So-net無料ブログ作成
宇宙人9/オリオン座と知的生命体 ブログトップ
前の2件 | -

オリオン座と知的生命体・1 [宇宙人9/オリオン座と知的生命体]

2006年1月11日。ハッブル宇宙望遠鏡によって、かつてないほど鮮明なオリオン星雲の写真が撮影された。この天体は、地球から1500光年離れた巨大星雲である。画像には、様々な進化の段階にある三千を超える星々が写し出されていた。
IMG_1705.jpg
これにより、天体や惑星系が誕生する過程についての理解が、一層深まった。現代では、塵とガスが集まったオリオン星雲の中では、何十億年も前から恒星や惑星が誕生して来たと考えられている。

この星雲の名前はM42だが、星が生まれることから「星のゆりかご」とも呼ばれている。そのため、天文学会の注目を集めているのである。星が生まれているということは何かが起こっているということであるが、その仕組みについてはまだ十分には解かってはいない。地上から見上げると、夜空を彩る星座の中でもオリオン座はとりわけ際立っており、太古の昔より世界各地の古代文明で崇められてきた。

オリオンは、紀元前8世紀のギリシャ神話に登場する人物で、星はそれぞれオリオンの頭、肩、ベルトそして脚を表している。オリオン座は見つけやすく、天の赤道近くに位置し、北半球では冬に現れる。
IMG_1708.jpg
よく知られる三ッ星は、アルニラム(Alnilam)、アルニタク(Alnitak)、ミンタカ(Mintaka)と呼ばれ、これがベルトにあたる星になる。この三ッ星は、オリオン座を見つける際の目印になることが多い。

ギリシャ神話の中でオリオンは、超人的な力を生まれながらに持った巨人で、折れないブロンズ製のこん棒で獣を打ち倒す勇猛な狩人である。英雄と称えられたが、最後は命を絶たれ、天に召されて星座となった。

オリオンの父は、海の神ポセイドンである。そのため海に詳しく、水の上を歩くことが出来たと言われている。海の中を歩く時も肩から上は海に浸からなかったという、オリオンの巨大さを物語る話もある。

星座には、ギリシャ神話の有名な神にちなんで付けられたものが数多くある。星の様子や名前の由来などを語る文書も、数多く残されている。宇宙や天の星々のことを記録に残すことは、本来は神の住む世界について記すことと考えられていたのである。

エジプトを始め世界中の伝説の中で、オリオン座は「大股で歩く男の姿」と語られている。古代ギリシャでは狩人と呼ばれ、巨人と呼んだ文明もあった。この星座は、常に「人間の姿」として捉えられているのである。

オリオン座は、実在した人物にちなんで名づけられたのだろうか。神と人の血を引くオリオンと、その姿をかたどった星座が崇められた理由が、他にもあるのではないか。

古代ギリシャを2000年以上さかのぼったある文明の起源を伝える物語の中に、答えが見つかると言われている。ナイル川流域に繁栄したエジプト文明である。エジプト神話では、オリオンの三ッ星と最も明るい星であるシリウスから、神が降臨したと語られている。

著作家のロバート・ボーバル氏に話を聞いた。
『古代エジプト人は、オリオンとシリウスからやって来たオシリスとイシスが人間の姿で降臨し、人類が誕生したと考えました。ですから、オシリスとイシスを象徴とする星として、シリウスとオリオン座は極めて重要だと考えました。この二神からエジプト文明が始まり、人類文明が発展していくのです。古代エジプト人にとってオリオン座は、偉大な神オシリスが具現化したものでした。この星座はいつも天界から地上を見下ろし、人間を見守っていると言われています。人が死んだ時に永遠の命を与えられるか、それとも苦痛に満ちた世界にふたたび送り返されるのか、その決定を下すのがオシリスなのです』

ボーバル氏が続けて語る。
『古代エジプトでは、オリオンが天地創造に結びつけられていました。魔術のように世界が造られたことを古代人は語っていますが、この言葉をきちんと理解すれば、オリオン座が実際には何を意味していたのかが解かります。世界の創造にオリオン座が関係しています。そして古代において、創造を担うのは神でした』

また、古代宇宙飛行士説の提唱者のエイリッヒ・フォン・デニケン氏はこう語っている。
『人々はオリオン座とオシリスを重ね合わせ、いつの日かこの星座からオシリスが地上に戻ってくると信じていました。いつの日か神は帰ってくるという概念は、多くの古代文明に共通してみられるものです。そして、私達は今も帰りを待っているのです』

IMG_1709.jpg
     (左;オシリス 右;イシス)

古代エジプトの創世神話は、人類の起源について記したものだったのだろうか。そうだとすれば、他にも証が石に刻まれて残っているのではないか。
IMG_1712.jpg
      (ピラミッド・テキスト)

紀元前2400年にピラミッドの内壁に刻み込まれた「ピラミッド・テキスト」は、当時の宗教観を記したものだ。ここには、古代のルナス王が30年の統治を終えたのちに、オリオン座へ向けて死出の旅に出たことが綴られている。

古代宇宙人の専門誌を発行するジョルジョ・ツォカロス氏は、次のように語っている。
『ピラミッド・テキストの中には、ルナス王に逆らう者や、神すらも殺してその肉を食らうことで強大な力を持つに至ったと書かれています。この発想は、偉大な人物の肉体を食べることで、自分の中にその力を取り込むという呪術的な儀礼から生まれたものだとも、言われています。王は神の身体を食し、その魂と力を得て、オリオン座へと旅立っていったのです』

ピラミッド・テキストが、事実を記しているとは考えられないだろうか。ルナス王は、どうやって天に上ったのだろうか。

神話学者のウィリアム・ヘンリー氏に訊いた。
『古代エジプト人の言葉に耳を傾ければ、ピラミッドが墓ではなく、転生の子宮、つまり生まれ変わる場所だったことが分かります。人間だったファラオは、ピラミッドに備わった科学技術の力によって、神に生まれ変わったのでしょう。ファラオは宇宙へ飛び出し、また地球へ戻る能力もピラミッドの中で得て、天界の者になったのです』

人々は、ケネディ宇宙センターに造られたロケットの発射台のようなモノを、王の為に作ろうとしていたようなのだ。つまり、亡くなった王の魂をオリオン座に打ち上げるための装置を、造ろうとしていたようなのである。 
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
オリオンの命を絶ったのは、サソリの毒だと神話では言われている。だから、オリオン座とサソリ座が同じ夜空に見えることはないのだ。サソリ座が昇ってくると、逃げるようにオリオン座は西の空へ沈んでいく。これは、学生の時に天文同好会に所属していて教わったお話。

nice!(8) 
共通テーマ:テレビ

オリオン座と知的生命体・2 [宇宙人9/オリオン座と知的生命体]

古代エジプトのファラオ(=君主の称号のこと)達は、ピラミッドを使うことで、オリオン座と地球との間を行き来することが出来たのだろうか。古代宇宙飛行士説では、大ピラミッド内部に埋め込まれた通気口を調べることで、その裏付けが得られると考えている。この通気口は、オリオン座とシリウスを指すように作られているのだ。

ピラミッドに詳しい作家のパトリック・フラナガン氏が語る。
『ピラミッドやギザ台地に建てられた構造物、それに王の間や王妃の間から延びた通気口などすべてがオリオン座に結びついていることは、数多くの科学的なデータによって裏付けられています。これは地球外生命体がどこから来たかを私達に知らせるための、暗号だったのかもしれません』

また、作家のデビッド・チルドレス氏はこう語っている。
『ギザの三大ピラミッドがオリオン座の三ッ星をかたどって並べられているという概念は、大変興味深いものです。これは何を意味するのでしょう?ギザには星と星を結ぶ移動装置が作られていて、その行き先がオリオン座だったことを表している様にも思えるのです』

なぜ大ピラミッドには、オリオン座に向けられた通気口が作られたのか。ピラミッドは、地球とオリオン座とを結ぶ天の門だったとは考えられないだろうか。これは、我々が宇宙から来たことを示す更なる証とも呼べるのではないか。

ヌビア砂漠の真ん中に、手がかりが残されているという説がある。ここでは、オリオン座の方向を示すように建てられた世界最古の巨石建造物が見つかっている。

エジプト南部。サハラ砂漠の東の端、カイロから800キロ余り南下した荒涼たる大地に、ナブタ・プラヤと呼ばれる謎の遺跡がある。発見は1974年で、科学者のチームによって、巨石群が付近一帯に建てられていることが確認された。

この遺跡は、エジプト文明が起こる直前の紀元前6400年から3400年頃まで繁栄した文明のもので、巨大な宗教施設だったと考えられている。

ピラミッドの謎に詳しいロバート・ボーバル氏が語る。
『サハラ砂漠の東、エジプトの南部に当たる地域には数多くの先史時代の遺跡がありますが、ナブタ・プラヤは村落の遺跡ではないと言う点で非常に珍しい遺跡です。ここは催事を執り行う施設であり、不思議なものが残されています。中でも砂漠のミニ・ストーンヘンジと呼ばれる「ストーン・サークル」は、群を抜いて奇妙なモノです』

IMG_1715.jpg
円形に並んだ石の中にオリオン座の三ッ星がかたどられているが、30年以上が経った今でも、考古学はこの謎を解明できてはいない。

『ナブタ・プラヤを作った人々が物理学と数学の知識を持っていたことが、この構造物に表れています。又、人々はオリオン座のことについても、深く理解していたようです』
こう語るのは、作家のジェイソン・マーテル氏である。

元建築技師のロバート・ボーバル氏と宇宙物理学者のトーマス・ブロフィ氏は、この謎の遺跡を10年以上研究し続けてきた。ふたりが共同執筆した書籍には、このストーン・サークルが星図で夏至の日に見えるオリオンの三ッ星を正確に写し取ったものだと、書かれている。

トーマス・ブロフィ氏の話。
『小ぶりな石の遺跡は、カレンダー・サークルと呼ばれます。巨石は星の方角を表し、カレンダー・サークルは長い時間枠の中で天がどう動くかを表しています。ナブタ・プラヤのカレンダー・サークルは、石の大きさは人間のヒザほどの高さで、遺跡全体の大きさは直径四メートル程です。円に沿って四対の石柱が向かい合って建てられています』

IMG_1717.jpg
IMG_1718.jpg
放射性炭素年代測定が行われた結果、ナブタ・プラヤが建てられたのはおよそ七千年前とみられている。この年代を考慮に入れて、ブロフィ氏はストーン・サークルや中央に置かれた石柱の位置を調べてみた。すると、中央の石柱が紀元前4900年の空に見えたオリオン座の三ッ星を正確に描いていたことが判ったのだ。

IMG_1721.jpg

前出のブロフィ氏が語る。
『当時夜空を見上げると、この三つの石柱と丁度同じようにオリオン座の三ッ星が見えていたのでしょう。つまり、この遺跡は夜空の星を写し取った星図だったと考えられます』

一部の研究者の間で言われるように、ナブタ・プラヤの石柱は七千年前の夏至の直前に見られるオリオンの三ッ星と完全に一致するように並べられていたのだろうか。これが事実なら、古代人はどのようにして、また何のためにオリオン座の星図を作ったのだろうか。ナブタ・プラヤの人々は、紀元前3400年頃に忽然と姿を消している。

およそ100キロ東のナイル川流域では、ちょうど同時期にエジプト文明が起こっており、人々はここに移ったとも考えられている。

前出のロバート・ボーバル氏が語る。
『ナブタ・プラヤで使われた天文学は、エジプト文明のものと全く同じでした。そうなるとファラオの起源は、何千年も前の先史時代の人々にまでさかのぼることになります。この人々はスターピープルと呼ばれ、エジプト文明が起こる遥か昔に、まだ肥沃だった頃のサハラに住んでいました。スターピープルの起源を探してみたところ、エジプトの南西の端に行きつきました。ここには、洞窟の壁にスターピープルの絵が残されていたんです。中には背が高く細身で、奇妙な頭の形の人物も描かれていました。これは芸術的な表現なのかもしれませんが、謎の多い壁画です』

IMG_1722.jpg
スターピープルとは、何者なのか。オリオン座の位置を知ることを、なぜ人々は重視したのだろうか。この文明は、忘れ去られた偉大な文明の一つだったのだろうか。あるいは、スターピープルとはその名の記す通り、宇宙から来た来訪者だったのではないか。

オリオン座のことを、さらに深く理解していた文明があるという。この文明は、並外れて高度な天文学の知識を持っていた。(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
ギザの大ピラミッドは、実はオリオン座の三ッ星と地球とを結ぶ瞬間物質移送装置だったのではないかという話。話がデカすぎる。アメリカではすでに、瞬間物質移送装置を使って、火星と地球とを行き来しているとか・・・

nice!(7) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - 宇宙人9/オリオン座と知的生命体 ブログトップ