So-net無料ブログ作成
検索選択

仮面ライダーX(1) [Xライダー]

巨大な悪の組織ゴッドに父と共に殺された神敬介は、瀕死の父の手によって仮面ライダーXとして蘇った。その使命は世界の平和と正義を守るため、敢然と謎のゴッド機関を相手に戦うのである。

第一回は、第21話《アポロガイスト最後の総攻撃!・前編》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
脚本;伊上 勝
企画;平山 亨 阿部征司
音楽;菊池俊輔
技斗;高橋一俊
監督;内田一作

【前回までの話は・・・
ゴッド秘密警察第一室長から、日本支部の大幹部に招聘されたアポロガイスト。しかし、怪人達に任せた作戦はことごとく失敗し、自らの進退をかけた「狂い虫作戦」も失敗する。Xライダーとの一騎打ちで決着をつけようとするアポロガイストだが、Xキックを受けて爆死してしまう。
だが、ゴッドに魂を売り渡していた宮本博士と川上博士によって再生手術が行われ、右手にアポロマグナムを装備した強化アポロガイストが復活、再び神敬介の前に勇士を現した・・・】


◆ゴッド機関の日本秘密基地アポロン宮殿で、毎日3時間の射撃訓練に励むアポロガイスト。目的はもちろん、宿敵Xライダー打倒のためのトレーニングである。

いつもの真っ白なスーツではなく、柄入りの黒いメキシカン・ポンチョを羽織り、全体を黒で統一したスタイルで射撃訓練に励んでいた。
IMG_1414.jpg
銃弾はすべて、的確にマトの中心を貫いていた。だが、今発射した一発が、中心から数センチ外したことに気付いたアポロガイスト。

警備隊長に1週間前からの標的データを持ってこさせると、その状態は3日前から始まっていることに、ようやく気付くのであった。

『300発撃って、すべて中心に命中していたのが、3日前には1発、昨日は2発ミスをしている。(右手を見ながら)この指先に狂いが生じているのか・・・』

司令室へ戻り、しびれる右手指先を見ながら不安に駆られる、白いスーツのアポロガイスト。警備隊長が持って来たホットコーヒーを飲もうとして、カップの取っ手をつかみ損ない、中身をこぼしてしまう。
IMG_1415.jpg
そんないつもと違うアポロガイストの姿に、警備隊長は健康を気遣う。だが、気位が高いアポロガイストは、不死身を誇る身体が不調であることを隠そうとして、強く否定してみせるのだった。

『オレはゴッド総司令から、不死身の身体として蘇らせてもらったはずだ。その手術をしたのは宮本博士と川上博士・・・』

その夜、アポロガイストは宮本博士の自宅へ侵入し、徹夜している宮本博士の前に姿を現した。

『ア、アポロガイスト!どうしてここに?』
『聞きたいことがある。君は俺の再生手術を行った。だから君に訊けば、理由が解かると思ってね』

『(心当たりがある博士は)身体の調子が?』
『3日前からだ。時々手の指がしびれて、感覚がなくなるのだ』

『そうか、とうとう始まったのか・・・』
『何?とうとう始まっただと?それはどういう意味だ!』
IMG_1418.jpg
再生手術によるアポロガイストの生命は、1か月間しか続かないのだ。手の指のしびれが始まると次に足の自由が利かなくなり、やがて脳波が停まって死ぬと、宮本博士は言う。

『何?その最後が来るのは、いつだ?』
『3日前に指がしびれたのなら、早くて今日一杯、遅くても明日』

アポロガイストは、もう一度再生手術をやるよう宮本博士に迫った。しかし、専門分野が違う川上博士がいなければ再生手術は出来ないと、宮本博士は説明するのだった。

再生手術の後、川上博士はあるミスを犯してしまい、アポロガイストはそれを許さず、博士を処刑してしまったのだ。

もはや生き延びるための手段は無いのかと思ったアポロガイストに、宮本博士はある提案をする。

『Xライダーの持つ、あのパーフェクターだ。あのパーフェクターを君の心臓部に移植すれば、死なずに済むはずだ・・・』

アポロガイストはその話を聞いた途端、自分の生き延びる道を見つけたと知るや、ゴッドにとって使い道の無くなった宮本博士を、新装備のアポロマグナムで殺害してしまった。

立花藤兵衛は、若い女性アルバイト店員チコとマコを使って、普段はコーヒーショップを営んでいる。だが、オートバイで世界グランプリ優勝の夢をつかむことを、あきらめたわけではない。その夢を、今は神敬介に託していた。

神敬介のタイムトライヤル練習中の立花藤兵衛に、夢遊病者のように近寄ってくる男性がいた。ストップウォッチでタイム計測に夢中で、男の存在に気付かない藤兵衛。

男はいきなり、藤兵衛に襲いかかってきた。走行コースから戻ってきた神敬介が藤兵衛を助けてみると、男は宮本博士ではないか。

だが、様子がおかしい。すると宮本博士の声がアポロガイストの声に代わり、口を開かずにしゃべり始めた。

『神敬介、いやXライダー。アポロガイストは君に最後の挑戦をする。勝負の場所は、ゴッド秘密基地アポロン第二宮殿の格闘場だ』

12時間以内に来ないと、人質のチコとマコの命は無いとアポロガイストの声は脅迫し、宮本博士(らしき操り人形)はしゃべり終わると、爆発してしまう。

急いで立花コーヒーショップへ戻った敬介は、そこで数人の床に倒れている客と、カウンター上にあるゴッド指令人形を見つける。ゴッド指令人形はアポロガイストの声で、アポロン第二宮殿への地図を入れたカプセルを渡すと言って、爆発した。
IMG_1420.jpg
ゴッド指令人形は爆発する直前、「無事にたどり着けるかな」という言葉を残して爆発している。このことを不審に思う神敬介の足元で、敬介の足首を突然グッとつかむ死んだ客たち。
IMG_1423.jpg
それらは、一度Xライダーに倒された怪人マッハアキレス、ユリシーズ、プロメテスだった。怪人達は、神敬介をここで倒してしまおうと襲いかかってきた。
IMG_1427.jpg
『セッタップ!』
レッドアイザーとパーフェクターを高くかかげると、すばやく装着した神敬介はXライダーに変身した。(つづく)


★★★★★★★★★★★★
アポロガイストは、当初1か月程度で次の大幹部に代わる予定であったと言う。だが、人気が予想を超える高さだったため、一度死んだものの復活させることになった。ちなみに、アポロガイストの後任には、ブラックマルスという幹部が決まっていた。ひょっとしてブラックマルスは、人間大のキングダークだったのかもしれない。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