So-net無料ブログ作成

宇宙人を探す・1 [宇宙人26/宇宙人を探す]

2015年7月20日、イギリスのロンドン。王立協会は、理論物理学者のスティーブン・ホーキングや地球外知的生命探査(SETI・セティ)の設立者フランク・ドレイクなどの科学者たちが参加するプロジェクトを発表した。ロシア人の大富豪ユーリ・ミルナーが指導する「ブレイクスルー・リッスン」である。

IMG_3503.jpg
10年という期間と一億ドルが費やされるこのプロジェクトは、地上最大規模の範囲で宇宙の通信を傍受し、地球外生命体を探すことを目的としている。年間数千時間、北アメリカとオーストラリアの電波望遠鏡で受信したデータを分析して、太陽系の彼方からの電波信号を探索すると言う。

IMG_3504.jpg
(電波望遠鏡を使って宇宙からの電波を傍受)

天体物理学者のコートニー・ドレシング女史が語る。
『このブレイクスルー・リッスンというプロジェクトが画期的なのは、膨大な数の星を調査するだけで無く、これまでの十倍に及ぶ範囲で探査が行なわれるからなんです。ある時期から、地球外生命体の存在について見解が一致したのだと思います。今は宇宙を観測して、生命を維持できる惑星を科学的に探し出すことが可能になってきました。地球外に生命体が存在する見込みが高いことも、解ってきているんです』

ブレイクスルー・リッスンは、主流の科学者達が地球外の知的生命体を探す目的で立ち上げた初の一大プロジェクトだ。会見の中で、スティーブン・ホーキングはこう述べた。
【はてしない宇宙には、他の生命体がいるはずだ。この何よりも大きな謎の答えを、探すべき時が来た】と。

新プロジェクトの立ち上げは価値のあることだが、地球外に生命の存在を探す試みは長年続けられてきた。1947年頃に起きた一連の出来事によって、アメリカ政府による宇宙人探しが始まったと、

ジャーナリストのリンダ・ハウ女史は語る。
『1947年に、警察や空港に少なくても800件の報告が寄せられたというデータが残っています。人々が、得体のしれない飛行物体を見たと言ったのです。中でも重要なのは、ワシントン州のレイニア山付近で起きた事件でしょう。これは世界中で報道されました』

作家のニック・レッドファン氏が語る。
『1947年6月24日、実業家のケネス・アーノルドが自家用機で飛んでいた時のことです。レイニア山の近くにさしかかると、突然目の前を正体不明の奇妙な飛行物体の一群が飛んで行ったと言います』

MUFON代表のジャン・ハーザン氏は語る。
『二つの山頂の距離からその奇妙な飛行物体の速度を算出すると、時速1900~2700キロだったそうです。その時代、時速1000キロを超える航空機はありませんでした。間違いなく、地球で作られたモノでは無かったのです。アーノルドは後に、その飛行物体は平たい形で、水面を跳ねる皿のような飛び方をしていたと説明しました。
 そこから、空飛ぶ円盤という言葉が生まれたのです。アーノルドの目撃報告から数日以内に、アメリカ北西部で同じような飛行物体を見たという報告がさらに20件もありました。それがきっかけとなり、何百もの報告が殺到したのです』
*MUFON(ムーフォン)とは、1969年にアメリカで設立されたUFOの民間調査組織のこと

そうした目撃報告からわずか二週間後に、有名なロズウェル事件が起きた。だが、軍当局の宇宙人探しに拍車をかけたのは、その一日前に起きたUFO遭遇事件だったという。

前出のMUFON代表のハーザン氏が続けて語る。
『1947年7月7日、ミューロック陸軍飛行場と呼ばれていたエドワーズ空軍基地で、J・C・ワイズ少佐が試作戦闘機の離陸準備をしていると、周りの人々が遠くの空を見上げていることに気付きました。見ると、上空およそ三千メートルの所で、直径2~3メートルの黄色く光る物体が回転していたと言います』

