So-net無料ブログ作成
ライオン丸・ドラマ3 ブログトップ
前の2件 | 次の2件

快傑ライオン丸(23) [ライオン丸・ドラマ3]

今回は、第31話《怨みの魔剣 オロチジュニア・前編》を取りあげます。

原作;うしおそうじ
脚本;馬嶋 満
企画;うしおそうじ 別所孝治
音楽;小林亜星
殺陣;渡辺高光
監督;石黒光一 


【前回までの話は・・・失意の底にいた獅子丸は、何かを求めて単独行動をしてしまった。「枯れ葉を落とさずに枯れ枝を斬れ」という山寺の和尚の問いに、懸命に答えを探し求める獅子丸。そんな時、三兄弟の合体怪人ドクロンガが現れ、怪人との戦いで力を合わせることの大切さを、獅子丸は学んだ。沙織と小助の許へ戻り、獅子丸はふたりに謝罪した。その時に小助が発したひと言が、和尚の問いに活路を見いだした・・・】

◆獅子丸、沙織、小助の三人の足は、一路故郷の飛騨を目指していた。一度飛騨へ帰り、ゴースンの手がかりを見つけて出直すつもりであった。だが、飛騨の山里、そこは三人の育ての親であり恩師でもある果心居士が、ゴースンの派遣した第一の使者オロチによって殺された土地でもあった。

IMG_2778.jpg
そのオロチの息子であるオロチジュニアは、この飛騨の地で金砂地の太刀を持つ獅子丸を見つけるため、若い剣士を見つけては半月刀と口から出す火炎放射で襲撃をしていた。そして、若い剣士の太刀を奪っては、金砂地の太刀かどうかを確認した。今度もまた違っていたことに、オロチジュニアはイライラを募らせていた。

(ナレーション)故郷飛騨へ帰ってきた獅子丸たちは、まず果心居士の墓へ向かった。だが三人は、ゴースンを倒した時に初めて果心居士の弔いを出すことを誓っていた。だから仮の粗末な墓は、荒れ果てているに違いなかった。

獅子丸たちが、ただ土を盛っただけの粗末な墓へ歩いて近づいていくと、すでにそこには花を手向けて手を合わせるひとりの若い女性がいた。女性は獅子丸たちを見て、少し警戒している様子だった。

『脅かしてすまぬ。我々は怪しい者ではありません』(獅子丸)
『私達は、その墓の人にゆかりの者です』(沙織)
『この花は、あなたが手向けてくださったのですか?』(獅子丸)

女性がハイと答えると、三人は笑顔で会釈をして、心からお礼を言った。

『それは、かたじけない。我々は、果心居士を親と思い、師と仰いで参った者です』

IMG_2779.jpg
獅子丸はそう言うと、三人それぞれが名を名乗り、その女性は由比(ゆい)と名乗った。獅子丸は由比に、なぜ果心居士のことを知っているのかを訊ねた。

『実は、果心居士様の書かれた覚書(おぼえがき)を見て。私の父は果心居士様とは古いお付き合いで、なんでも一緒にインドに渡った仲だとか』

果心居士と同様、由比の父もジャラモンの教えを受けた門下生であるという。話の途中で、下男の佐九郎が水汲みから戻ってくると、由比は急に無口になった。佐九郎が屋敷へ戻るよう由比を促したため、由比は軽く会釈をして去って行った。獅子丸は、あの娘が何かを知っているかもしれないと思った。

『お師匠様の覚書。ゴースンの手がかりがつかめるかもしれない・・・』
『これも、お師匠様のお導きかもしれないね』

IMG_2780.jpg
小助がふと、つぶやいた。果心居士の墓の前で、三人はジッと手を合わせた。獅子丸の脳裏には、今までのゴースン魔人や大魔王ゴースンとの戦いの日々が蘇っていた。

獅子丸は、思った。あの由比という娘は、きっと何かを知っていると。娘が何も知らないとしても、ジャラモンに渡ったという父が、きっとゴースンの何かをつかんでいるに違いない。

『沙織、小助、行くぞ。果心覚書(かしんおぼえがき)を、なんとしても手に入れるんだ!』

(ナレーション)怪人オロチジュニア。果心居士を殺して獅子丸に討たれた、オロチの子供である。彼は形見の半月刀を研ぎながら、片時も父親の仇、ライオン丸を忘れることは出来なかった。そして今、物見(敵の様子を探る者のこと)のドクロ忍者からオロチジュニアの許に、獅子丸たちが飛騨に着いたことが報告された。

もう一度由比と会って、果心覚書についての話を聞きたいと思う獅子丸たちは、村人から由比について情報を得た。それによると、果心居士の墓と円仁寺にある母の墓へ、ふた月に一度お参りにくるという。獅子丸たちは早速、円仁寺という寺へ行くことにした。

