So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

宇宙人と第三帝国・1 [宇宙人22/宇宙人と第三帝国]

第二次世界大戦当時、ドイツは最新鋭の軍事技術を持ち、他の国を圧倒していた。ジェット機や精密爆撃、そして誘導ミサイル。これらの兵器開発の目的はただ一つ、ナチスとそのリーダー、アドルフ・ヒトラーに力を与えて、電撃戦によってヨーロッパ全土を制し、そこに作り上げた第三帝国によって、全世界を支配することだった。

IMG_3019.jpg
IMG_3020.jpg
(上;V1巡行ミサイル 下;V2ロケット)

作家で、出版経営者のビル・バーンス氏が語る。
『ドイツ人が発明した驚異の兵器の一つは、V1(ブイワン)飛行爆弾、世界発の巡航ミサイルです。もう一つは、弾道ミサイルV2(ブイツー)ロケットでした。ドイツのロケット開発は、連合軍のどの国よりも進んでいました。

大戦の末期には、通称ニューヨーカーと呼ばれるA10(エーテン)ロケットを開発中でした。ドイツは何をしようとしていたのか、同時に「火星ロケット」と名付けられたものまで造ろうとしていたのですから、ずいぶんと壮大な計画があったのでしょう』

ドイツの科学者達には、敵国ですら羨望を禁じえなかった。しかし、彼らの業績を支えたのは、何だったのだろうか。単に、他の国の科学者よりも優秀だったのだろうか。潤沢な研究費や資源が、与えられていたのか。それとも、一部の古代宇宙飛行士説の論者が唱えるように、地球外の勢力によって手引きをされていたのか。

ジャーナリストのリンダ・ハウ女史に訊いた。
『最先端の技術を持ってナチスは第二次大戦に勝利し 世界を制する、ヒトラーはそう宣言していました。大衆を前にして、事実上世界を征服すると断言していたのです。その自信をヒトラーに与えていたのは、何だったのか。私達は、考えてみるべきではないでしょうか』

1993年に出版の「現代のネオナチ・第四帝国」に関する著書の中で、ヤン・ヴァン・ヘルジングはドイツのシュヴァルツヴァルトで起きた墜落事件に触れている。事件が起きたのは、1936年、第二次世界大戦開戦の三年前である。

近くのフライブルク近郊に住む人々は、巨大な飛行機が墜落したかのような轟音に飛び起きた。調査員が現場に到着すると、そこにあったのは円盤状の不思議な物体で、中には宇宙人らしき生物の遺体が残っていたという。

IMG_3021.jpg
(円盤と宇宙人の遺体は、ヴェヴェルスブルグ城に運ばれたとされる)

ヴァン・ヘルジングによれば、墜落から数時間も経たずして、ナチス親衛隊は機体と宇宙人の遺体を持ち去り、最高機密基地とされたヴェヴェルスブルグ城に運び込んだという。城の中では、ナチスの科学者達が墜落した宇宙船に搭載されたテクノロジーを、分解・解析したと言われている。しかし、この宇宙船が実在した証拠は、あるのだろうか。それに、このように解体して分析することは、可能だったのだろうか。

カリフォルニア大学教授で物理学者のマイケル・デニン氏が語る。
『解体・組み立てのリバースエンジニアには、動力源や動力システムの違いがネックとなることがあります。現在の私達はシリコン電極を使用し、電気を動力とする機器を多く使用しています。対象の動力システムが異なっていると分析は難しいかもしれませんが、もし似通っているなら簡単にできるはずです』

戦後に発見された報告書によれば、ドイツ人科学者達は、宇宙人の乗り物が墜落してまもなく、反重力の実験に着手していたという。研究メンバーの中には、オーストリア人発明家のヴィクトル・シャウベルガーもいた。

前出のデニン氏が語る。
『液体の動きを利用して動力を得るという研究のきっかけとなったのが、ヴィクトル・シャウベルガーです。彼の理論は、水や空気の中で動く動物を観察して得られたものでした』

シャウベルガーの孫、イェルク氏が語る。
『最初祖父は、マスが激流の中でジッとしている様子を見ていたようです。どうやってこの魚はこの川で止まっているのだろうかと、考え始めたのがきっかけでした。次に自然がどう作用しているのかを考察し、動物から働きかけているのではなく、水や空気が動物を動かしていると発表するに至ったのです。

