So-net無料ブログ作成
宇宙人19/アブダクション ブログトップ
前の2件 | -

アブダクション・1(宇宙人による誘拐) [宇宙人19/アブダクション]

2007年7月16日。ロシアのカルムイク共和国、首都エリスタ。当時大統領だったキルサン・イリュムジーノフは、ゴールデンタイムに放送されたアルジャジーラのテレビ番組の中で、自分はおよそ十年前に宇宙人に誘拐されたことがあると語った。内容は以下の通り。

IMG_2720.jpg
『モスクワのアパートで、宇宙船に乗せられました。別の星へ連れて行かれ、戻してくれと頼みました・・・彼等は、人間と同様に知性を持っています。人間は、孤独ではないのです』

作家のニック・レッドファーン氏が語る。
『その時、イリュムジーノフは黄色い服を着た宇宙人に連れられて、UFOに乗ったと証言しています。そして、UFOの内部を案内してもらったそうです。連れ去られたのは一日くらいだったようですが、定かではありません。かなり遠い所へ行ったようです。それは、別の星でした。移動に使ったのは、巨大な宇宙船です。

彼の主張は確かに奇抜で、信じ難いモノです。ただ彼本人は初代大統領という高いキャリアを持ち、非常に成功した優秀な人物です。その彼が、誘拐のことをオープンに語るわけです。内容はともあれ、話す様子は至って正常でした。彼の証言は、非常に興味をそそるものがあります。

大統領という立場での発言ですから、当然彼の証言は人々の話題に上り、UFO現象にかなりの注目が集まることになります。つまり、宇宙人たちは彼を誘拐することで、その体験談が多くの人に広まり、UFOの存在が脚光を浴びることになるだろうと、想定した可能性があります』

宇宙人による誘拐、いわゆるアブダクション体験を告白した人の中で、イリュムジーノフは最も高い地位にいる目立つ人物だろう。しかし、アブダクション被害者は、世の中に数えきれないほど存在する。

IMG_2721.jpg
中でも有名なのが、ベティとバーニーのヒル夫妻による告白だ。二人は1961年に、アメリカのニューハンプシャー州で車から誘拐されたと言う。他にも、世界中のあらゆる文化や宗教背景を持つ男女や子供たちが、アブダクションの被害者となっている。

作家でドクターのデイビッド・ジェイコブス氏が語る。
『どこででも、起こり得る現象です。私は世界中の人から、告白の手紙をもらっています。重要なのは、出身地や文化などではありません。人間であるということだけです』

博物館館長のジョナサン・ヤング氏が語る。
『アブダクションには、いくつかの共通点があります。
・繰り返し起こること
・身動きが取れなくなること
・時間のズレを感じたり、長時間記憶が無くなったりすること です。
世の中で起こっているアブダクションの事例は、10件や20件では済まされません。全世界で、実に何千何万というおびただしい数の報告が寄せられているのです』

作家のデビッド・ウィルコック氏が語る。
『問題は、アブダクションが起きているかどうかではありません。起きていることは、間違いないのですから。大事なのは、なぜアブダクションが起きているのかという理由です。彼等は私達人間のどこに興味を抱き、宇宙船や他の星へ連れ去って医療実験のような事をし、また地球へ戻すのでしょうか?』

地球から連れ去られた大勢の人々は、その後何事も無く、元いた社会へと戻されているのだろうか。そこには、どんな目的があるのだろう。その答えを探すため、遠い過去に起きたアブダクションに目を向けよう。人々はかねてより、異次元の何者かに連れ去られていたと、前出のジョナサン・ヤング氏は言う。

IMG_2716.jpg
(モーセ)

『人間が別世界へ連れ去られる話しは、世界中の神話や言い伝えで、長年語り継がれています。つまり、世界共通の物語なのです。モーセは山に登り、十戒を手にして戻ってきます。それは石板に書かれており、のちに人々を導くものとなります。予言者のエノクやエゼキエルは天に昇り、そこで様々なことを学びます。

IMG_2717.jpg
IMG_2718.jpg
(上;エノク 下;エゼキエル)

ケルト神話(*)では、妖精たちが人間を冒険へと誘います。そこには誘惑もあります。そして、悪魔に導かれて地獄へと足を踏み入れた人間がのちに逃げ出して、新たな知識や能力、強さを備えて戻って来たという話もあります』

(*)ヨーロッパ先住民族のケルト人たちが伝えてきた、アイルランドやウェールズ地方の神話・伝承を指す

宗教指導者のアリエル・バー・ツァゾック氏は、次のように述べる。
『興味深いことに、古代文明に残された物語と現代のアブダクションの物語を比べてみると、このふたつは非常に状況が似ていることに気づきます。似たような話は、何世紀にも渡って存在するのです。こうした物語はあまりに多く、そして広く親しまれているため、単なる作り話と考えるには無理があります。なぜ歴史を通して繰り返されてきたのかは分かりませんが、何か元となるものがあるはずです』

