So-net無料ブログ作成
ライオン丸・ドラマ4 ブログトップ
前の2件 | -

快傑ライオン丸(30) [ライオン丸・ドラマ4]

今回は、第38話《ゴースンの秘密 怪人タツドロド・前編》を取りあげます。

原作;うしおそうじ
脚本;田村多津夫
企画;うしおそうじ 別所孝治
音楽;小林亜星
殺陣;渡辺高光
監督;中西源四郎

前回までの話は・・・ 獅子丸たちは、額にキの字の傷痕がある佐吉という男と出会った。息子の弥一、老人の喜蔵と共に山小屋で平和に暮らす佐吉は、自分は木猿ではないと言った。吹き矢を自在に操るもう一人の喜蔵こそが、木猿であった。病を押して怪人と戦った喜蔵は、大きなダメージを受けてしまう。喜蔵を助けたライオン丸は怪人トドカズラを倒したが、佐吉や沙織が見守る中、「幽斎こそがゴースン」という言葉を残して、喜蔵は息を引き取った・・・】

(ナレーション;果心覚書に書かれた最後の名、白垣幽斎。彼こそ、ゴースンの秘密を握る最後の男であった。死んだ木猿は、幽斎こそゴースンそのものであると言った。今獅子丸たち三人は、幽斎を探して相模国に急いだ。幽斎は、相模の隠れ谷に住む「風一族」と呼ばれる忍者の首領であるというのだ)

すっかり元気になった小助は、相模国へ入った途端、腹の虫が騒ぎ出した。少し先にある御茶屋の蒸し饅頭にいち早く気付いた小助は、立ち寄って饅頭を食べようと獅子丸にせがむのだった。三人は、御茶屋で休憩をすることにした。そこで沙織は、風一族のことを茶汲み女(女店員)に訊ねてみた。

IMG_2888.jpg
『隠れ谷という所は、まだ遠いのですか?私達は白垣幽斎という人を訪ねて、そこへ行きたいのだけど・・・』
『あなたたち、風一族の人ですか?』

自分達は風一族とは関わりは無いが、幽斎という人物に聞きたいことがあるのだと獅子丸が告げると、「それなら、止した方がいい」と茶汲み女は近づかないように勧めるのだった。

相模国では過去幾年もの間、郷士を中心とする村人たちと風一族との間に血なまぐさい戦いが続けられていたのである。風一族は、優れた忍者集団であった。それを知っているから、茶汲み女は近づかないように勧めたのだ。

『風一族だ、待て!誰か、そいつを捕まえてくれ!』

偶然にも、逃げる風一族の忍者とそれを追う十人ほどの郷士集団が、獅子丸たちが休んでいる御茶屋の前を通り過ぎようとしていた。腰掛台から立ち上がった獅子丸は、追われている男の前に立ちはだかった。

IMG_2884.jpg
男は、獅子丸の姿を見て立ち止まったが、すぐに獅子丸に太刀を振りかざして逃げようとした。獅子丸は、太刀を持った男の手を払いのけると、簡単に男を倒してしまうのだった。あとから追ってきた郷士たちに男は捕まり、散々殴られたあと縛られて、近くの大木に吊るされてしまった。

獅子丸たちは御茶屋を出ると、しばらく様子をみるために近くの土手に座った。その場所から、男が吊るされている姿がよく見える。男は気を失っているのか、じっと静かにしていた。男を捕まえた郷士たちは、御茶屋で休憩を取っていた。

『風一族って、相当悪いことをしているのね』

風一族の男が追われていることから、沙織が獅子丸にそう話しかけた。獅子丸は、「うん」とうなずきながらも、状況がよく見えていないため、本当のところが知りたいと思った。するとどこからか、ウグイスの鳴き声が聞こえてきた。

『おかしいわ。こんな季節はずれに・・・』
『静かに。これは、忍者の使う忍び笛だ・・・』

(ナレーション;忍者の歯は、抜くと笛になっている。普通の人にはウグイスの鳴き声と聞かせておいて、忍び仲間には通じ合う言葉なのだ。この風一族の男は、獅子丸を優れた忍者とみて、話かけているのだった)

獅子丸は、ウグイスの鳴き声に隠された男の訴えを、頭の中で理解した。

(タノマレテクレ コノサキノハシのタモトニウメタ コドモノクスリダ カクレダニヘトドケテクレ ワタシノナハミカヅキ タノム)

IMG_2885.jpg
休憩を終えた郷士たちが縛られてぐったりしている男の元へ行き、連行していく様子を獅子丸たちは見ていた。男は郷士たちに囲まれて歩きながら、獅子丸の方へ振り返った。そして、「よろしく頼みます」と訴えるように頭を下げた。それを見た獅子丸も、小さくうなずいた。獅子丸たちが男を見送っていると、十数メートル歩いた所で男は自爆し、郷士たちは全員吹き飛んでしまった。

IMG_2886.jpg
獅子丸たちは、言われたとおりに橋のたもとを掘り返してみると、小助がそこで油紙に包まれた何かを見つけた。

『願っても無い機会だから、隠れ谷へ行ってみるよ』

獅子丸は沙織と小助にそう言うと、(男がウグイスの鳴き声で教えてくれたのだろう)ひとりで隠れ谷へ向かって行った。森の中を歩き、滝が流れる岩場を飛び越え、川を渡り、そびえたつ岩山の下まできた。

その岩山には、登れといわんばかりに金属で出来た足場が付いていた。それを登り、岩山の岩肌に沿って細い道を伝うように歩くと、前方が開けて赤い櫓(やぐら)が見えてきた。それは、風一族の物見台に違いなかった。

IMG_2887.jpg
すると、突然獅子丸の左手首にヒモが巻き付き、引っ張る者がいた。すぐに右手首も同様にヒモが巻き付き、双方から引っ張られて、獅子丸は岩肌を背にして身動きができなくなってしまった。不審者を捕らえたとして、5人の風一族が獅子丸の前に現れた。

『風一族のミカヅキに頼まれて、薬を持って来た。案内しろ!』

何の警告も無く、いきなりひどい扱いを受けた獅子丸は、怒りを抑えながら幽斎の元へ案内するよう請うた。

その頃、沙織と小助は時間を持て余し、じゃんけんで負けた方が勝った方を背負うという遊びをしながら、時間を費やしていた。すると、前方に、虎錠之介が道草に寝転んでいるのが見えた。先に、タイガージョーとライオン丸は滝のある岩場で戦い、ふたりとも滝つぼへ落ちて行った。そしてライオン丸だけが、浮かび上がってきたのだ。タイガージョーも、やはり助かっていたのである。

『小僧、久しぶりだな!』
『この小助さまが、相手をしてくれる。来い!』

『アハハハ。今度会ったら、斬ると言ったはずだぞ。獅子丸はどうした、どこにいる?』
『かくれ・・・』
『何?かくれ?隠れ谷か!しまった!』

沙織が急いで小助の口をふさいだが、遅かった。錠之介は、獅子丸が隠れ谷へ向かったことを知った。錠之介は、なぜ「しまった!」と言ったのか。隠れ谷にいる風一族の統領・幽斎は、やはりゴースンその人なのか?

その頃、獅子丸は5人の忍者に導かれ、白垣幽斎と対面していた。中がどうなっているのかよく分からない暗い部屋にろうそく数本が灯され、その部屋の上座に座った獅子丸に、幽斎は丁重に礼を述べた。

『子供の命に関わる大事な薬。お届けいただいて、かたじけない。私は一族のかしら、白垣幽斎です』

そう言って顔を上げた幽斎は、眼光鋭く総白髪で、年の頃は60位と思しき男であった。
(つづく)


★★★★★★★★★★★★

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

快傑ライオン丸(31) [ライオン丸・ドラマ4]

今回は、第38話《ゴースンの秘密 怪人タツドロド・後編》を取りあげます。

【前回までの話は・・・果心覚書に記された六名のうち、五名の人物を獅子丸たちは探し出した。そして、先に死んだ木猿から、最後に残った白垣幽斎こそがゴースンだという情報を得るのだった。三人は白垣幽斎と対面するため相模国へ入り、風一族の住む隠れ谷を探していた。偶然にも、三人が休憩した御茶屋で風一族の忍者と出会い、獅子丸は彼から子供の薬を隠れ谷へ届けるよう頼まれるのだった。風一族が住む隠れ谷へ、ひとり獅子丸は向かった・・・】

◆隠れ谷へ入った獅子丸は、薬の件を伝えるとすぐに一族の頭領である白垣幽斎の元へ通された。風屋敷の一室に通され、上座に座った獅子丸に幽斎は自己紹介すると、丁重に頭を下げて礼を述べるのだった。しかし、事が済むと、幽斎は次のように切り出した。

『何も聞かず、黙ってこの谷から出て行かれよ、獅子丸殿』
『私の名を・・・』

『一目見て、すぐ分かりました。背中の金砂地の太刀を。まさに、ジャラモン様が果心居士殿に渡した一振りに相違ない』
『それでは、あなたがゴースン?』

『何も聞かず、この谷から出て行かれよ。さもなければ、あなたの御命をいただかなければなりませぬ』

獅子丸は、どうして自分の命を奪うのかと、幽斎に訊ねた。話の様子では、幽斎はゴースンではなさそうであった。ゴースンならば、自分を獅子丸と知っていたら問答無用に斬りかかり、金砂地の太刀を奪うはずだからである。