魚は泳いでいるのではなく泳がされており、鳥は飛んでいるのではなく飛ばされている。ならば、それを機械で再現すればいい。特別な空気の流れを作ってやれば、機体は自然と動かされるはずだと祖父は考えました』

作家のデビッド・チルドレス氏が語る。
『シャウベルガーは、人工の竜巻とも呼べるボーテックエンジンの一種を開発したのです。このエンジンでは、渦巻き運動とジャイロスコープ運動を、水や水銀などの液体の力で制御しようとするものでした』

IMG_3024.jpg
(リパルシンの模型)

イェルク・シャウベルガー氏が、続けて語る。
『私の祖父ヴィクトル・シャウベルガーの発明のルーツは古く、おそらく古代にまでさかのぼります。これは、「リパルシン」と呼ばれるものです。このシステムは、潜水艦や垂直離着陸機に応用されるはずでした。これは巻貝や動物のツノなど、自然界に見られる求心的な渦巻き形状のパイプに水を流すと、吸引力が生じることを利用したものでした。

IMG_3025.jpg
(飛行機の先端にリパルシンを取りつけると・・・)
IMG_3026.jpg
(リパルシンによって吸引力を得て、飛行機は飛ぶ)

そこに潜水艦や飛行機が吸い込まれることによって、推進力となるのです。リパルシンが独特の形状をしていたため、「ヴィクトル・シャウベルガーは、空飛ぶ円盤を発明した」などと言う説も生まれました』

従来の遠心的なエネルギーとは対極をなす求心的な推進システムは革新的と言われたが、シャウベルガーは古代にこのシステムが存在したと信じていた。

イェルク氏が続ける。
『これも祖父から聞いたことですが、古代人は磁力の強さを変化させて、地球の引力を断ち切り、反重力を得る技術を持っていたと、古代インドの文献には書かれているそうです』

初期のサンスクリット文書には、古代のビマーナという乗り物が、同じ推進システムを搭載していたと書かれている。バガヴァッド・ギーターのような古代の文書は、単なる神話ではなく歴史的科学的な事実が記されたものだと、シャウベルガーは本当に考えていたのだろうか。

前出のチルドレス氏が語る。
『当時のドイツでは東洋研究がたいへん進んでいて、古代のサンスクリット語の文章をドイツ語に翻訳もしています。ビマーナがどういったものかも、知られていました。ですから、ビマーナと人工竜巻を使用したシステム、それにシュヴァルツヴァルトに墜落したと言われる宇宙船の技術すべてを掛け合わせることによって、ドイツ独自の空飛ぶ円盤を設計したのです』

1939年。フライブルクのUFO墜落事故から三年経って、ドイツ人科学者達は、ハウニブ型と呼ばれる空飛ぶ円盤型の飛行機を開発した。初期の試作機は8人乗りで、直径は25メートルだった。

IMG_3027.jpg
(ハウニブ型のドイツ製円盤【図】)

チルドレス氏が続けて語る。
『ハウニブ型円盤は、大きなドーム型の物体に窓の付いた小さめの半球が乗ったような、典型的な空飛ぶ円盤の姿をしていました。円盤には、球状の稲妻のような玉が2つ付いていました。そこから放出されるマイナスとプラスの電子が上部へ流れることで、浮力を得ていたのです』

作家のジム・マーズ氏が語る。
『空飛ぶ円盤をナチスが保有していたと、これまで何度も耳にしました。私が思うに、彼らは人では無い生物と接触し、その生物から教わった最新鋭技術を、戦争が終わるその日まで開発し続けていたのではないでしょうか』

ナチス党員で異星人の存在を信じる者は、どれだけいたのだろう。ヒトラー総統とその者達との関係は、異星人との接触のために何を行なっていたのだろうか。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
今回のテーマは、ヒトラー率いるドイツ帝国が終戦間際まで、いわゆる地球製UFOを開発していたのではないか、という話である。巷でささやかれている、宇宙人と接触した秘密結社を通して、地球には無い技術を手に入れたのだと。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -