So-net無料ブログ作成
ゼロワン・ドラマ2 ブログトップ
前の2件 | -

キカイダー01(11) [ゼロワン・ドラマ2]

第9話《大犯罪組織シャドウ出現の怪!!・前編》を取りあげます。

原作;石ノ森章太郎
企画;平山 亨・吉川 進
脚本;長坂秀佳
音楽;渡辺宙明
擬斗;三島一夫
監督;畠山豊彦


【前回までの話は・・・ 鍾乳洞のある町で、リエコに諭されたアキラは、勇気を試すために鍾乳洞へひとりで入って行く。だが、そこで待ち受けていたガッタイダーに狙われ、後を追ってきたイチローも太陽が射さない洞窟内でチェンジできず大ピンチに。だが、キカイダーの気転で危機は回避され、ゼロワンはついにガッタイダーを倒す。それも束の間、サングラスにマスクの男(シャドウナイト)が現れてアキラをさらい、車で逃走した。イチローとジローは自分のマシンに乗ると、必死に車を追跡した】


IMG_1946.jpg
◆人間態のシャドウナイトは港で車を捨てると、モーターボートに乗り換えて海上を逃げていった。だが、ダブルマシンもサイドマシンも、水・陸・空を自在に移動できるマシンだ。水しぶきを顏に受けながら、ふたりは海上を走ってモーターボートを追跡していくのだった。

海峡を渡り対岸に上陸したシャドウナイトは、アキラを抱えて逃げていく。だが、先回りして待ち構えている者達がいた。

『待っていたぞ、シャドウナイト。小僧を置いていけ!』

電磁棒を持つシルバーハカイダーと電磁ムチのブルーハカイダーだ。サングラスの男は人間態のままでは戦えないと思い、アキラを放すと右腕を空へ突き上げるポーズを取って、巨大な目玉のシャドウナイトに姿を変えた。

『欲しければ、腕ずくで取れ!』
西洋剣を武器に戦うシャドウナイトに、ふたりのハカイダーは太刀打ちできなかった。

一方、シャドウナイトから解放されたアキラは、これ幸いと走って逃げ出した。後ろから追ってこないことを確認しながら、アキラは公園にたどり着いた。

だが、ゆっくりと走るアキラを、木陰からレッドハカイダーのボーガンが狙っていた。
『小僧、そのよく走る足を撃ち抜いてやるぞ!』

ボーガンの照準をアキラの足に定めて集中しているレッドハカイダーを、ジローが攻撃した。ボーガンをキックして弾き、ジローはレッドハカイダーに襲いかかった。
『アキラ君、ロープウェイで逃げろ!』

ジローにそう声をかけられ、アキラは急いでゴンドラに飛び乗ると山頂駅を目指した。ジローはキカイダーにチェンジすると、襲ってくるアンドロボットたちをサイドマシンで蹴散らしていった。

だが、ロープウェイの山頂駅では、ハカイダー、ブルーハカイダー、シルバーハカイダーが先回りして待っていた。その事にすぐ気がついたキカイダーだが、アンドロボットの大集団に囲まれ、身動きができないでいた。

『ロープウェイを止めろ!』
ハカイダーの命令で、アキラの乗ったゴンドラは宙づり状態になってしまう。その時、トランペットの曲がハカイダー達を苛立たせた。

『(シルバー)あのペットは?どこだ!どこにいる!』
『(ハカイダ)おのれ、ゼロワンめ!』

山頂駅のロープウェイ機械室の屋根の上で、イチローはゼロワンにチェンジした。山頂から海峡を望める公園がある。そこでゼロワン・キカイダーと、ハカイダー四人衆が対峙している。
IMG_1947.jpg
『(ハカイダ)ここで、決着をつけてやる!』
『(ゼロワン)望むところだ!』
IMG_1948.jpg
ジリジリと両者は近づいていく。そこへ突然、ヤリが一本飛んで来て地面に突き刺さり、爆発した。
『ん、面倒なことになった。ひとまず引き上げだ!』

ハカイダーはそう言うと、三人衆とアンドロボット全員を連れて姿を消してしまった。しかしそのあと、赤いカメ型ロボットが出現した。
IMG_1949.jpg
『貴様、シャドウのロボットだな!』
『よく見破ったな、ゼロワン。俺はアカメンガメだ。アキラを渡して、ハカイダーのように逃げるがいい』

赤面ガメは、ハサミになっている両手首をブーメランのように飛ばして、ゼロワンとキカイダーに先制攻撃を仕掛けた。しかし、ふたりはそれをパンチで跳ね返し、戻ってきた自分の手首を身体に受けて、爆発してしまう。

『赤面ブーメランが負けた。そんな・・・』

赤面ガメはショックを受けて倒れ、起き上がれない。その様子を見ていたシャドウナイトが、赤面ガメを引き取りに姿を現した。
IMG_1952.jpg
『今日のところは、お前達と戦う意志はない。赤面ガメは、俺が引き取る!』
そう言うと、赤面ガメは爆発して白い煙の中に消え、シャドウナイトも姿を消していた。

アキラをゴンドラから救い出したリエコは、海峡を見下ろす山頂のレストランで食事をしていた。

『眺めがいいし、お料理もおいしいわね!』
『お兄ちゃんたちも、食べられればいいのに』

『そうね。でもあの人達は、機械だもの』
『チガウ!お兄ちゃんは機械なんかじゃない!』
『そうね、ごめんなさいね・・・』

リエコとアキラに近づいて来る人物がいた。湯沢博士だった。
『こんな所で、君に会うとはね』
『湯沢博士。ご無沙汰しております』
IMG_1954.jpg
以前、リエコは湯沢博士の研究所に勤務していたが、今から三年前にそこを飛び出したまま消息不明になっていたのだった。湯沢博士は、この同じレストランで会合を開いていて、偶然窓ぎわで食事をしているリエコを見つけ、近づいてきたのだった。

この三年の間に、何かいいことがあったのかという湯沢博士の問いに、言葉を詰まらせるリエコ。何と言おうか迷っているところへ従業員が現れ、耳打ちされた湯沢博士は席を外していく。リエコは、どう答えようか考えていた。

少しして湯沢博士が、戻ってきた。だが、戻ってきた湯沢博士は、先程とは何か違うようだ。隣の部屋では、さるぐつわをされ縛られた湯沢博士が横たわっていた。(つづく)


★★★★★★★★★★★★
リエコの正体を知る手がかりが、本編では少し語られている。リエコはイチローやジローのことを、ロボットだから食事をしないと言っている。そう言うリエコは、人間なのだろうか。変装の名人であるリエコ。果たして・・・

nice!(6) 
共通テーマ:テレビ

キカイダー01(12) [ゼロワン・ドラマ2]

第9話《大犯罪組織シャドウ出現の怪!!・後編》を取りあげます。

【前回までの話は・・・ シャドウナイトにさらわれたアキラを追跡していたイチローとジローは、ハカイダー四人衆と遭遇、さらにシャドウの怪ロボット・赤面ガメも現れて、三つ巴の戦いになるかにみえた。しかし、ハカイダー部隊は逃げ、赤面ガメの先制攻撃をはね返したゼロワンとキカイダーの前から、赤面ガメも消えた。 シャドウナイトから逃れたアキラはリエコに救われ、ふたりは山頂のレストランで食事をしていた。そこで偶然にもリエコは、三年前まで働いていた湯沢研究所の湯沢博士と再会する】


◆リエコ達のすぐとなりのテーブルで、湯沢博士は大勢のお客さんたちと共に会食をしていた。窓ぎわに座ってアキラと食事をしていたリエコを偶然に見つけ、近づいて行くとリエコに声をかける湯沢博士。

突然行方が分からなくなって三年、何があったのかと問いただされたリエコは、困った顏をして何も語ろうとはしなかった。そこにボーイがやって来て、湯沢博士に何やら耳打ちをした。博士はうなずくと、リエコ達を残してレストランを出て行った。

しばらくして湯沢博士は戻ってきたが、博士はリエコに、アキラのことを訊ねた。
『君の弟さんかい?』
『ええ。久しぶりに田舎へ帰ったもので、思いきり弟にサービスしてあげようと思いまして・・・』

リエコは本当の事情を言わず、湯浅博士にウソをついた。「これからみんなで一緒に遊園地へ行こう」と、湯浅博士は提案するのだった。隣のテーブルにいる大勢の自分のお客さんたちを残して、である。

実は隣の部屋では、さるぐつわをされて身体を縛られた本物の湯沢博士が、転がっていた。そうとは知らぬリエコとアキラはレストランを出ると、三人で遊園地へ遊びにいくのだった。
IMG_1955.jpg
『ではシャドウとは、世界征服を狙う大犯罪組織だと言うのか・・・』
『明らかに、ダークともハカイダー部隊とも違う組織だ。しかも奴らのほうが、はるかに恐ろしい。シャドウの一番目の目的は、一千万人殺害計画なんだ、兄さん』

ジローは、シャドウナイトが出現してから、その裏で暗躍するシャドウという組織について、密かに探っていた。

『シャドウにはブラックサタンという巨大なコンピュータがあり、そのブラックサタンが無作為に選び出した日本人一千万人を、無目的に殺害する計画なんだ』

『それでは、何でもない市民が、何の理由も無く、ある日突然シャドウに狙われるってわけか・・・恐るべきシャドウめ!』

リエコとアキラ、それにニセ湯沢博士は、マリンパークでイルカショーを見たり、遊園地でゴーカートに乗ったりして楽しい時を過ごしていた。だが、その間にもニセ湯沢博士は、スキを見つけてはアキラをリエコから奪おうと狙っていた。

食事をしているはずのレストランへ行ったイチローとジローは、アキラがいないことを知り、ホテルの部屋へ行ってみたが、ここにもいない。

『(ジロー)アキラ君に、もしものことが・・・』
『(イチロー)よし。遊園地へ行ってみよう』
たくさんの人がいる遊園地内を、探し回るイチローとジロー。

アキラとリエコが遊園地にいることを突き止めたシャドウナイトと赤面ガメは、見つからないよう遠くからふたりを見張った。
IMG_1956.jpg
だが、リエコ、アキラと一緒に園内をゆっくりと一周する汽車に乗っていたニセ湯沢博士は、シャドウナイトと赤面ガメの存在に気がついた。思わず博士の姿のまま身構えてしまうが、博士より前の席に座っている二人にその様子は分らない。

『シャドウナイト、赤面ガメ。今日のところはそれで良い。あとは、あの馬鹿どものハカイダー四人衆に任せておけばよいのだ』
『分かりました。ビッグシャドウさま』

姿を見せずに声だけで指令を出すビッグシャドウという存在に、シャドウナイトは頭を下げて敬礼した。

『さぁ坊や、早く逃げるんだ!』
焦ったニセ湯沢博士は、リエコとアキラを無理やり遊園地から引っ張ってきて、海の見えるひと気の無い公園へ連れて来た。

『どうなさったんですか、博士?・・・あなたは、湯沢博士じゃないわ!ハカイダー部隊ね!』
『ハハハハリエコ、気がつくのが遅かったようだな。オレは、レッドハカイダーだ!』
IMG_1959.jpg
レッドハカイダーが正体を見せると、木陰からハカイダー部隊が姿を現した。
『よくやった、レッドハカイダー。シャドウが動き出した。面倒がおこらぬうちに、その二人を連れて引き揚げるのだ!』

ハカイダーはそう言うと、アンドロボットにリエコとアキラを連行させて、引き揚げようとした。その時、ギターの曲とトランペットの曲が、ハカイダー達の足を止めた。周囲を見回して、音の出所を探すハカイダー部隊。その声は、ビルの屋上から聞こえてきた。

『(イチロー)そろっているな、ハカイダー四人衆!』
『(ジロー)今日こそ、貴様達の息の根を止めてやるぞ!』

『(ハカイダ)バカめ。それはこっちの言うセリフだ!シャドウと戦うためには、今ここで貴様たちを八つ裂きにしておかねばならぬ。かかれ!』

観光ホテルの屋上から大ジャンプしたイチローとジローは、地上へ降り立った時にはゼロワンとキカイダーにチェンジしていた。ハカイダー部隊との戦いのさなか、レッドハカイダーとブルーハカイダーがリエコとアキラを連れて逃げていくのを見たキカイダーは、叫んだ。

『ゼロワン、アキラ君達が危ない。ここは俺に任せて、アキラ君達を早く!』
『キカイダー、任せたぞ!』
IMG_1962.jpg
ブルーハカイダーとレッドハカイダーに引き連れられた一団の前に立ちはだかったゼロワンは、アンドロボットに襲いかかり、リエコとアキラを解放した。リエコはアキラを連れて、急いで姿を消した。
IMG_1964.jpg
ブルーハカイダー、レッドのハカイダーと海岸線で戦うゼロワン。水しぶきをあげて戦う中で、必殺ブラスト・エンドが炸裂してブルーハカイダーとレッドハカイダーは粉砕されてしまう。海の中深く、バラバラになった多くの部品が沈んでいった。

戻って来ない二人のハカイダー達の死を悟ったハカイダーは、怒りに震えた。
『ブルーハカイダー、そしてレッドハカイダー。兄弟たちよ、安らかに眠るがいい。お前達の仇は、必ずこのハカイダーが討ってやるぞ!』(終わり)


★★★★★★★★★★★★
下関の観光ホテルとのタイアップによるロケ2話分が終了。リエコがレストランで、アキラと一緒に食事をするシーンがある。この時にちゃんと口に入れるシーンが映っているので、リエコは人間であることに間違いない。

nice!(8) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - ゼロワン・ドラマ2 ブログトップ