So-net無料ブログ作成
宇宙人24/ロズウェル事件の真相 ブログトップ
前の2件 | -

ロズウェル事件の真相・1 [宇宙人24/ロズウェル事件の真相]

2011年4月、アメリカのワシントンDC。アメリカ連邦捜査局(FBI)が何千もの文章をインターネット上で公開し、そのうちの一つがマスコミや個人の研究者の注目を集めた。

それは1950年3月22日付けのメモで、当時のFBI長官ジョン・エドガー・フーバーにニューメキシコで回収された3機の空飛ぶ円盤の通報者について報告するものだった。研究者たちは、すぐにそのメモをロズウェル事件と結びつけた。ロズウェル事件とは、軍によって隠ぺいされたとうわさされる1947年のUFO墜落事故だ。だが、ロズウェル事件に関して、知られざる事実があることを示唆する政府文書は、以前から公開されている。

ジャーナリストのリンダ・ハウ女史にくわしく訊く。
『私が調査している中で驚いたのは、1940年代の機密文書が、数多く流出していることです。それには、当時ロズウェルで実際に何が起きたのかが、詳細に記されています。

7月4日。牧場管理者のマック・ブレイゼルが、奇妙な銀色の破片が散乱しているのを発見しました。それが何なのか分からなかったため、彼はロズウェルの保安官のところへ行き、「うちの牧場に何かが墜落した」と報告しました。すると、ロズウェル陸軍航空基地の担当者が、現場に派遣されてきました。彼らは、牧場に散乱した残骸を一つ残らず回収するよう命じられていたといいます』

IMG_3268.jpg
(ロズウェル陸軍飛行場がロズウェル地域の牧場で空飛ぶ円盤を回収したという見出し)
IMG_3269.jpg
(回収したのは、気象観測用の気球だったという見出し)

1947年7月8日。ロズウェル・デイリー・レコード紙の一面で、軍が空飛ぶ円盤を回収したことが報じられた。だが、すぐに当局の話が一変し、その残骸は墜落した気象観測用の気球だったと説明されたという。

元英国国防大臣のニック・ポープ氏が語る。
『ロズウェルを拠点にしていた第509爆撃隊は、第二次大戦で極秘任務を遂行した非常に優秀な飛行隊でした。精鋭部隊の情報部員が気象観測用の気球を空飛ぶ円盤と勘違いしたと言う話は、不自然だと思います。この時に、UFOの隠ぺい工作が始まったに違いありません』

出版編集者で古代宇宙飛行士説を唱えるジョルジョ・ツォカロス氏が語る。
『必ず、気球やメタンガスや隕石など、UFO以外のものだと説明されます。ロズウェルでの墜落は、もみ消されました。空飛ぶ円盤を回収したという報告が撤回されたのは、混乱を最小限にとどめるための対応策だったのだと思います』

作家のリチャード・ドーラン氏が語る。
『ただの気象観測用の気球だと報告され、忘れ去られていましたが、30年以上経って、あれは地球外の航空機だったと報告する目撃者が出てきました。彼らは、宇宙人の死体も見たのです』

2014年4月。ツォカロス氏は、ニューメキシコ州ロズウェルのウォーカー空軍基地を訪ねた。そこで元ロズウェル市長のジャーニー氏と会い、墜落機の残骸と宇宙人の死体が最初に運び込まれたと言われる格納庫を見せてもらう。(ジャーニー氏;J ツォカロス氏;T)

T;『これは広い。鳥肌が立っています。歴史的な場所ですからね。実際には、どこに運ばれたのですか』
J;『私が入手した情報によると、そのカドだったようです。そこで、死体を調べたと言われています』

IMG_3272.jpg
(宇宙人が運ばれたと言われる個室のドア)

そう言ってジャーニー氏は、広い格納庫の隅にある8畳ほどの広さの個室を指差した。ふたりはドアを開けてその中へ入り、会話が進む。

J;『(UFO)機体の残骸は格納庫に、(宇宙人の)死体はここに運んだ様です。今立っている場所に、宇宙人の死体があった・・・』
T;『可能性がある?!その残骸は、どこへ行ったんですか』
J;『もちろん、政府が持っていきました。ライトパターソン空軍基地に、死体を運んだ様です。(今は)恐らく飛行物体の残骸と一緒に、どこかの軍事施設で厳重に保管されているのでしょう』

IMG_3273.jpg
(ジェシー・マーセル少佐)

ロズウェル事件の研究者によれば、政府は一連の出来事の目撃者が事実を公表しないよう、守秘義務を課しているという。だが、晩年になって、名乗り出たものが数多くいた。最初に墜落現場へ向かった将校ジェシー・マーセル少佐も、その一人だ。マーセル少佐の孫によると、彼は自らの経験を事細かく家族に話していたという。

マーセル少佐の孫が語る。
『私の祖父は第509爆撃隊情報部の責任者で、家ではロズウェルの話をよくしていました。私が子供の頃、夕食の時間に聞いた話では、祖父はロズウェル事件の調査責任者だったようです。祖父はその残骸を見た時、何なのかさっぱり解からず、それを集めて家に持って帰ってきたと言います。これは、人類の歴史を変えるような重要なモノに違いないから、家族にも見せておきたいと考えた様です』

マーセル少佐の家族の話では、彼は現場から持ち帰った残骸をキッチンの床に並べたという。その中にあった薄い金属の破片は、奇妙なことにクシャクシャに丸めても傷一つ付かず、元の状態に戻った。そしてそれは、新聞の写真の中でマーセル少佐が持っていたモノとは違う金属だったと、彼の孫は語る。

IMG_3275.jpg
(新聞記事に載った、気球の破片を持つマーセル少佐の写真)

マーセル少佐の孫が、続けて語る。
『祖父が気象観測用の気球の破片を持っている、有名な写真があります。渋々話を合わせ、それを持っていたようです。写真の祖父はカメラの方ではなく、それを命令している誰かの方を見ています。軍の決定に従って、やるべきことをしたのです』

はたして、宇宙人の飛行物体が、ロズウェルに墜落したのだろうか。そうだとしたら、ニューメキシコだけにとどまらない大きな陰謀が、あるのだろうか。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、そう考える。そして、UFOが墜落しているのはロズウェルだけでは無い、と指摘する。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
RAAFとはロズウェル陸軍飛行場のことで、のちのウォーカー空軍基地(現在は閉鎖)である。ここが発表したプレスリリースが数時間後、あれは気象観測用気球だったと発表を覆したことが隠ぺい工作のはじまりだというのだが。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ロズウェル事件の真相・2 [宇宙人24/ロズウェル事件の真相]

1941年4月12日午後9時30分。アメリカのミズーリ州ケープジラード。牧師のウィリアム・ハフマンのもとに地元警察から電話があり、近くで事故が起きたので、現場で犠牲者に祈りを捧げて欲しいという要請を受けた。

作家のウィリアム・ヘンリー氏が語る。
『事故現場に到着した彼は、思いもよらない物を見ました。円盤型の飛行物体があったのです。さらに、背が低く、頭と目が大きく、口の小さい宇宙人のような死体も3体ありました。そこには軍の関係者やFBIの捜査官がいて、UFOの墜落現場だと分かったそうです。死体は、宇宙人だったのです。ハフマン牧師が円盤の中を覗くと、内部の壁に記された象形文字のようなものが見えたといいます。政府の役人からは、絶対に口外しないようにと指示されたそうです』

ハフマンは死ぬまで秘密を守ったが、1984年、彼の妻が死ぬ間際に、家族にその事件の詳細を明かしたという。その後、保安官の兄弟や消防隊員など、ハフマン牧師の妻の証言を裏付ける目撃者が名乗り出ている。彼らによって軍の詳細な対応が明らかにされると、ロズウェル事件以前の驚愕事件として知られる様になった。

ジャーナリストのリンダ・ハウ女史が語る。
『墜落現場からわずか50キロの所に位置するミズーリ州サイクストンから軍の部隊が来て、その死体や空飛ぶ円盤を回収し、飛行機でワシントンDCへ運んだと言われています。1941年に起きたこのミズーリ州ケープジラードの事件から、政府が別世界から来た飛行物体の回収を始めたように思います』

『ケープジラードでの墜落によって、軍はロズウェルでの対応に備えることができました。このような事故が起きた時にどう処理すればいいのか、のちの墜落事故をどうやって極秘にすればいいのかを学んだのです』
こう話すのは、作家のウィリアム・ヘンリー氏である。

IMG_3276.jpg
(同時期に多くのUFO墜落事件が報告されている)

今やロズウェル事件は有名だが、同じ時期にアメリカ各地でよく似た事件が報告されていることは、あまり知られていない。そのような事件は、ニューメキシコ州サンアントニオ(1945年8月)、アイダホ州ツインホールズ(1947年7月)、モンタナ州ヘブゲン湖(1949年8月)、ウエストバージニア州ブラクストン郡(1952年9月)など、数多くの場所で起きている。だが、なぜ突然、それだけ多くの事故が報告されたのだろうか。

20世紀を特徴づける出来事と言えば、第二次世界大戦だろう。この戦争では世界中の国々が巻き込まれ、六千万人を超える人々が犠牲となった。そして、原子爆弾など、かつて無い程攻撃力の高い危険な武器が作りだされることになった。さらに、この時期からUFOの目撃情報が急増したが、それは何故なのか。

作家で古代宇宙飛行士説提唱者のデビッド・チルドレス氏が語る。
『UFOらしきものが数多く目撃されたのは、第二次世界大戦中とその直後の数十年間です。その原因の一つとして、大戦中にアメリカが原子爆弾を開発し、日本に投下したことが考えられると思います。この後も、ネバダやニューメキシコなどで核実験をしていたので、地球外生命体が懸念したのかもしれません』

古代宇宙飛行士説提唱者の第一人者、ジョルジョ・ツォカロス氏が語る。
『人類が核の保有能力を持ったことで、地球外生命体は地球人の技術がかなりのレベルに到達したことを知ったのではないかと、考える人もいます。一つだけはっきり言えることは、人類が核兵器を配備するようになって以来、世界中でUFOのようなものを目撃する人々が急増したと言うことです。核兵器が原因で、地球外生命体がこの惑星に来ているのではないでしょうか』

核兵器時代の始まりによって、地球外生命体との関わりが新たな段階へ進んだのだろうか。もしアメリカ軍がUFOの残骸を回収していたとしたら、どこへ運んだのだろうか。

IMG_3278.jpg
(エリア51へ続くゲート)
IMG_3279.jpg
(エリア51の航空写真)

ニューメキシコ州ロズウェルから1500キロほど離れた、ネバダ州グルーム・レイク。ここに、UFOの残骸が隠されているとウワサされる有名な場所がある。エリア51と呼ばれる極秘の開発基地だ。何年もの間、基地があることは否定されていたが、2013年8月16日、アメリカ政府がその存在を公式に認めた。

前出のリンダ・ハウ女史が語る。
『そこは極秘扱いにされてきた軍事基地の一つで、働いていた人々は死ぬまで秘密を守ることを誓わされました。2013年に初めてエリア51の存在が認められ、それまで長い期間、実在していたことが確認されたのです』

1947年のロズウェル事件で回収された残骸が、エリア51に保管されていると広く信じられているが、アメリカ政府はそれを否定している。

原子物理学者のスタントン・フリードマン氏が語る。
『進んだ研究開発が行われているエリア51という場所が、確かに存在していると公表され、人々の関心を集めましたが、実際にはそこで何が行なわれているのか分かりません。政府がいろいろな説明をしても、それが事実だとは限らないからです。CIAの言うことを、完全には信用できないでしょう』

また、UFOに詳しいラジオパーソナリティのジョージ・ヌーリィ氏はこのように言う。
『エリア51の元職員の話を聞くと、そこでは地球外の航空機の試験飛行や分析調査が行われていると言います。そこは、政府の極秘基地にちがいありません。あらゆる種類の開発が、進められているのです』

エリア51には、地球外から来た航空機が保管されているのだろうか。そしてそれは、UFOの墜落事件で回収されたものなのか。古代宇宙飛行士説では、そう考える。そして、更なる証拠は、人類が開発した最先端技術について調査することで見つかると言う。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
地球外生命体が姿を現し始めた理由が、人類の核兵器保有を憂慮したためだとしたら、それはなぜなのか。近い将来、人類が敵として彼らの前に立ちはだかることを懸念してのことか?それとも・・・
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - 宇宙人24/ロズウェル事件の真相 ブログトップ