So-net無料ブログ作成
宇宙人18/マジェスティック12 ブログトップ
前の2件 | -

マジェスティック12・1 [宇宙人18/マジェスティック12]

1984年12月、アメリカ・カリフォルニア州のバーバンク。映画製作者でUFO研究家のジェイミー・シャンドレーは、外出先から戻ると、自宅玄関の郵便受けに茶封筒が入っているのを見つけた。消印を見ると、ニューメキシコ州アルバカーキから送られてきたようだが、封筒に差出人の住所は書かれていない。そして、封筒の中身は、35ミリのフィルムが一本だけだった。

元航空宇宙技術者のロバート・ウッド氏が語る。
『茶封筒の中には、小さなフィルム缶が入っていました。(実物を見せて)これは彼が実際に受け取ったフィルムです。印刷してみると、アイゼンハワー大統領に宛てた8ページに及ぶ説明文書でした』

アイゼンハワー大統領宛ての文書というのは、CIAの長官によって1952年に書かれたとされるものである。長官のロスコ―・ヒレンケッターは、就任前のドワイト・アイゼンハワーに宛てたこの文書で、在任中のハリー・トルーマン大統領は墜落した地球外生命体の航空機を調査するため、極秘のグループ「マジェスティック12(トゥエルブ)」を結成したと書いている。

前出のロバート・ウッド氏が語る。
『その文書には、これまでに宇宙船の墜落があったことが書かれていました。ロズウェルも含めてです。また、この話題は今後も極秘扱いにすべきだという、アイゼンハワー大統領への助言もありました』

元航空宇宙技術者のロバート・ウッド氏は、当時UFO研究家のシャンドレーがこの文書の鑑定を依頼したうちのひとりだ。43年のキャリアを持つ彼は、空力加熱、弾道ミサイル防衛、レーダー、宇宙ステーションに詳しい。ウッドによれば、この文書はアメリカ史上最も有名とも言えるロズウェル事件が、本物の宇宙船の墜落事故だったことを示す動かぬ証拠だというのだ。

続けて、ロバート・ウッド氏が語る。
『私は数年にわたり、この文書の信ぴょう性を調査し、他の書類との関連性も調べました。そして、この文書の主な内容や事実関係が正しいかを検討してきました。私は、正しいと思います』

IMG_2617.jpg
(第34代アイゼンハワー大統領・就任前)

アイゼンハワー大統領宛ての文書に記載されたロズウェル事件は、トルーマン大統領の最初の任期中である1947年に起きた。当時アイゼンハワーは、陸軍参謀総長だった。その年の7月、ニューメキシコ州ロズウェルの郊外に未確認飛行物体が墜落した。その翌日、陸軍飛行場の軍人が空飛ぶ円盤を回収したと発表し、地元の新聞紙が報道したのだ。

だが、わずか数時間後、軍は前言を撤回し、回収されたのは単なる気象観測用のバルーンだったと改めた。その後、内通者から漏れ伝わった話では、その夜、回収された宇宙船は3機あり、宇宙人の死体も含まれていたということだった。

ジャーナリストのリンダ・ハウ女史が語る。
『ハリー・トルーマンは、アメリカの大統領でした。そして、ドワイト・アイゼンハワー、ネイサン・トワイニング、彼等は当然、真っ先に事件の報告を受ける人達です。そして、何らかのコミュニケーション・ミスがあり、最初の記事が新聞に出てしまったのでしょう。

IMG_2618.jpg
(第33代トルーマン大統領)

しかし、アメリカ政府は、自分達が地球外生命体に関する情報を握っていることを、敵国に知られたく無かったのです。そして、あらゆる面で非常に現実的なハリー・トルーマンは、この状況に対処するためには、本当に信頼できる人物が必要だと感じました』

作家のダグラス・キャッディ氏が語る。
『仮にあなたが1947年のトルーマン大統領だったとして、宇宙人の来訪を示す証拠を見せられたらどうしますか。恐らく、実際に何が起こっているのかを調べるための専門家のチームを立ち上げるでしょう。そこで、トルーマン大統領は、マジェスティック12を立ち上げたのです。さらに、彼は国家安全保障法、国家安全保障会議、CIAなどを同時に設置し、全力でこの驚異に対処しようとしました』

作家のマイケル・バラ氏が語る。
『アメリカ政府は、一連の宇宙人問題を総括的に監督する主要機関が必要だと判断したのです。マジェスティック12の使命は、地球外生命体に対してアメリカ政府はどう対処すべきか、どの情報を公開し、どの情報を隠すべきかを決めることでした。要するに、地球上における宇宙人の存在について、あらゆる決定権を持っていたと言えるのです』

アイゼンハワー大統領のひ孫にあたるローラ・アイゼンハワーは、マジェスティック12は実在したと主張する。彼女の曽祖父が大統領に就任した時に、前任のトルーマンが始めたこのグループを引き継いだ。