獅子丸たちが円仁寺の山門をくぐると、数十メートル先に下男と共に歩く由比の姿が見えた。あとを追おうとすると、突然半月刀が飛んで来て、まるで意志があるかのように獅子丸を何度も襲うのだった。

『待っていたぞ!獅子丸』
『お前は?』
『お前に敗れたオロチの息子、オロチジュニア。オヤジの仇、覚悟!』

IMG_2782.jpg
獅子丸を親の仇と付け狙うオロチジュニアは、執拗に半月刀を飛ばして獅子丸を襲うのだった。獅子丸は、沙織と小助に由比のあとを付けるよう告げると、太刀を抜いてオロチジュニアに向かっていった。

沙織と小助は、下男と由比を尾行した。そして、一刻も早く由比に会いたい獅子丸は、怪人を早く片付けるため、ライオン丸に変身した。

『ライオン丸、見参!』

IMG_2783.jpg
父の形見の半月刀を使い、オロチジュニアは父の復讐戦に燃える。だが、ライオン丸にしてみれば、今は怪人との戦いに時間を費やす暇は無い。ライオン丸はジャンプした瞬間に、姿を隠した。

『クソゥ。逃げられたか!』
(つづく)

★★★★★★★★★★★★
果心覚書に出てくる7人のジャラモンの門下生、果心居士の修行仲間を獅子丸たちが追っていく旅が、ここから始まる。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

快傑ライオン丸(24) [ライオン丸・ドラマ3]

今回は、第31話《怨みの魔剣 オロチジュニア・後編》を取りあげます。


【前回までの話は・・・ 獅子丸、沙織、小助。三人の心はふたたび一つとなり、ゴースンを倒す手がかりを求めて故郷の飛騨へと帰って来た。今はまだ粗末な果心居士の墓に参ろうとした三人は、先に墓参りを済ませたらしい若い娘・由比と出会う。挨拶をする中で、由比の口から「果心覚書」の存在を聞いた三人。もっと詳しく話を聞くために、由比の居場所・円仁寺へと三人は向かう。だが、途中で三人は怪人オロチジュニアの襲撃を受け、獅子丸は由比の尾行を沙織と小助に任せると、ライオン丸に変身してオロチジュニアと戦った・・・】

◆何とかして由比を連れ出そうと、子供の小助を由比に会いに行かせたが、寺の使用人は頑として会うことを承諾してくれない。そこで獅子丸と沙織は一計を案じ、布と糸を売る行商人に化けて、注文の布と糸を持って来たと偽り、まんまと円仁寺へ潜入することに成功するのだった。

『今日は父が留守だからいいですが、もし見つかったらたいへんです。何しろ、私の父は人間嫌いで』

IMG_2784.jpg
奥の間へ通されてきた行商人が先程会った獅子丸と沙織だと知り、由比は笑顔で応対しながらも、無茶なことをする人達だと半分あきれていた。獅子丸は率直に、どうしても「果心覚書」を見せて欲しい一心で潜入したことを告げるのだった。

『私の父は普段は優しい人なのですが、私がその覚書を見つけた時の父の顔の怖かったこと。私は、見てはならない物を見てしまったのですね』
『中には、何と?』

獅子丸が訊ねると、その時はすぐに父に取り上げられてしまい、中を見てはいないと由比は言った。すると突然、下男の佐九郎が、障子の外から部屋の由比に向かって告げた。

『お由比殿、怪しい者が忍び入った様子。お気をつけください』
『はい。分かりました』

この佐九郎はせむし男で、由比はこの佐九郎を気味悪がって嫌っていた。由比の母が死んだあと、あのせむしの佐九郎がこの屋敷に住み始めてから、由比の周囲で気味の悪いことが起こるようになったと言う。

今日は佐九郎に見張られているように感じた由比は、明日ススキが原へ覚書を持っていくことを、獅子丸に約束するのだった。だが、その話の一部始終を、由比の部屋の真下へ忍び入った佐九郎が聞いていた。

『明日、ススキが原か・・・よし!』

せむしの佐九郎は、忍びのごとく早い身のこなしで林の中を進んで行った。だが、そのあとを追っていく数人の者がいた。ドクロ忍者であった。やがて、ドクロ忍者数人が佐九郎を取り囲み、争いになった。だが、佐九郎は思いのほか強く、木の上に飛びあがって、自分の正体を明かした。

佐九郎は、なんとドクロ仮面であった。ドクロ仮面は普通、ドクロ忍者たちをまとめる忍者の頭目だが、由比の屋敷へ単独で忍び込んでいたこの者を、ドクロ忍者たちは誰も知らなかったようである。

