So-net無料ブログ作成
宇宙人15/ミステリーサークル ブログトップ
前の2件 | -

ミステリーサークル・1 [宇宙人15/ミステリーサークル]

2015年6月23日、イタリアのトリノ。パイロットのシルビオ・シオットは、地元の空港へ向かう空路を飛行中に、麦畑の上に不思議な図形が押しつけられた様にして描かれているのを見つけた。

IMG_2318.jpg
飛行頻度の高いこの空路の下で、いつこのような図形が描かれたのか、調査は難航した。この図形の謎は、未だに解き明かされてはいない。このようなミステリーサークルの出現は、何十年も前から続いている。あるいは、もっと前からかもしれない。

これまでに、世界各地で1万を超えるミステリーサークルが見つかっている。世界中のすべての大陸の50を超える国で、発見されているのだ。ミステリーサークルとは、田畑の作物が何かに押しつぶされ、図形や模様が描かれる現象を指す。

ごく小さな円形から幅が100メートル以上に及ぶ手の込んだ模様を持つモノまで、さまざまだ。また、田畑の種類も多岐に及ぶ。小麦畑、大麦畑、菜の花畑、トウモロコシ畑など。始まりは、1960年代半ばだった。

ジャーナリストのリンダ・ハウ女史に聞く。
『1966年、オーストラリアのクイ―ンズランドの出来事です。農家の主人が、ブンブンと唸るような音を聞きました。そして、アシが生い茂った湿地帯から10メートル近くある円盤型の航空機が上昇していくのを、目撃したのです。円盤は消え、地面には丸い跡が残りました』

ミステリーサークル研究家のチャールズ・マレット氏が語る。
『最初はごく少数で単純なミステリーサークルが、世界各地にぽつりぽつりと出来始めました。1960年代、70年代、80年代はわずかでしたが、1990年になると世界中で急増したのです』

1991年までに、23の国で2500を超えるミステリーサークルが報告された。ジャーナリストとして30年程の経験があるリンダ・ハウ女史は、当初からこの現象に注目していた。彼女はたくさんの写真やレポートを調べたが、まったく人の足跡が見当たらないのだという。

IMG_2319.jpg
作物の茎が折れておらず、周辺を人が歩いた形跡も無い。誰が、なぜこのような図形を作ったのか、皆が疑問に思った。科学者や気象学者も現場に集まり、調査に参加した。とても大掛かりな調査だったという。

元英国国防大臣のニック・ポープ氏が語る。
『政治家、科学者、UFO研究家の誰もが頭を悩ませました。これは一体何だろうと。宇宙人の仕業だとか、何らかの気象現象だとか、様々な意見がありました。いたずらだと言う人もいました』

IMG_2321.jpg
1991年9月9日。イギリスのある地方で、ダグ・バウワーとデイブ・チョーリーという二人の男性が、ミステリーサークルを作ったのは自分達だと名乗り出た。ふたりは板とヒモだけを使って、畑に図形を描いていく様子を実際に示して見せたのだ。

『あのニュースを見たときのことは忘れません。ふたりの男性が、すべてのミステリーサークルは自分達の仕業だと言ったのです。私は長年研究していましたから、そんなはずは無いと思いました。ふたりは23か国を歩いてはいませんし、彼等の図形は精度が低く、幾何学的とは言えませんでした。本物のミステリーサークルを見たことがある人なら、まったく別物だと分かります』

あの当時のことを、リンダ・ハウ女史はこう振り返った。ダグとデイブのことは地元の新聞でも取り上げられ、ほとんどの人はこの話を鵜呑みにした。

前出のニック・ポープ氏が語る。
『一部には、ダグとデイブは政府の手先だという人もいます。政府は、ミステリーサークルをいたずらだとして信憑性を落とすことで、それ以上メディアが寄り付かないようにし、誤魔化そうとしたのです』

IMG_2322.jpg
ミステリーサークルは、単に現代の大掛かりな悪ふざけであり、それ以上の意味は持たないのか。古代宇宙飛行士説の提唱者は、ミステリーサークルは現代に始まったいたずらなどではなく、何百年も前から続く現象だと主張する。

アメリカ資料館館長のジョナサン・ヤング氏に話を聞く。
『西暦815年に、リヨンという司祭が別の司祭に残した記録によると、その土地の人々は悪魔崇拝に関わっていたというのです。平らな円形に押しつぶした作物から種を集め、豊作を祈るという儀式でした』

また、作家のデビッド・ウィルコック氏が、つぎのように語る。
『1600年代には、不思議な出来事が起こっています。当時の科学者ロバート・プロット博士は、イギリスのスタッフォードシャ―にある自分の土地で、ミステリーサークルを見たと報告しています。博士は、当時見たものを絵に描いていました。また、同じ頃に、「草刈りデビル」と呼ばれる奇妙な伝説も伝わっていました』

IMG_2324.jpg
出版編集者のジョルジョ・ツォカロス氏が語る。
『最も古いミステリーサークルの事例の一つに、イギリスの小麦畑で起きた「草刈りデビル」というものがあります。当時、この事件を現す木版画が作られました。ツノの有る黒い生き物が草を刈るようすが描かれていますが、どう見てもミステリーサークルのようです。誰かが、又は何かが小麦畑に図形を作ったと考えられていたのです。これは1678年に起きた出来事です。中には、死海文書*にミステリーサークルに関する記述があると主張する人もいます』
*(しかいもんじょ);ヨルダン川西岸地区の遺跡周辺で発見された、主にヘブライ語聖書で作られた写本群の総称

死海文書では、地面に謎の図形を残す光の存在について言及されている。大麦畑と大豆畑に残されたこれらの図形は、ミステリーサークルではないかという解釈である。ミステリーサークルは、何百年もしくは何千年も前から存在したのだろうか。

そうだとすれば、一部はいたずらとして実証されたとしても、その他多くは別世界の何者かと関係しているのではないか。その真相を突き止めるため、実際に人の手によるミステリーサークルと比較してみることにする。(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
幾何学模様が芸術的で、見ていて飽きない。ミステリーサークルを見ての感想である。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ミステリーサークル・2 [宇宙人15/ミステリーサークル]

イギリスのウィルトシャー州。ロンドンから西へ160キロほど離れたのどかなこの場所は、ミステリーサークル現象の始まりの地と言われている。この周辺は、謎めいた古代の史跡が多いことで知られている。ストーンヘンジ、エーヴベリー、シルバリーヒル、ウエスト・ケネット・ロングバローなどである。

『ミステリーサークルが集中するということは、この場所に何か特別な要素があると考えることができます。エネルギーの通り道だったり、又は交差点だったり、昔からこの土地の人々が瞑想や祈祷、宗教儀式などを行った場所なのかもしれません』
このように語るのは、ミステリーサークル研究家のチャールズ・マレット氏である。

古代宇宙飛行士説の提唱者ジョルジョ・ツォカロス氏は、ミステリーサークルに対し、別の角度からアプローチする三人の男達と会うため、ウィルトシャー州を訪れた。

IMG_2326.jpg
      (三人が作った畑アートの一つ)

ジョン・ランドバーグ、ログ・アービー、ウィリアム・ラッセルの三人は、二十年にも及ぶ畑アートの経験を持つ。ミステリーサークルの研究家たちが、完璧に再現するのは不可能だと主張する図形を、実験的に三人に作ってもらおうというのだ。

【ジョルジョ氏;G ジョン氏;L】

G;『2005年のある夜、一晩にしてゴールデンボールという形のミステリーサークルが作ら
  れたのです。大きさは、直径およそ30メートルです。そこで相談ですが、あなた方でこ
  の形を再現できますか?』

ツォカロス氏の呼びかけに応える三人。一晩でできたものなので、時間制限は7時間。三人は、早速自前の器具を用いて仕事を始めた。

IMG_2331.jpg
IMG_2332.jpg
チームは、まず巻き尺を使って測定をするところから始めた。どこから始めるかを決めたあと、三人は木の板を使って長く伸びた茎を倒しながら進み、図形を作り始めた。三人は、与えられた時間内に同じ図形を作ることができた。

G;『早かったですね。作業中は、何か問題はありませんでしたか?』
L;『茎が絡まり易くて大変だったけど、上から見るといい出来だと思うよ!』

出来上がった図形をオリジナルの写真と比べるため、ドローンを使って撮影してもらうことにした。専門家が、畑の上空にカメラを付けたドローンを飛ばす。

IMG_2333.jpg
     (左が本物、右が今回作られたモノ)

G;『(ドローンからの映像を見たツォカロス氏は)スゴイ!すごくよく再現できてい
  る・・・驚きました!』

再現された図形は、上空から観察するとオリジナルと瓜二つに見える。だが、研究者によれば、ミステリーサークルの真偽を見極めるには、上空から見るのではなく地上の作物の様子をみるべきだと言う。

そこで、この再現された図形を調べるため、ツォカロス氏はミステリーサークルの研究家チャールズ・マレット氏と会うことにした。マレット氏は、90年代からミステリーサークルの研究を続けている。そして、2005年、ゴールデンボールの図形が出現したとき、最初に調査を行ったのも彼だった。

【ジョルジョ氏とマレット氏の会話】
G;『ミステリーサークルを見て、それが本物か人工的なモノかを判断する時の、基準は何
  ですか?』

M;『人間も、見事なミステリーサークルを作ることが出来ます。本物かどうかを判断する
  には、近くでよく観察して証拠を見つけるしかありません。こうして立って見てみる
  と、表面上は見事な花畑が広がっています。でもその下を見ると、折れた痕が目につき
  ます。人が道具を使って足で押しながら進むので、グシャ、グシャ、グシャというよう
  に折れています。地面にはハッキリと折れた茎が見えますし、菜の花もかなり散らばっ
  てしまっています。それじゃ、さらに詳しく観てみましょうか。

IMG_2334.jpg
 (踏まれたことにより、茎がポッキリと折れている)

  近づいて一本一本の茎を観てみると、折れた部分をハッキリと観察することができま
  す。これなんか、いい例ですね。菜の花の茎に物理的な力が加わって折られたため、
  痛々しい傷になっています。こっちの茎も道具で押しつぶされたために、激しく損傷し
  ています』

G;『つまり、こういうことですか。人工的に作られたモノとは違い、本物のミステリーサ
  ークルはこんな風に折れてはいないと』

M;『そうです。(ジョルジョに写真を見せながら)これは、2005年に出来た実際のミステ
  リーサークルです。本物の場合は、こんな風に見えます』

IMG_2335.jpg
  (本物では、茎はしなやかな倒れ方をしている)

驚いたことに、2005年に出来たゴールデンボールの図形では、菜の花は少しも損傷していないのだ。なめらかに重なり合った菜の花は、明らかに板などの道具でつぶされたものとは異なることが判る。

2005年のゴールデンボールの写真を見ながら、マレット氏は語る。
『2005年のミステリーサークルには、機械的につぶされた形跡がありません。このため、色々な可能性が考えられます。どうやって作られたのか、私達にもまだ解かりません』

ゴールデンボールの図形が人工的に作られたものでないとすれば、いったい誰が、どのように作ったのだろうか。その真相を探るため、ミステリーサークルの現場に残された不可解な証拠の数々に迫ることにする。(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
本物のミステリーサークルでは、作物の茎がしなやかな倒れ方をしている。人間が作ったモノでは、根元から折れた茎が多数見つかるのだという。(なーんーて、なめらかー♬)

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - 宇宙人15/ミステリーサークル ブログトップ