『私は、ゴースンに味方する者です。お答えは、それで十分でしょう』
『いや、どうしても聞きたい。ゴースンの秘密を、あなたの口から聞きたい!』

しばらくの沈黙のあと、幽斎の口から出た言葉は・・・。

『獅子丸殿。私が倒せますかな!』

話し合いは決裂し、幽斎は獅子丸を倒す決意をした。幽斎の行動は素早い。獅子丸を招き入れたこの部屋は、ろうそく数本の炎が唯一の灯りであった。暗くてこの部屋の様子がよく解からない獅子丸は、下手に動けなかった。さっきまで隣にいた幽斎が、なぜか遠く離れていくように思えた。

幽斎は恐るべき妖術を使うつもりなのか、呪文を唱えているようであった。獅子丸は、自分の身体が金縛りにあったように動かなくなっていることに、今気がついた。すぐに変身しようとしたが、両腕が上がらなかった。

『とうとう、あなたの命をもらう羽目になってしまいましたね、フフフフ』

白髪を逆立て、龍のようにギラリとした眼で獅子丸を見つめる幽斎は、獅子丸に言った。

『冥途へのみやげに、あなたが聞きたがっていたゴースンの秘密とやらをお話しましょう』

ここからは、幽斎がインドの大聖人ジャラモンの下で修行をした当時の様子を述べている。

『私達七人のほかにも、ジャラモンの下で修行をしたふたりの日本人の兄弟がいた。そして、我々九人の修行は、日が昇りそれが月に替わるまで続けられたのだった。私は兄弟に誘われてヒマラヤに立てこもり、前にも増して厳しく激しい修行をしたのじゃ。そして、ある日。あの恐ろしい術を目撃してしまった・・・』

幽斎の見ている前で、弟は両手を広げて呪文を叫んでいた。それは、その弟が驚くべき術を身に付けた瞬間であった。黒雲を呼び、雷鳴が鳴り、稲妻が光った。

『ゴースン巨大身変化(きょだいしんへんげ)!』

『私はあまりの恐ろしさに、この兄弟から離れてしまったのじゃ。よく聞くのじゃ、獅子丸。この弟こそ、お前が知りたがっていた大魔王ゴースンなのじゃ!』

話は現在に戻る。意識が薄れて行く獅子丸に向かって、幽斎は言った。

『この巨大身変化を破らぬ限り、ゴースンに勝つことはできないのだ。そして、その秘密を知っているのは、ただふたり。その兄弟だけじゃ。兄は鷹取城にいる桃雲斎、弟はゴースンその人じゃ』

知らない間に、この部屋にあった香炉(香を焚く器)から毒煙が出ていた。獅子丸は、幽斎のワナに落ちていた。薄暗いこの部屋では香炉の存在に気づくわけも無く、臭いに気がついた時には手遅れであった。

獅子丸の身体は煙の毒が回って全身がしびれ、幽斎の話を遠くで聞きながら、ついに意識を失ってバタリと倒れてしまった。

その頃、獅子丸が隠れ谷へ向かったことを沙織と小助から聞きつけた虎錠之介は、自分も隠れ谷へと急いだ。獅子丸が幽斎と戦ったら、負けるかもしれないと錠之介は思うのだった。幽斎は手強い。獅子丸を倒すのは自分だと決めている錠之介にとって、そのようなことがあっては断じてならないのだ。

錠之介のあとを少し離れて、沙織と小助も歩いていた。錠之介は隠れ谷の入口に近い場所で停まると、沙織と小助にここで待つように命じた。

『オレが様子を見てくる』

錠之介はそう言うと、草むらの中を走って行き、沙織と小助の前から姿を消した。

風屋敷に入った錠之介は、幽斎と向かい合って座っていた。二人は仲間である。錠之介は、獅子丸がどうなったのかを早く知りたかった。

IMG_2894.jpg
『幽斎殿、獅子丸は?・・・幽斎殿・・・』
『遅かったな、錠之介』

『なんと?』
『獅子丸は死んだ、立った今』
『たった今、死んだ・・・』
『死んだ』

『死んだ?獅子丸が死んだ?そんなバカな』
『毒煙での・・・』
『バカなヤツ・・・なぜ俺と・・・(怒りの声で)なぜ俺と立ち合わなんだ!』

生涯の敵・獅子丸を幽斎に殺されてしまった錠之介の失望感は大きかった。目的を失った錠之介は、心に大きな穴が空いてしまったかのようになった。

IMG_2895.jpg
風屋敷内をあてども無く歩いているうちに、錠之介は透明な箱に入れられた獅子丸を見つけた。それは、後ろ手に縛られて立ち姿のまま眠っているように見えた。それを見つけた瞬間、錠之介のつぶれていない左目がカッと見開き、近くに寄ってよく見る錠之介。

この透明な箱に手を突いて獅子丸を見ているうちに、この箱が持ち上がることに錠之介は気づいた。このような場所に、獅子丸を置いておくわけにはいかぬ。両腕の力でこの箱を持ち上げた錠之介は、獅子丸を助けだそうと考えていた。

そのとき、巡視していた風一族の者に声をかけられた錠之介は、立ち姿の獅子丸から透明な箱を取り去ったあと、素早く姿を消した。

獅子丸を囲っていた透明な箱が取り去られているのを見た二人の忍者は、警戒した。だが、獅子丸はこの機会を逃さず、蘇生した。

『我に、仮死の術あり!』

(ナレーション;仮死の術とは、毒や水などを飲まないために、自分で呼吸を止める難しい術である)

獅子丸は、後ろ手に縛られた縄を相手の振り下ろした刀で斬ると、集まってきた風一族の忍者たちを振り切って逃げた。

一方、沙織と小助は、待てと言ったまま戻って来ない錠之介を無視し、自分達も風屋敷へ乗り込んでいくことにした。すると、風一族の屋敷入口付近に潜入した時、逃げてくる獅子丸とそれを追う忍者たちを発見するのだった。

風屋敷のある部屋へ潜入した小助は、ふすまを少しだけ開けて覗き込んだその暗い部屋の中に、外からの光にくっきりと浮かび上がった金砂地の太刀を見つけた。

金砂地の太刀を部屋から持ちだした小助は、風屋敷の中庭で戦う獅子丸と、そこへ合流した沙織の元へ急いだ。そして、身軽な小助は大木に登ると、獅子丸へ金砂地の太刀を放り投げた。

『お兄ちゃん!』

獅子丸が金砂地の太刀を受け取った時、もう一つある大木の影から幽斎が現れた。空へ跳んだ幽斎は、呪文を唱えながらクルクルと回転する。

『ゴースン忍法、龍落し!』

IMG_2896.jpg
不気味な怪人タツドロドに変身した幽斎を見て、獅子丸も忍法獅子変化でライオン丸へと変身した。

『ライオン丸、見参!』

雷雲を操り、雷と風を自在に使って攻撃してくるタツドロドに、ライオン丸は苦戦する。相手は雷を操る怪人だ。刀身に雷が落ちれば感電死は免れないライオン丸は、一度太刀を地面に刺して捨てざるを得なかった。ライオン丸の立っている位置に、タツドロドは落雷させた。

雷鳴と共にドーンと大きな音がして地面から煙が立ち上り、そこにライオン丸の姿は無い。一瞬早くライオン丸は空へ跳んで逃げ、自分の太刀を刺した辺りに着地した。そして、地面から太刀を引き抜くと、タツドロドへ投げつけた。金砂地の太刀の刀身がタツドロドのヤリを弾き飛ばし、太刀とヤリは同時に空へ弾んでから地面へ落下した。

ライオン丸が太刀をつかむのが速いか、それともタツドロドがヤリをつかむのが速いか。先に太刀をつかんだライオン丸が、ヤリをつかもうとしていたタツドロドの脳天を、一瞬早く斬り裂いていた。

IMG_2898.jpg
タツドロドは幽斎の姿に戻ると、額から一筋の血を流していた。足元がふらつき、つかんだヤリを手放して仰向けにバタリと倒れると、大爆発した。幽斎の死と共に、今まであった風屋敷もひとかけらも無く消え去っていた。

こうして、果心覚書をめぐる戦いは終わった。ゴースンの正体は意外にも、覚書の中に書かれた人物では無かった。また、虎錠之介が生きていたことを沙織と小助から聞き、獅子丸は喜んだ。

『錠之介、生きていてくれたか・・・』
『獅子丸兄ちゃん。あいつ、どこへ消えちゃったんだろう』

その三人が歩いている姿を、錠之介は少し小高い丘の上から見送っていた。

『獅子丸。これからだぜ、俺とお前の戦いは』
(終わり)


★★★★★★★★★★★★
長くなってしまいました。お読みいただき、ありがとうございました。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - ライオン丸・ドラマ4 ブログトップ