作家のキャスリーン・マクゴーワン女史は語る。
『アブダクションを考えるうえで大事なのは、人々は捕らえられたのではなく、解放されたということです。彼等は地球に戻されたのです。それは、なぜでしょうか?』

今で言う宇宙人のアブダクション事件は、数千年前から起きていたというのだろうか。連れ去られたのちに戻された人々は、さらに大きな計画の一部なのか。その答えを示す証拠は、東南アジアのジャングルで起こったという古代のアブダクションに、隠されているかもしれない。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
アブダクションされた人たちの身体には、インプラントが埋め込まれていることもある。例えば、あなたのヒザや背中に、知らないうちにメスで切ったような切り傷ができていないだろうか?

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

アブダクション・2(宇宙人による誘拐) [宇宙人19/アブダクション]

1860年。カンボジアのシエムリアップ。カンボジアのジャングルを旅していた宣教師の一団が、世界でも最大規模の精巧な宗教建築を発見した。アンコール・ワットである。15世紀。クメール人たちは、突然この古代遺跡から姿を消した。その後何世紀もの間植物に覆われ、忘れ去られていたのである。

IMG_2724.jpg
IMG_2723.jpg
(上;アンコール・ワット全景 下;ピスノカール像)

考古学者たちによれば、アンコール・ワットの建設が始まったのは西暦1116年頃、スーリヤヴァルマン2世の時代だという。カンボジアの伝説では、設計したのは半分人間で半分神の姿をしたプレア・ピスノカールという建築家だとされている。かつて地球外へと連れ去られ、アンコール・ワットを建てるために地球へ戻された人物だ。

IMG_2727.jpg
(誘拐されるピスノカール画)

出版編集者で古代宇宙飛行士説提唱者のジョルジョ・ツォカロス氏が語る。
『ピスノカールの話は、古代宇宙飛行士説の中でも極めて興味深い物語です。伝説の中では、彼はインドラの楽園へと連れ去られます。古代インドの叙事詩によれば、それは地球を周回する場所でした。プレア・ピスノカールがはじめてインドラの楽園へと導かれた時、彼は青い光を浴びたと言っています。

さらに、その光で全身に力がみなぎる様だったとも述べています。それは、除染室のような場所だったのではないでしょうか。彼は集中的な教育プログラムに参加し、数週間後地球に戻されます。そして、宇宙人から授かったあらゆる知識を、地球にいる自分の仲間に分け与えたということです』

IMG_2728.jpg
IMG_2730.jpg
(神を迎え入れるために建設されたアンコール・ワット)

ジョルジョ・ツォカロス氏が語るように、ピスノカールは地球に戻り、アンコール・ワットを設計したと言われている。それは、神を再び迎え入れるために、天国を再現したレプリカとして造られたようだ。

作家のデビッド・チルドレス氏が述べる。
『彼は地球に戻り、素晴らしい知識を人間に伝えました。彼の場合は、現代でもなお素晴らしい寺院として知られるアンコール・ワットを建設することで、人類の進化に貢献したのです』

作家のニック・レッドファーン氏が語る。
『私達がつい見落としがちなのは、宇宙人に誘拐された人々は、その後地球に戻って来ているという点です。様々な宗教の文書において啓示を受けた人物は、規則や何等かのアイデアなどを授けられ、それにより人類を高めようとします。そういった人物は、ある時は神の指示に従い、建造物を建てたりすることもあります。我々が気付かないだけで、これはずっと昔に始まりなおも続いている、一貫した計画の一部なのでしょうか』

プレア・ピスノカールの物語は、果たして真実なのだろうか。そして、現代もなお、選ばれた人々が別の星へと導かれ、地球へと戻されているのか。その目的は、なんだろう。更なるヒントを求めて、現代における宇宙人のアブダクション事例を検証してみる。

1991年。アメリカのマサチューセッツ州ケンブリッジ、ハーバード大学。ジョン・E・マックはこの大学の教授であり、外傷患者の診療を行う有名な精神科医でもある。彼は同僚に頼まれ、宇宙人に誘拐されたという人物を診療することになった。

ラジオ司会者のデビッド・ホワイトヘッド氏が語る。
『マックは、宇宙人に連れ去られたと主張する患者たちから、非常に細かい体験談や説明を聞きました。誘拐された方法や経緯、彼等に行われた実験や実験により作り出された宇宙人との混血種などについてです。当初、マックは誘拐された人たちの話を、とても信じることができませんでした。彼は、非常に熱心な学者だからです。

このため、合理的なアプローチを取ることを考えました。誘拐された人々の意識の状態を、分析したのです。誘拐被害者に共通点を見いだし、心理学的特性を導き出そうとしました。しかし、判明したのは、誘拐は世界中の広い地域で起こっているということでした』

前出のジョルジョ氏が語る。
『当初、ジョン・マックは、被害者の話を少しも信じていませんでした。しかし、5人6人とアブダクション被害者の話を調べるうちに、徐々に考えが変わっていったのです。元々懐疑的だった人が180度見方を変えるというのは、とても珍しいことです。ジョン・マックは、臨床で得られた知識を元に被害者を診療しました。これは科学的な方法です。だからこそ、彼は地球外生命体の来訪は、実際に起こっていると確信したのです。更にジョン・マックは、アブダクションは現代だけのものではないとも述べました』

ラジオ司会者のジョージ・ヌーリィ氏が語る。
『マックは、宇宙人による誘拐事件が本当に起きているのだと、確信するようになりました。同僚からは冷笑され軽蔑されましたが、それでも考えは変わりませんでした。誘拐された人々に何が起こったのかを調べるため、研究を続けたのです』

前出のレッドファーン氏が続ける。
『研究を進めるうちに、ジョン・マックは宇宙人による誘拐事件が珍しいものでは無く、非常に広い地域で起こっていることだと気づきます。彼の元には、世界中から報告が寄せられたからです。さらに重要なのは、何かが起きているという夢を見たり記憶があったりするものの、誘拐されたとは気付かない人が大勢いることです。マックは彼等を、声なきアブダクション被害者と解釈しました』

前出のヌーリィ氏が語る。
『アブダクション被害者のほとんどが、誘拐された事実すら知りません。まったく気付かないのです。宇宙人が被害者の記憶を消し去るからだと、私は考えます。しかし、催眠法を使って時間を戻すことで、彼等に何が起こったのか、その記憶を呼び覚ますことができます。ヒル夫妻誘拐事件が、そうでした。

精神科医のベンジャミン・サイモンが、彼等に逆行催眠という方法を使うと、自分達の身に起きたことを話し始めたのです。人の記憶を完全に消し去ることは、出来ません。これは、宇宙人も解かっています。ですが、自覚症状は消し去ることが出来るのです。今夜、床に入ったあとに、宇宙人に誘拐されるかもしれない人々がいるのです。でも彼等には、誘拐されたという記憶は一切残りません。なぜ、そんなことが起こるのでしょう?』

誘拐され、ふたたび戻ってきた人たちを特定するのは難しいものの、研究者たちによれば、誘拐された人達の特徴を調べることで、宇宙人の目的がみえてくると言う。

1999年。宇宙人研究のための国際委員会が、アブダクション被害者の特徴について、非常に大規模で踏み込んだ調査を行った。

UFO研究家のジョー・モンタルド氏が語る。
『宇宙人研究のための国際委員会(I.C.A.R.)は、当時、アブダクション調査に不満を抱いていた何名かのUFO研究家たちによって創設された組織です。当時作られたアンケート調査は13年も続いており、一万八千人程が回答しています。この調査を通して、胎児のうちから誘拐を体験したり、特定の家系で誘拐が繰り返されたりしていることが解かりました』

調べによると、薄茶色または緑色の目をした人物やRHマイナスの血液型を持つ人物が、誘拐される確率が高いという。RH因子は、血液中に特定の抗原が含まれるかどうかを示している。ほとんどの人間はRHプラスだと、UFO研究家のジョー・モンタルドはいう。

『RHマイナスという血液型は、二万五千年前から三万五千年前に突然発生しました。それまではすべての人類がRHプラスで、RHマイナスはいませんでした。ではなぜ、RHマイナスという血液型ができたのでしょうか。RHマイナスも緑色の目も、とても希少だということがポイントです。

RHマイナスは全人口の15パーセント、緑色の目をした人は2~3パーセントでしょう。でも、誘拐被害者の半数は、薄茶色か緑色の目をしています。それが、突然変異によって生まれた色や血液型だということが重要です。宇宙人がこれらを作ったか、または特に興味を示しているということです』

宇宙人によるアブダクションは、人間の遺伝子要素と何らかの関係があるのだろうか?特定の遺伝子を持つ家系が、遠い昔から宇宙人との遭遇を体験して来たのだろうか?そのことは、宇宙人による長期的計画と関連しているのかもしれない。

更なるヒントは、実際にアブダクションを体験し地球に戻ってきた人々の記憶の中に、そして彼等の皮膚の下に、隠されているかもしれない。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
追跡調査というものが、行われることがある。〇〇実験をした百人を極秘に3年間追跡して、健康に害がないかを観察するとか、△△家の五つ子ちゃんの誕生から結婚までを追跡するなど、本人に極秘で行われるものと承知のうえで行われるものとがあるだろう。何度もアブダクションに遭う人は、宇宙人に追跡調査されているのではないだろうか。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - 宇宙人19/アブダクション ブログトップ