『オロチジュニアの所へ、案内しろ!』

佐九郎はドクロ忍者に案内されて、オロチジュニアの許へと向かった。オロチジュニアは、先の戦いで逃げられた獅子丸の行方を追って、情報を集めていた。

『獅子丸が、明日ススキが原に参ります。及ばずながら、私も加勢を!』
『黙れ!』

ドクロ仮面・佐九郎は、自分の手柄だと言わんばかりにその情報を怪人に告げたが、オロチジュニアは獅子丸の情報を手に入れるとドクロ仮面を斬り捨ててしまった。オロチジュニアは、自惚れの強い性格であった。ドクロ仮面・佐九郎は、出過ぎたマネをしてしまったようだ。

『身の程知らぬ奴。オロチジュニアに、加勢はいらぬわ!』

翌朝、予定の時刻に紫色の袱紗(ふくさ;物を包むのに用いる正方形に作った絹布)に包んだ「果心覚書」を持って由比がススキが原で待っていると、向こうからやって来る人影が見えた。遠くでまだよく見えないのだが、近づいてくるにつれてそれが人間で無いことが由比には分った。

IMG_2787.jpg
(向こうからオロチジュニアがやって来る)

由比が驚いた表情をしていると、由比の後ろから獅子丸が現れた。そして、向かってくるオロチジュニアに対し、獅子丸は由比を十分安全な位置まで下がらせると、ススキの中に身を隠させるのだった。

『獅子丸。今日こそ、決着をつけてやる!ノバ!』

思いのほか身軽なオロチジュニアは、三段跳びのように大きく地面を蹴りながら、獅子丸に近づいてきた。そして、半月刀をブーメランのように飛ばして、獅子丸を襲った。獅子丸の太刀がそれを弾くと、今度は獅子丸を焼き殺そうと口から火炎を吐いた。ススキに炎が燃え移り、危険を感じた獅子丸は、忍法獅子変化でライオン丸に変身した。

『ライオン丸、見参!』

上空へ飛んだオロチジュニアをみて、ライオン丸も上空へ飛び、飛行斬りを仕掛けた。だが、そこにオロチジュニアの姿は無かった。飛んだオロチジュニアは、まぼろしだったのだ。目標を失ったライオン丸は、地面に腹ばいに落下した。

『オロチまぼろし斬り!』

IMG_2789.jpg
墜落したライオン丸が振り返った時、ジュニアの投げた半月刀がライオン丸に突き刺さった・・・かのように見えた。地面に突き刺さったオロチジュニアの半月刀には当たった証の血が滴っていたものの、肝心のライオン丸の姿は無い。確かに半月刀がライオン丸を捕らえたはずだが、ライオン丸の姿は無く、ライオン丸のマントだけが宙を舞っている。

あの宙を舞うマントにライオン丸が隠れているものと睨んだオロチジュニアは、そのマント目がけて飛び上がり突っ込んでいった。だがマントは、ただのマントであった。そのままマントと一緒に地面へ墜落してくるジュニアの身体に、地中に隠れていたライオン丸の太刀が下から突き刺した。「ズブッ!」

IMG_2790.jpg
立ち上がり、半月刀を振り回しながらよろけて数歩歩くと、オロチジュニアは絶叫して果てた。

『ゴースン様!・・・オヤジ!』

安全な場所に隠れていた由比が安堵の表情で姿を現すと、その由比を後ろから呼ぶ声がした。父の比企衛門であった。獅子丸の前であいさつをする比企衛門。

IMG_2793.jpg
『私が、猪俣比企衛門です』
『獅子丸と申します。わけあって、果心覚書を見せていただきます』
『おお、果心覚書・・・どうぞご覧なさい』

由比は持っていた袱紗を獅子丸に渡すと、獅子丸は袱紗を開いて、中の冊子を開いてみた。すると、中は真っ白で何も書いていなかった。獅子丸は驚き、由比を見ると、由比もそれを見て、思わず声を出した。

『違うわ!』
『ハハハハ。獅子丸さん、一緒にお越しなさい。仔細をお話しましょう』

自宅へ招いて、獅子丸に詳細を話すという比企衛門の言葉に、獅子丸と由比は後を付いていくのだった。由比は、どうして白紙の覚書を持っていたのか。比企衛門が獅子丸に話そうとすることとは、いったい何か?

(ナレーション)果心覚書を隠しているというこの比企衛門とは、はたしていかなる人物であろうか?善か悪か?
(終わり)


★★★★★★★★★★★★
マントに隠れたと見せかけて、実は地中に隠れていたライオン丸。彼が使ったのは、変り身の術であろうか。手裏剣が当たって相手を倒したと思ったら、着物を着た枯れ大木だったという、忍者アニメで見かけるアレである。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | 次の2件 ライオン丸・ドラマ3 ブログトップ