ローラ・アイゼンハワー女史の話。
『アイゼンハワー大統領は就任時に、それまでの宇宙問題を引き継がなければならなかったのです。彼は、当時起こっていたことの責任を取る立場にありました。それを担ったのが、影の政府であるマジェスティック12だったのです。自分では、どうにもできないことでした。曽祖父と親しい人達は、彼がこの情報を公にするだろうと睨んでいました。ですが、結局何も発表できなかったのです』

1994年3月、UFO研究家のシャンドレーがアイゼンハワー宛の文書を受け取ってからおよそ10年後、マジェスティック12の研究者は、さらに2本目のフィルムの浮上に驚くこととなった。

今回は、ウィスコンシン州のあるドラッグストアから、メリーランド州に拠点を置くUFO研究グループに匿名で送られてきた。この時の文書を調べた者達の中に、ジャーナリストのリンダ・ハウの姿があった。彼女は20年以上に渡り、マジェスティック12に関する研究を続けていた。

2017年4月、研究家のジョルジョ・ツォカロスは、リンダ・ハウに会うために、ニューメキシコ州アルバカーキを訪れた。ハウと共に、謎めいた文書について調べるためである。以下はふたりの会話である。

ジョルジョ;
『最初に発見されたマジェスティック12に関する文書というのは、35ミリフィルムの状態でしたよね。つまり、紙の状態で存在していた時に、誰かがその写真を撮影したということになります。いったい誰が、そんな写真を撮ったんでしょうか』

リンダ;
『取材をしていて感じたことは、軍隊やCIA、国防情報局、国家安全保障局などにいた人達の中には、この情報が公開されないことに怒りを感じたり、自分達がないがしろにされていると感じたりしている人達がいるのです。そうした人達の中に、偶然この文書を扱った人がいて、たまたまそのドラッグストアで写真を撮り、そこから発送したのではないかと思います。

IMG_2621.jpg
(中央にタイトル、その下に赤文字でトップシークレット、マジック以外極秘)
IMG_2620.jpg
(当時の陸軍省のスタンプ、右下に日付が印刷されている)

私がこれまでに研究した文書の中で、SOM1-01(ソムワンオーワン)、これはマジェスティック12特殊オペレーションマニュアルの略ですが、この書類が見つかったことは、情報開示以上の意味があると思います。書類には1954年4月、マジェスティック12グループ。そして、本物の陸軍省のスタンプがあります。

タイトルは、「地球外生命体とその技術の回収と破棄」、トップシークレット、マジック以外極秘とあります。この場合のマジックとは、アメリカ国内におけるごく一部のトップクラスの人間しか見ることを許されない、という意味です』

ジョルジョ;
『衝撃的ですね!』

アメリカ政府は、1940年代にすでに地球に宇宙人がいたことを知っていたのだろうか。彼等の未知なる乗り物が、極秘の調査機関によって調べられていたというのか。古代宇宙飛行士説の提唱者は、そのとおりだと言う。

そして、マジェスティック12の文書をさらに掘り下げることで、アメリカ政府は地球外生命体の存在を知っていただけでなく、交流があったことが明らかになると言う。

(つづく)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
これはもう、なんも言えねえ(笑)。アメリカの恐ろしさの一面を見た感じ。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

マジェスティック12・2 [宇宙人18/マジェスティック12]

アメリカのニューメキシコ州、アルバカーキ。古代宇宙飛行士説を支持するジョルジョ・ツォカロスは、リンダ・ハウの自宅を訪れていた。マジェスティック12に関するあらゆる文書を調べた彼女は、1994年にメリーランドで発見されたものこそ、もっとも説得力を持つという。以下は、リンダ・ハウ女史とジョルジョ・ツォカロス氏との対話。

IMG_2624.jpg
リンダ;
『今まで見たことのある文書の中で、これが最高です。極秘SOM1-01マジェスティック12グループ、とあります。この文書のタイトル「地球外生命体とその技術の回収と破棄」を初めて見た時、誰もが最初に考えたのはスタンプのことです。このスタンプは、本当に1954年の陸軍省のものだったのでしょうか。結果、60年代まではこれが使われていました。それからもう一つ、とても重要なことがあります。政府の印刷所で、ある発見がありました・・・』

リンダ・ハウ女史の話を要約すると、次のようになる。この文書の本文中に印刷されているzという文字には特徴があり、それはある理由によるためであった。調査のため、リンダは政府の印刷所へ出向き、そこで1954年当時ワシントンDCにあった政府の印刷所に勤務していた人物Aと知り合った。この文字の特徴について訊ねたところ、それを見た人物Aは、確かに政府の印刷所で印刷されたものに出る特徴であることを証言したという。