作家のマイケル・バラ氏が語る。
『そのあと将校たちは全員、UFOらしき飛行物体を見たかどうかを調査票に記入させられ、目撃した物や調査票に書いた内容は口外しないよう、指示されたのです』

前出のレッドファン氏が語る。
『1947年の夏までに膨大な数のUFOの目撃報告が軍に届いたことから、ライトフィールド基地(ライトパターソン基地の西半分のこと)のネイサン・トワイニング中将は、すべての目撃報告を集めるための新たな体制を作りました。その結果、アメリカ軍の中に「プロジェクト・サイン」というUFO研究プロジェクトが設置されたのです』

IMG_3505.jpg
1948年1月22日。アメリカ政府は、UFO現象を研究する極秘プロジェクトの設置を初めて許可した。それが、「プロジェクト・サイン」である。

IMG_3506.jpg
(世に有名なプロジェクト・ブルーブック)

作家のウィリアム・ヘンリー氏が語る。
『チーム・プロジェクト・サインは目撃されたUFOが本物であると主張し、地球外から来た可能性を示唆しました。ところが、軍の上層部がその報告書を修正して「プロジェクト・グラッジ」に名称変更した後、最終的には「プロジェクト・ブルーブック」になりました』

前出のレッドファン氏が語る。
『空軍は、UFO現象が本物だという証拠や、国の安全を脅かすものである証拠が無いという理由で、プロジェクト・ブルーブックも廃止しました。1948年から1969年までに、アメリカ空軍は12618件の目撃報告を集めましたが、そのうちの701件はいまだに解明されていません』

空軍当局は、地球外の飛行物体が存在する明確な証拠が見つからなかったと報告しているが、プロジェクト・ブルーブックに参加した重要人物は異論を唱えている。その人物とは、オハイオ州立大学の物理学部及び天文学部の教授J・アレン・ハイネック博士だ。彼はプロジェクト・グラッジとプロジェクト・ブルーブックの科学顧問だった。

前出のMUFON代表・ハーザン氏は語る。
『空軍の科学顧問に就任した当初、ハイネック博士は純粋に疑念を抱いていました。UFO現象はバカげている、と考えていたほどです。ところが、研究に深く関わり、戦闘機のパイロットのような信頼できる目撃者たちから話を聞くうちに、UFO現象は無視できないと悟ったのです。
 後年、ハイネック博士はUFO現象に関する見解を変え、二つのことを語りました。空軍は、まるで強制されているかのようにUFOに関するあらゆる目撃情報に関して答えを出そうとしていたこと。そして、自分は、非常に信頼できる目撃者の証言によって、UFOが本物だと信じるようになったこと』

その間、UFO研究者や学者たちは、情報公開法を利用してプロジェクト・ブルーブックの情報を入手しようと試みた。だが、目撃者の名前などの個人情報が黒く塗りつぶされており、さらなる調査は妨げられたという。

前出のヘンリー氏は語る。
『UFOの目撃報告が機密扱いにされているということは、アメリカ政府の上層部やそれ以上の権力者は、地球外生命体が人間社会に介入していることを認識している可能性があります。過去60年間、隠ぺいされてきたのではないでしょうか』

プロジェクトが極秘にされているのは、J・アレン・ハイネック博士の驚くべき主張が真実だからなのか。地球外の飛行物体との接触は、一般市民に知らされてはいないのか。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、そのとおりだと言う。そして、人類は遥か昔から、宇宙人とコンタクトして来たと主張する。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
あるスジの話では、宇宙人の存在を人類に知らせるには段階を踏む必要があるとしている。人類にはその準備がまだできていないため、宇宙人に関する情報は公開されないのだと言う。国連には、宇宙人がコンタクトしてきた場合に活動する部署がすでに存在するという。これは、宇宙人が存在することを認めているようなものである。人類に必要な段階とは、いったい何だろう。


スポンサーリンク



nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 8

コメント 0

コメントの受付は締め切りました