So-net無料ブログ作成
宇宙人17/バベルの塔 ブログトップ
前の2件 | -

バベルの塔・1 [宇宙人17/バベルの塔]

地球外生命体には、人類の進化を見守るグループと逆に人類を破滅させようとするグループがいる・・・

2013年、アメリカ合衆国ワシントンDC。UFOの情報公開(ディスクロージャー)に関する公聴会で、元アメリカ議会のメンバー6人が、政府機関や軍の元高官による様々な証言を訊いた。各分野の科学者達も参加し、人類と関わりのある地球外生命体の存在について話し合われた。

参加者の一人、カナダの元国防相ポール・ヘリアー氏が語る。
『世界の人々には、知る権利があります。飛行機と同様、UFOも真実なのです。宇宙は命に溢れている・・・』

元イギリス国防大臣のニック・ポープ氏は語る。
『元国防相や副首相が公の場で、UFOは実在し地球を訪れていたが、政府により隠ぺいされていたと発言したのです。これは驚くべきことです。そして、一部の宇宙文明は人類に関心を持っているものの、彼等の技術を私達に伝授したくないのだと、そう述べています。人類は、彼等の技術を使う準備ができていないからです。仲間を破滅させるために、核爆弾を使った訳ですから・・・』

この公聴会に参加した面々の中には、原子物理学者のスタントン・フリードマン、元空軍大尉のロバート・サラス、元連邦航空局職員のジョン・カラハンがいた。彼等は皆、地球は宇宙人の来訪を受けたというヘリアーの主張に賛同した。更に、来訪者たちは人類の技術発展に興味を抱いており、特に関心があるのは核兵器だとロバート・サラスは述べた。

ロバート・サラスの発言。
『彼等は人間のミサイルを知り尽くしており、いつでも停止させることが出来るのです。ですから、情報を開示すると言っても、何と言えばいいのか、我々人類には、彼等に抵抗する術がありません』

UFOの思惑は、何だろうか。地球外生命体はこの惑星を監視しており、人類の技術発展に何らかの形で介入しているのだろうか。古代宇宙飛行士説の提唱者は、そのとおりだと言う。そのもっとも古く有力な証拠は、聖書の中の物語「バベルの塔」に隠されている。

IMG_2518.jpg
旧約聖書の創世記には、バベルの塔は大洪水のあとのメソポタミアに建てられたとある。一説によれば、30階建て、およそ100メートルの高さがあったと言われる。人々がまとまり、団結して建てられた、地球と天界をつなぐ橋のようなものだ。

作家のバリー・ダウニング氏が語る。
『創世記第11章に、世界は同じ言葉を使い、同じように話していたとあります。やがて人々はまとまり、暮らしの改善を図りました。レンガを作り、建物を建てようとしたのです。誰かが天に届くほどの塔を建てて、名をあげようとします。尊大なことです。それは、神への挑戦です。尊大さのあまり、己を神だと勘違いし、高い塔を建てていったのです』

ダウニング氏は続ける。
『神は怒りました。天界は、人間の行動を見て思いました。「成功させてはならない」、成功すれば、次に何をしだすか分らないからです。神は、人間が協力して高い塔を建てることが出来るのだと知り、ならば、言葉をバラバラにしよう。そうすれば、塔を建てられないだろうと考えます』

宗教学者のロバート・カーギル氏によれば、この物語は、なぜ地球上にこれ程多くの言語があるのかを説明しているという。だが一方で、バベルの塔の物語は、人類の技術発展に興味を示した、地球外生命体に関する真実なのだという。

宗教指導者のアリエル・バー・ツァゾック氏は語る。
『聖書を取り巻くその他の文書からは、より深い物語を読み取ることができます。この塔は、何だったのか。古い資料によれば、これは天に届くことの出来る、古代の高度な技術なのです。大きな力を持つ天界の者たちは、人間たちの行いをじっと見ていました。そして、地球に降り立ち、塔を建てた人類を罰する必要があると考えたのです。どんな罰でしょう。それは、明確に記されています。人々の心に立ち入り、団結する精神を崩壊させたのです』

作家のデビッド・チルドレス氏は、次のように話す。
『バベルの塔の物語は、人類は己の技術を磨き、神もしくは我々を創造した地球外生命体のような存在になることなのです。しかし、人類は、技術的に高度な発展を遂げることを遮られたわけです』

また、作家のウィリアム・ヘンリー氏は次のように話す。
『バベルは、神への扉を意味します。神への扉は、ある意味、別の星への入口であり、天へと昇るための階段ではないでしょうか。人間が天への階段を上るのを見て、神は「これは行き過ぎだ」と感じたわけです』

IMG_2520.jpg
(神はお怒りになり、人々が団結しないように言葉を違えて・・・)
IMG_2519.jpg
(互いに争うよう運命づけた・・・)

バベルの塔という物語は、いわゆる神の決断と言う部分に大きく関わってくる。人間は違う言葉をしゃべり、互いに争う様、運命づけられたのだ。神は、人間が互いに衝突しあうことで神に抵抗しないよう、計らったのである。

古代宇宙飛行士説が言うように、別世界の者達は私達人類を監視し、その進化に介入したのだろうか。人類の技術が発展し過ぎないよう、バリアのようなモノを築いたのだろうか。その真相をさぐるため、古代文明の痕跡に目を向けてみる。それは、巨大な爆発によって破壊された文明である。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
世界中にたくさんの言語が存在する理由を、この「バベルの塔の話」が物語っていることは、実に興味深い。故・横山光輝著の「バビル二世」は、この「バベルの塔の話」を基に書かれている筆者お気に入りのマンガである。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

バベルの塔・2 [宇宙人17/バベルの塔]

1922年、パキスタンのシンド州。インド考古学調査局の職員が仏教の僧侶に案内され、ある宗教建築物が眠る場所へと足を運んだ。しかし、考古学者は砂の山に埋もれた別の物を発見する。紀元前二千年頃のインダスの都市である。その名は、モヘンジョ・ダロ。別名「死の丘」だ。世界最古と言われる文明の大発見である。

IMG_2521.jpg
(モヘンジョ・ダロの遺跡)

作家のウィリアム・ブラムリィ氏が語る。
『モヘンジョ・ダロは、当時としてはとても進んだ文明でした。公衆衛生も行き届いていましたし、メソポタミアとの貿易も盛んだったと思われます』

モヘンジョ・ダロの都市は、エジプトやメソポタミアの文明に匹敵するとも言われている。考古学者によれば、モヘンジョ・ダロにはかつて、三万五千人以上の住民がいた。しかし、ここで見つかったガイコツは、わずか43体だった。

モヘンジョ・ダロからインダスの人々が忽然と消えたことについては、様々な説がある。1977年、イギリスの研究家デビッド・ダベンポートは、モヘンジョ・ダロの一部がきわめて強力な爆発によって破壊されたことを裏付ける証拠を発見する。

ジャーナリストのエンリコ・バッカリーニ氏が語る。
『爆発の残骸が見つかりました。ダベンポートによれば、見つかったのはモヘンジョ・ダロの一部を破壊した大爆発の丁度中心にあたる部分だったようです。陶器やレンガが完全に溶けて融合し、ガラスのような状態になったものが発見されたのです』

IMG_2523.jpg
(石灰化したガイコツたち)

バッカリーニ氏によると、発見されたガイコツが石灰化していたことは、当時の住人達が瞬時に死亡したことを物語っているという。発見されたガイコツ達は、互いにしっかりと腕を組んだまま、焼かれていたのである。

長年立ち入りが制限されていたため、科学者たちはガラス化した残骸を分析できなかった。しかし2014年、鉱物学者のサム・アイアンガーがモヘンジョ・ダロの溶解した陶器の一部を入手し、一連の実験を行うことに成功した。

以下は、サム・アイアンガー氏の話。
『元素分析の結果、モヘンジョ・ダロの石はほとんどがケイ素とアルミニウムで、一部にカルシウムとカリウムが認められました。ところが、エックス線回折を行った結果、あることが判明したのです』

エックス線回折により、素材が形成されたプロセスを知ることが出来る。

アイアンガー氏の話は続く。
『エックス線回折を行った結果、結晶構造のピークと非結晶質のピークが見られる曲線が得られました。これは岩がガラス化している証拠です。この構成は火山岩と似ています。土がこのような状態に変化すると言うことは、非常に高い温度で加熱されたとしか考えられません。高い温度とは、摂氏二千五百度前後です。古代文明でそれほどの高温を人工的に起こすのは不可能ですから、何か不思議な力によるものでしょう』

この地が、とてつもない高温にさらされたことを示す陶器の残骸。これはモヘンジョ・ダロで、かつて大規模な爆発が起こったことの動かぬ証拠なのだろうか。

デビッド・ダベンポートとインドの古代ベーダ語を研究する仲間達は、爆発説を支持している。そして、モヘンジョ・ダロは、ランカー島だと主張した。ランカー島とは、ラーマーヤナというインドの古い叙事詩で滅びたとされている都市(島)である。

IMG_2525.jpg
(ラーヴァナ)
IMG_2526.jpg
(ヴィシュヌ神)

ラーマーヤナの物語によると、ランカー島の指導者であるラーヴァナが強くなりすぎたため、神・ヴィシュヌの怒りを買ったと言う。ヴィシュヌはラーマに姿を変え、力を持ち過ぎたラーヴァナと対決する。

IMG_2527.jpg
(ヴィシュヌ神は、ラーマに変身して・・・)
IMG_2529.jpg
(ラーヴァナとラーマの戦いの絵 右上にラーマが描かれている)

ヒンズー教学者のディーパック・シムカーダ氏が語る。
『ラーヴァナは、手強い相手でした。そのパワーの源は、神であるシヴァ自身です。彼はシヴァの熱心な支持者であり、シヴァはラーヴァナに武器を与えます。それは、神の武器とされる強力な武器です。とても強い破壊力を持っていました』

出版編集者のジョルジョ・ツォカロス氏が語る。
『とてつもなく大きな爆発が起き、太陽が50個分あるほどの明るい太陽になったと、表現されていました。そのため、モヘンジョ・ダロでなんらかの核爆発が起こったのだろうと、推測する人もいます。核爆発の可能性を示す記録が残されているというだけでなく、実際に物理的な証拠となるガラス化した石などが見つかっているので、間違いないと言えるでしょう。石がガラス化されたということは、非常に高い温度で加熱されたのです』

また、作家のデビッド・ウィルコック氏は次のように語る。
『これは神話でも迷信でもなく、きちんとした歴史的事実です。高度な技術を用いた戦争があったはずです。彼等は、人類が最先端技術を手に入れ、神に近づくことを懸念したのでしょう。そして、私達人類とオープンに関わったり、自分達の姿を明かしたりすることを禁じられていたのかもしれません。しかし、人類が地球を壊滅させないよう、監視はしていたのです』

『人類はかつて、優れた技術や知識を持っていたのだと思います。そこへ異変が起こり、すべてやり直すことになったのです。力を持った何者かが、人類の発展を見て思ったのでしょう。彼等に知識を与え過ぎてはならない』
このように述べるのは、UFOに詳しいラジオパーソナリティのジョージ・ヌーリィ氏だ。

モヘンジョ・ダロで見つかったガラス化した残骸は、数千年前に人類が優れた技術を持っていたことの証なのだろうか。そして、人類がそうした高性能な武器を悪用しないよう、地球外生命体の介入があったのだろうか。古代宇宙飛行士説によれば、高度な文明の更なる証拠は、古代世界における最大級の知識の宝庫に隠されているという。破壊の運命を辿った、ある図書館に・・・(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
核爆弾か隕石の衝突でもない限り、ガラス化するような高熱にさらされる現象はありえないとするのが、科学者の見解である。ラーマーヤナで語られる話は、古代において、神と人類との間に強力な爆弾(核爆弾)が使われたことを物語っているのだろうか。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - 宇宙人17/バベルの塔 ブログトップ