ジョルジョ;
『様々な方法で、この文書の信ぴょう性が証明されていますね』

ジョルジョ氏は、検証内容に満足した様子である。また、航空宇宙技術者のロバート・ウッド氏が取材した人物の中に、「公文書の印刷に使われた印刷機」を長年扱っていた人物Bがいて、印刷物を見たB氏は、これは間違いなく国防総省の地下にある印刷機で1954年に印刷されたものだ、と証言したという。

IMG_2625.jpg
(上から円盤型、葉巻型、三角形型などのUFOが描かれている)

リンダ;
『次にお見せしたいのは、ここに書かれてある内容です。例えば、この部分です。四つの異なるタイプのUFOのイラストとスケッチが描かれているのが判ります。このページを見てください。円盤型のもの、長い葉巻型のものもあります。文書の中では、直径が300メートルもあると説明されていました。左側はアイスクリームコーンのような形、右側は三角形です。さらにこの文書には、ある種の協力関係のようなものを示唆する内容も含まれているのです。

恐らく、アメリカ政府と地球外生命体との間で、何らかの取り決めがあったのだと、私は思います。ここです、17ページの第5章ですね。ここに、地球外生命体の方から最初に接触の申し入れがあったという内容が書かれています。地球外生命体からの申し入れにより、実際に接触を試みるかもしれない。こうした接触を試みる場合、その場所は軍事基地か、もしくはアメリカと地球外生命体の側がお互いに納得したうえで選んだ極秘の場所で行われる、と書かれています。これは、1954年のことです』

マジェスティック12の文書によれば、このグループのメンバーだった人々、つまり地球外生命体とコミュニケーションを図っていた人物の中には、一流科学者、政府高官、軍の関係者などが含まれていたという。

アイゼンハワー大統領のひ孫にあたるローラ・アイゼンハワー女史が語る。
『1954年。アイゼンハワー大統領は、エドワーズ空軍基地で地球外生命体と接触したと言われています。大勢が、その時の会議にアイゼンハワー大統領がいたと証言しています。大統領はことの重大さに気づき、ショックを受けたでしょう。様々な証言を元に考えると、大統領が宇宙人と接触したことは間違いないと思います』

IMG_2626.jpg
元航空宇宙技術者のロバート・ウッド氏が語る。
『マジェスティック12のメンバーで興味深かったのは、ドナルド・メンゼル博士です。彼はマジェスティック12の内情について触れた三冊の本を書いています。私も読みましたが、物理博士でありながら、彼はデータと言うものを無視して語っています。メンゼル博士はUFO現象を暴くことで有名ですが、意図的に何事も無かったと伝え、世間を欺いていたように思います。私が彼と個人的に会った時も、UFOに関する話題は避けました。でも彼は、宇宙船が何機も回収されたことを知っていました』

リンダ;
『もう一つ、とても重要な資料を見てみましょう。1947年7月4日のものです。大文字でIPU(アイ・ピー・ユー)とあります。この年に何があったか、分かります?』

ジョルジョ;
『ロズウェル事件ですね。IPUは、惑星間現象に関する機関ですね』

リンダ;
『そのとおり。そして、この文書はトワイニング中将からドワイト・アイゼンハワーに宛てて書かれたものです。その内容は、ホワイトサンズ試験施設の指令センターに出向き、そこで保管されている未確認の地球外物質について確認をおこなうように、と命じるものでした。これは単なる情報開示ではなく、確固たる証拠です。この文書はいろいろな意味で、極めて価値が高いモノと言えます。それは、これがネイサン・トワイニング中将によって作成された文書だからです。ここには、こう書かれています。

【 乗り物の内装を調べた結果、原子力エンジンが使われていたのではないか。この乗り物の一部が、推進システムそのものだった可能性がある。このため、原子炉が熱交換器としての役割を果たし、エネルギーをのちの利用のために貯蔵することができたのではないか 】

これは原子爆弾を造ったロバート・オッペンハイマー博士の意見なのですが、当時としてはかなり画期的な意見です。今でこそ、乗り物全体が推進システムとなるような宇宙船を想像することができますが、これは1947年当時、UFOがまだ広く一般に認識される前の話です』

マジェスティック12の極秘文書に書かれている通り、アメリカ政府は一流の科学者達を使い、地球外生命体の乗り物を研究していたのだろうか。だとすれば、どうやって長年その事実を隠し続けられたのだろう。その答えを探るため、マジェスティック12の最初のリーダーとして任命され、その後謎めいた死を遂げた人物の探索から始めよう。そして、ジョン・F・ケネディ暗殺との関連も。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
1954年2月。休暇中のアイゼンハワー大統領が、二日間行方不明になっている。どうもそのときに、宇宙人と対面していたらしいというウワサだ。それにしても、あのケネディ暗殺とマジェスティック12が、どのように関係しているというのか。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - 宇宙人18/マジェスティック12 ブログトップ