So-net無料ブログ作成

異星人と人類創生の謎・4 [古代の宇宙人]

イラク北部。チグリス川の東岸沿い、モスルの町の対岸に当たる場所に、古代都市ニネヴェがある。ここは、メソポタミアのシュメール人がかつて住んだ町である。
IMG_2017.jpg
1842年、イギリスの考古学者オースティン・ヘンリー・レイアードは、ここでくさび形文字で碑文が刻まれた何千もの粘土板を収めたアッシュールバニパル王の図書館の遺跡を発見した。紀元前三千年頃に粘土板に刻まれた文書は、世界最古のものと考えられている。

天文学者で作家でもあるフィリップ・インブログノ氏が語る。

『シュメールの粘土板は、人類最古の文書記録だと言えるでしょう。文書は解読されて、神がどのように人類の創造に関与しヒトと交わったかを、今に伝えてくれています。それがただの神話なのか事実なのかは、分かりません』

粘土板には、神が「アヌンナキ」と呼ばれていたことが記されていた。作家のジェイソン・マーテル氏はこう考える。
IMG_2018.jpg
(中央にあるのが生命の樹、その上部に空飛ぶ力のシンボル)

『こちらにあるシュメールの粘土板には、生命の樹と並んで神が彫られていて、アヌンナキの両面を見ることが出来ます。また、空を飛ぶ力を示すシンボルである羽の付いた円盤もあります。
IMG_2019.jpg
アヌンナキが身に付けている月や星など、様々な天体を象徴するネックレスや腕時計をみても、六千年前に科学技術が存在したことは明らかです』

アヌンナキは身長2メートル50センチ近くある巨人で、故郷の星の為に金(GOLD)を求めて地球に来たという。

前出のジェイソン・マーテル氏が語る。

『実際に金を採掘してみると大変な重労働であったため、アヌンナキは自分達に代わって作業を行う奴隷を作ることにしたのです。シュメールの創世神話には、これがたいへんな困難を伴ったと書かれていますから、人類の進化の過程は、アヌンナキが自らに似せてヒトを創造した過程だったとも考えられます。

シュメールの文書には、アヌンナキがアダムとイブを創造したことを伝えています。そして全く同じあらすじが、神の物語として聖書に綴られているのです』

作家のニック・レッドファン氏は、語る。
IMG_2020.jpg
   (アヌンナキの姿は、ヒトそのものである)

『アヌンナキは、教師のように振る舞っています。シュメールの文明や神話の中には、天の者たちが地上を訪れて、人々に知識や先進的な概念を与えたという説話が散りばめられていますが、これが単なる神話なのかを疑ってみるべきです。地上に降りた何者かが、人間に手を貸していたのかもしれません』

世界各地に残る古代の年代記には、天界の者たちがヒトを創造したことが綴られている。学会は見向きもしないが、このように実在する記録が人類の進化に異星人が関わった証となるのではないかと、古代宇宙人の専門誌を発行するジョルジョ・ツォカロス氏は次のように言う。

『こういった概念を持つのは、シュメール文明だけではありません。イスラム教のコーランにも、言葉はアラー、つまり神によって人類に与えられたと書かれています。マヤの神話が綴られた「ポポル・ヴフ」にも同様の説話がみられますし、古代エジプトの文書にもまったく同じことが記されています。

どの古代文明の中にもこれとよく似た伝承が存在していて、言葉は神からの贈り物だったと一様に伝えているのです。宇宙人が私達の進化に関係していたという概念を、認める時が来たと考えるべきでしょう』

文字が使用される前の時代、古代人は岩に象形図形や記号を刻んでいた。これは岩壁画と呼ばれ、最古のものは一万年から一万二千年前にさかのぼる。アメリカ南西部に残る岩壁画は、先住民ズニ族とホピ族の先史時代の祖先が、天空の人々と接触したことを示すものだと言う。

作家のピーター・フィーグ氏が語る。
IMG_2021.jpg
『人類が初めて書き記したものが、岩壁画でした。これは、岩に刻まれた記号や図形を意味します。例えば、ホピの人々が岩肌に書き残した岩壁画には、頭上に光輪を掲げる、天から降りて来た神の姿が描かれています。ホピ族によれば、これは「カチナ」と呼ばれ、宇宙から来た者を意味するそうです。

カチナは神ではなく、空飛ぶ乗り物で地球にやって来て、他の星の知識を人々にもたらしました。よく似たものが、ヨーロッパのバルカモニカ(イタリア北部・バルカモニカの岩絵群)の岩絵にも見受けられますし、アジアにも、ブラジルにも同様の岩壁画が残されています』

前出のニック・レッドファン氏が語る。

『天界から何者かが地上を訪れて、その者たちが人類や文明に多大な影響を与えたことを伝える伝説は、世界中に残されています。しかも、特定の時代に集中していて、どれも同じパターンで展開していることから考えても、古代に何者かが人と交流し、今日の私達となるよう操作をした可能性は否定できません』

古代の宇宙人について詳しいラジオパーソナリティのジョージ・ヌーリィ氏が語る。

『なぜこれほど多くの古代文明で、同じことが語られているのでしょう。単純に考えるなら、同じ出来事が起こって、それを人々が見ていたということになるでしょう。その出来事とはつまり、地球に来た異星人が当時存在した生物に遺伝子操作を施して、人類社会が急速に形成されるよう促したことを意味します。

あらゆる文明において、ヒトの存在は神の目を通して語られています。この神を地球外生命体に置き換えて考えてみると、すべてのつじつまが合うのです』

前出のニック・レッドファン氏が続ける。

『古代において岩壁画は、重要な出来事を伝える手段でした。ですから、岩壁画に天空の人々の姿が描かれたのなら、きっと実在した何者かを描いたのだと私は思います。問題は、これが何なのかということです』

異星人が古代人と接触した証が揺るぎの無いものなら、人類はこの惑星で生まれたのではなく、他の惑星からやって来たとも考えられないだろうか。(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
アヌンナキは、太陽系にある未発見の惑星ニビルに住んでいて、古代においてニビルに不足した金を求めて、地球を訪れたとされる。

nice!(6)  コメント(0)