図のようにも見えた。

女の悲鳴は、ブルーハカイダーが老女を拷問しているためであった。電磁ムチが首に巻き付いて、苦しいあまり悲鳴をあげる老女。ゼロワンは、ブルーハカイダーを追い払って老女を助けた。だが、老女は気を失っており、襲われた理由を聞くことが出来ない。
IMG_1580.jpg
老女に声をかけるゼロワンは、首筋付近の肌の色が違うことに気がつく。どうやら、変装をしているようなのだ。首すじ付近の皮をめくり上げると顔面とカツラが取れ、その下の正体は美しく若い女性であった。

通りがかりのカメラマン・百地頑太にこの女性を病院へ連れていくよう託したゼロワンは、アキラの待つ場所へ取って返した。だが、アキラの姿はそこには無かった。アキラはレッドハカイダーに捕らえられ、ハカイダー基地へ連行されてしまったのだ。

ゼロワンは、ハカイダー基地を目指す。ハカイダーも、ゼロワンが来ることを予期している。ハカイダーは基地への道すがら、強力な地雷を埋め込んでおいた。ここを通らなければ、ハカイダー基地へはたどり着けない。この地雷原を突破できるか、ゼロワン!

『(ハカイダー)いかにゼロワンとは言え、この地雷原を突破できることはあるまい!来たな、ゼロワン。フフフフ』

地雷原の中を、何も知らないゼロワンはハカイダー基地目指して、サイドカーのダブルマシンを疾走させた。
IMG_1582.jpg
【ナレーション】
ダブルマシンが地雷を踏む。が、地雷が爆発する速さよりもダブルマシンが通過する速さの方が、遥かに勝っていたのだ。

『フーム、恐るべきゼロワンめ!・・・殺せ!』
IMG_1585.jpg
ゼロワンは、ハカイダー基地への潜入に成功する。暗い洞穴を進み、ハカイダー3人衆の攻撃を退けて基地の中枢区画へたどり着いたゼロワンは、そこに捕まっているアキラを解放すると連れて逃げていく。
IMG_1583.jpg
ゼロワンが敵から奪ったヤリを投げたところ、偶然に基地の自爆装置ボタンに命中した。それに気がついたハカイダー達は、焦って逃げ出していく。アキラと共に脱出したゼロワンの目の前で、ハカイダー基地は大爆発を起こし壊滅してしまうのだった。

怪我をしているアキラを介抱している時に、アキラの胸ポケットにお守りが入っているのを見つけるイチロー。お守りの中を見ると写真が1枚入っていて、アキラと女性が並んで写っていた。裏返すとそこには「アキラちゃんとリエコ」と書かれている。

この写真の女とブルーハカイダーに襲われていた女が同一人物であることを、イチローはすぐに理解した。
『アキラ君。このお姉ちゃんは、君の一体なんだい?』

だが、アキラは何も答えない。何も覚えていないのではなく、誰かに記憶を消されているのかもしれないと、イチローは思った。

アキラを一人にしてはおけないし、一刻も早く両親のもとへ返してあげたいと、イチローは思った。そしてリエコというこの写真の女が、少年について何かを知っているに違いないと、イチローは思った。

ゼロワンとハカイダー部隊の壮絶な戦いは開始された。アキラ少年の握る重大な秘密とは何か。アキラの父は、母は、謎の美女リエコは何を知っているのか。(終わり)


★★★★★★★★★★★★
ゼロワンの動力源は、頭部にある太陽電池によって発生するエネルギーである。設定資料によると、常時太陽光が得られる場所ではキカイダーよりも強力だが、日没後や海底など太陽が届かない場所では、出力が10分の1になってしまう。太陽エネルギーを取り入れやすくするため、キカイダーと比較して頭部にある機械部分の露出が多い。カラーリングはキカイダーとは逆で右半身が赤く、左半身が青い。

nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - ゼロワン・ドラマ ブログトップ