So-net無料ブログ作成

快傑ライオン丸(11) [ライオン丸・ドラマ]

今回は、第24話《ライオン飛行斬り対怪人トビムサシ・前編》を取りあげます。

原作;うしおそうじ
脚本;濠 喜人
企画;うしおそうじ 別所孝治
音楽;小林亜星
殺陣;渡辺高光
監督;石黒光一


【前回までの話は・・・ ゴースンを倒す旅を続ける獅子丸たちは、怪人ダカツが守備する第一前線基地を発見する。だが、ダカツのあやつるサソリ毒のため、獅子丸は一時危篤状態に陥る。ドクロ忍者の棟梁・影は、小助の姿を見て親の心・人の心を取り戻し、ダカツを裏切ってしまう。そして、ダカツを倒したライオン丸にゴースン島への地図を渡して、影は自害して果てた・・・】

(ナレーション)怪人ダカツを倒して手に入れたゴースン島への道標。三人は地図にある三角山(さんかくやま)を目指して、旅を続けていた。

IMG_2568.jpg
(目指すは三角山)

『ドクロ仮面よ。憎き獅子丸たちが、お前の砦に近づいている。トビムサシと力を合わせて、獅子丸を倒すのだ!』

大魔王ゴースンの声が、この第二前線基地の守備隊長であるドクロ仮面に命令を出した。この前線基地には、南蛮の剣術を使う怪人トビムサシがいる。だが、このトビムサシという怪人、醜い姿をしてはいるが心優しい紳士であった。

どこで知り合ったかは定かでないが、トビムサシはユリという名の美しい盲目の娘と、時間の許す限りいつも一緒にいるのだった。このようなトビムサシを、ユリは「ムサシ様」と呼んで慕っていた。

トビムサシは自分のことを、近くの砦に詰めている侍だと説明していた。自分の正体を知られないよう気をつけながら、心優しいこの怪人は、いつもユリの力になってあげているのだった。

IMG_2569.jpg
ある時、ふたりが歩いていて急な斜面にさしかかり、ユリが手を貸してほしいと頼んだ。するとトビムサシは振り返って、自分の右手を出しかけて止めた。そして代わりに、自分の腰に差しているサーベルの柄(つか)の部分を差し出して、ユリの右手に捕まらせたのである。

『これに・・・』
『ムサシ様は、いつも・・・』
『ユリ殿、許されい。子供の時から剣一筋の修行をしたので、拙者の手はまるで松の小枝のようにささぐれている。そんな手が、なんでユリ殿のような美しい手に触れようか・・・』

IMG_2570.jpg
(サーベルの柄を右手でつかんで、トビムサシについて行くユリ)

怪人トビムサシは、このユリという美しい盲目の娘に恋をしている。いつの日か、自分の出生地・南蛮の進んだ医術で、ユリの両眼を治してあげたいと思っている。

『ユリ殿、今少しお待ちください。南蛮の医術を持ってすれば、必ずあなたの目は治る。きっと、南蛮へ行って治しましょう』
『そうなったら、夢のよう・・・』

ユリは、この心優しい侍「ムサシ」の姿を自分のこの両眼で見てみたいと、心からそう思った。

第二前線基地の隊長・ドクロ仮面に呼ばれたトビムサシは、ゴースンの敵・獅子丸を倒す命令をドクロ仮面から受けた。

『このトビムサシ、世話になっている礼に、必ず獅子丸を斬る。だが、助太刀は無用。俺は、他人に助けられるのがキライだ』

背後からドクロ忍者を応援に出すというドクロ仮面の提案を、蹴るトビムサシ。そのようなトビムサシの生意気さを、守備隊長ドクロ仮面は憎々しく思った。

獅子丸たち三人は、森の中を三角山目指して進んでいた。すると、小助の足が鳴子(なるこ)のヒモを引っかけてしまう。鳴子とは、敵の襲来を知らせる今で言う警報装置である。ヒモを引っかけると、それにつながった鳴り物が揺れて、大きな音を発して敵襲来を知らせるのだ。

第二前線基地が、近いのである。鳴子の音を聞いたドクロ忍者たちが出現し、それに続いてトビムサシが現れた。

『俺の名は、トビムサシ。獅子丸。若いのに腕が立つと聞いたが、いくつになる?』
『お前に答える必要など無い!』

小助が、口をはさんだ。トビムサシは、1対1の勝負がしたいと言った。それを聞き、獅子丸も挑戦を受ける。ふたりは、森の中で対峙した。だが、どちらも腕が立つゆえにスキが無く、斬り込むことが出来ない。トビムサシのサーベルと獅子丸の太刀は、構えたまま動くことがなかった。

(獅子丸、さすがにやるな・・・)
(できる、恐ろしい剣だ)

両者は、ほとんど動けない。だが、ドクロ忍者にとって、森の中で膠着状態になっている獅子丸を木の上からボーガンで狙うことは、とても簡単だ。ボーガンの矢が獅子丸に向かって、風音を立てて数本飛んで来た。だが、獅子丸の剣の構えは、ボーガンの矢をすべて叩き落としていた。

ほぼ同時にボーガンの攻撃に気づいた小助が、そのことを教えようと獅子丸の元へ走ったとき、矢の1本を右のすねに受けてしまう。

『あ、イテテ!』
『愚か者!』

獅子丸との対決に「助太刀は無用だ」と言ったトビムサシは怒り、鳥のように飛行して、木の上にいたドクロ忍者数人を一瞬のうちに斬り捨ててしまうのだった。

IMG_2571.jpg
(木の上のドクロ忍者を斬り倒し、戦いを持ちこして去って行く)

『獅子丸、ドクロ忍者どもの卑怯な振る舞いを許せ。早くその子供の傷の手当てをするがよい。この勝負、いずれつけようぞ!』

そう言うと、トビムサシは鳥のように飛行しながら、森の奥へと姿を消してしまう。

その夜、獅子丸たちは、盲目の娘・ユリの家に泊めてもらえることになった。小助の足の傷の手当てをしながら、沙織はユリにお礼を言った。そして、ひとりで生活することの大変さに同情を寄せる獅子丸に、小さい頃からそうした生活をしてきて慣れていること、それにムサシという砦にいる心の優しい侍が助けてくれることを、嬉しそうに話すユリだった。

「ムサシ」と言う名を聞いたとき、獅子丸たち三人は顏を見合わせ、あのトビムサシのことが頭をよぎった。

一方、第二前線基地の隊長・ドクロ仮面が、獅子丸一行がユリの家で投宿しているという情報を仕入れていた。襲撃することを提案したドクロ仮面に、トビムサシは反対する。ユリに迷惑がかからぬ様、トビムサシは獅子丸に挑戦状を申し込むと言い出す。翌日、ユリの家の入口には、トビムサシからの挑戦状が貼りつけてあった。

獅子丸殿
  心あるならば
  ユリ殿には何も話すこと無く
  拙者と立ち会われたし
  ススキが原にて待つ
             飛武蔵

挑戦状を読んだ獅子丸は、決斗の場へと出かけて行った。あとに残った沙織の元へ、ユリが現れて訊ねた。

『獅子丸さん、お出かけ?』
『え、ええ・・・』

ユリに悟られないよう、沙織は獅子丸の行き先を告げなかった。だが、ユリには長年の盲目生活で身に付いた感覚の鋭さが備わっていた。何かを感じ取ったように、その目は遠くを見つめていた。

IMG_2574.jpg
ススキが原に獅子丸が着くと、トビムサシはすでに待っていた。吹く風が、ススキの葉をサラサラと鳴らした。太陽がジリジリと照り付ける下、獅子丸はライオン丸に変身して、トビムサシと相対した。ライオン飛行斬り対南蛮剣法の対決が、いま始まった。

(つづく)


★★★★★★★★★★★★
それまでの静かながら楽しい盲目の娘の生活に、ライオン丸が暗雲を連れてくることになろうとは。これが運命のめぐり合わせと言うものかもしれない。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