So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の1件 | -

NASA(アメリカ航空宇宙局)の見解 [特別編]

《特別篇》として、過去に宇宙あるいは地球上で起こった不可思議な現象についてアメリカのNASAが出した見解を、今回は紹介します。

【現象1】ロシア上空に突然現れた火の玉。それは空中で何かに迎撃され、破壊されたかのように見えました

IMG_2752.jpg
(目も眩む閃光と共に火の玉が落下してきて・・・)

2013年2月15日、ロシア南部の工業都市チェリャビンスク。学校や職場で、一日が始まったところでした。午前9時20分。目も眩むような光が、町を照らします。人々は、外へ飛び出しました。光は、突然消えます。驚いた人々は、巨大な飛行機雲のようなものを、カメラに収めました。数分後、衝撃波が町を襲いました。

爆風の威力は、最低で長崎の原爆の25倍。窓ガラスが、粉々に砕けます。町の人々は、納得のできる説明を探し求めました。インターネットでは、ロシアへの攻撃だというウワサが広がります。極右の政治家は、アメリカの仕業だと主張しました。

モスクワでは、NASAの科学者スラバ・テュリシェフが、答えを探していました。

『情報が錯綜し、不安が高まっていました。単発の現象か、それとも同じことがあるのかと』

NASAが原因究明を急ぐ間にも、謎はさらに深まります。元英国国防大臣のニック・ポープ
氏が語る。

『直後から、ウワサが広がり始めました。あの火の玉は、ただ落ちたのではないというのです。何かが火の玉に向かって行って、それを破壊したらしいと』

何かが衝突したように見える映像は、人々の興味をそそります。NASAは、何十というカメラで撮影された映像を、時系列に従って詳細に調査しました。そして、下した結論は?

チェリャビンスクの人々が目撃したのは、大気圏に突入して分解する隕石だったのです。
火の玉を破壊したように見えたのは、一緒に飛んでいた隕石の破片だったのです。しかし、町を破壊されたチェリャビンスクの人々は、NASAの説明に納得しませんでした。

あのすごい衝撃波に見合うクレーターを探してみても、直径数メートルのものが見つかっただけ。しかし、隕石の専門家ローレンス・ガービー教授によれば、巨大な物体が超音速で大気を切り裂くことで、あのような破壊がもたらされるのだと言います。ガービー教授の話。

IMG_2753.jpg
(落下して来た火の玉は、途中で人々の視界から消えて・・・)

『人々は、まず隕石が砕け散るのを目撃しました。その時点では、何も聞こえません。光は一瞬にして届くので、まず見えるんです。しかしその間にも、音速で私達に近づいてくるモノがありました。それは衝撃波です。それが、町中の窓を一瞬にして割ったのです』

町の上空を超音速で飛ぶ破片が、あの衝撃波を発生させていたのです。もっと壊滅的な破壊もあり得ました。地球の大気がクッションになって、隕石の破壊力を弱めたのです。NASAによれば、大気がクッションになり得たのは、隕石が比較的柔らかな岩石だったからです。直径17メートルのこの隕石が金属だったなら、その破壊力は恐ろしいものだったでしょう。

IMG_2754.jpg
アメリカのアリゾナには、巨大な隕石が直接地上に落ちたため、できたクレーターの縁(へり)が盛り上がり、高さ45メートルの丘のように見えます。地球近辺には、金属でできた小惑星が8万個以上あります。中には、地球に向かっているものがあるかもしれません。
(終わり)


【現象2】突然太陽の近くに、大きさが地球の10倍はあるような巨大な影が見えだした。それは、映画スターウォーズに出てくる「デススター」のような丸い宇宙船なのか?

IMG_2755.jpg
(黒く丸い物体が、ノズルを出して太陽とつながった様に見えるが・・・)

2012年3月、地球周回軌道を回る太陽観測衛星から届いた映像に、不吉な影が映っていました。あのダースベイダーが乗っていたデススターのような影でした。惑星サイズのノズルが、黒い球体と太陽をつないでいる様に見えます。この光景を見て、何者かが意図的に太陽に近づいたという憶測も生まれました。

SF作家で天体物理学者でもあるブライン博士が語る。

『燃料補給のために、何者かが太陽に近づいたのかも?』

IMG_2759.jpg
太陽は、いわば巨大な核融合炉。燃料補給には最高です。宇宙でもし燃料補給をするとすれば、宇宙船が太陽のような恒星に接近して、エネルギーを吸い上げるという方法が考えられます。あの映像は、正にそれでした。

しかし、太陽の大気であるコロナの温度は、百万度以上あります。私達の宇宙船は、近づけません。私達よりも進んだ技術を持つ宇宙人がいたら、どうでしょう。太陽にあれほど近づいても蒸発しない宇宙船を造るには、画期的な技術が必要です。

IMG_2761.jpg
燃料補給を終えたデススターが巨大なノズルを引き揚げ、銀河系のどこかへ破壊をもたらしに行った。そんなことはあるはずが無いと、NASAはこの黒い球体について科学的な説明を試みます。その説明もまた、驚くべきモノでした。

デススターように見えたのは、プロミネンスの中にできた磁気のバブル(泡、気泡)だと思われます。太陽の縁には、炎のように吹き出すプロミネンスがあります。それが、ノズルのように見えたのです。そして、デススターかと思われたのは、プラズマで満たされた木星サイズの磁気のバブルでした。

黒い球体を浮かせていたのは、磁場です。それは、絶えず変化します。磁気バブルはやがてはじけ、プラズマを噴出させます。地球からは見えなくても、太陽では常に爆発が起きているんです。

NASAの映像に映っていたのはデススターではありませんでしたが、地球文明への危険因子であることは変わりありません。デススターかと思われたものより、はるかに大きな磁気バブル。噴出させるプラズマの量は、一千倍にもなります。

地球を直撃すれば、甚大な被害が出かねません。人工衛星も電子機器も、機能しなくなるでしょう。通信障害が発生し、送電システムに障害が起こるでしょう。

地球の運命は、太陽にかかっているのです。太陽の活動次第で、地球は氷河に覆われることも、ジャングルに覆われることもあります。そして、一面の砂漠になることも。太陽の危険性を、私達はもっと認識するべきでしょう。
(終わり)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ロシアの隕石事件では、怪我人1500人程を出したが、地上への直撃を免れたため、甚大な被害にはならなかった(被害総額は約30億円と言われる)。宇宙にゴミのように浮遊している隕石が、いつ地球に落下してくるとも限らないことを考えると、恐ろしい。

デススターがホントだったら、これも怖い。だが、我々に恵みをもたらす太陽が、半面でとても危険な存在であることを、いつも意識しておかねばならない。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -