So-net無料ブログ作成
ダイヤモンドアイ・ドラマ1 ブログトップ
前の2件 | -

ダイヤモンド◇アイ(1) [ダイヤモンドアイ・ドラマ1]

今回は、第1話《わが名はダイヤモンド・アイ /前編》を取りあげます。

企画;衛藤公彦
原作;川内康範
脚本;伊東恒久
音楽;池多孝春
殺陣;渡辺高光
特技監督;真野田陽一
監督;高瀬昌弘

【主な登場人物】
・ダイヤモンド・アイ(アラビアの王と呼ばれるブルーダイヤの精霊)
・雷 甲太郎(らいこうたろう;主人公でルポライター。通称ライコウ)
・カボ子(ライコウを助ける仲間の女性)
・五郎(ライコウを慕う会社の後輩)
・源 海龍(げんかいりゅう;香港暗黒街のボス)
・海藤警部(腕利きの刑事、ライコウを息子のように思っている)
・早川編集長(週刊ジャパンの編集長)

◆東日本200マイルモトクロスレース大会を走るゼッケン5番のレーサー雷甲太郎は27歳、週刊ジャパンに所属するルポライター*だ。アマチュアだけが参加できるこの大会で、彼は優勝候補のひとりであった。全国から160台が参加したが、レース中盤で早くも半数以上がリタイアするという過酷なレース展開となっていた。雷甲太郎の順位は、カボ子と雑誌社の後輩・五郎が見守る中、30位付近を走っていた。
*ルポライターは、社会的事件や事象を現地や関係者に取材して記事にまとめあげる人

全くの偶然だが、このふたりのすぐ近くの観戦席で、雷甲太郎を探してレースをジッと見ている目があった。やがて、雷甲太郎のバイクが観戦席の前を通過しようとした時、大声で誰かを叱る女性の声がした。

『バカモノ!』

雷甲太郎はその声に反応し、バイクは転倒、レース結果は散々であった。レース後、カボ子と五郎は雷甲太郎の元へ駆け寄ると言った。

『あーあ、でも怪我が無くて何よりよ。私のカード占いは、的中したわ!』
『それに先輩、よりによって、あんなおばあちゃんに見惚れるなんて!』

その言葉を聞いた途端、雷甲太郎は五郎の首根っこをつかむと、殴りかかろうとした。そこへ、そのおばあちゃんがやって来たのである。

『甲太郎!』
『おふくろ・・・』

IMG_3311.jpg
驚く二人をよそに、甲太郎は久しぶりに母と再会した。そして顏を合わせるなり、土下座をして母に謝るのだった。自分の腕を試してみたくなり、田舎の母には二度とオートバイレースに出ないと約束しておきながら、隠れてこのレースに出場して見つかってしまったのだ。

なによりも母が怒っているのは、隠れてコソコソやるというその根性だ。飛行機乗りとして働き続けて亡くなった父を、1人息子の甲太郎にはもっと見習ってほしいと母は願っていた。母に全く頭が上がらない甲太郎は、罰として子供時代のお仕置きを母から受けるのだった。

『ごめんなさい、母さん。もう二度とレースには出ない。だけど、週刊誌の記者にとって大切な足のオートバイに乗ることは、許してほしい』
『いいだろう。仕事に命を賭けるなら、母さん、文句は言わないよ。その代り、自分が正しいと思ったら、トコトンまでやるこった!』

翌日。週刊ジャパンの編集部でライコウが食事をしていると、早川編集長が御冠(おかんむり)であった。母に怒られて尻を叩かれているライコウの姿が、他社の週刊誌に写真入り記事で載ってしまっていた。

『ほう、よく撮れてますね!』
『なんだ!その態度は。それと、もう一つ。先週号のお前のルポに、抗議が来とる!』

早川編集長が怒っているのは、記事の質が悪いということのようだ。そこでライコウは、とっておきのネタを編集長の前に出した。

『十数億の脱税、なんてのはどうです?』
『ほう、あるじゃないか!創刊以来、社会正義を編集方針に貫く我が週刊ジャパンには、コリャ、打ってつけだな!で、そのネタは?』

大沢山剛造という名前をライコウが出した途端、編集長の顔色が変わった。

『え!あれは、いかん!』
『なぜです?政財界の黒幕と言われているが、その実はあらゆる利権にからんで、不正に儲けている。それに・・・』

最近の土地買収に絡んで推定十数億の脱税をしているというこのネタは、この半年間ライコウが大沢山を追いかけてつかんだネタであった。ところが、この大沢山剛造だけは絶対に手を出してはいかんと、早川編集長は猛反対した。警察も迂闊に手を出せない、超大物政治家なのだ。

『お前が下手に触ると、お前の首どころじゃ済まんのだぞ!』

編集長から甲高い声で怒鳴られたライコウは、増々ヤル気をだすのだった。山は高ければ高い程、登りガイがある。ライコウとは、そう言う男なのだ。その時、後輩の五郎が血相を変えて、編集部に飛び込んできた。

『ライコウ先輩!事件事件!桜田門の親分が、血相変えて出て行くのを見たんですよ!』

IMG_3313.jpg
桜田門の親分とは、警視庁の海藤警部のことである。警部も大沢山を追いかけていることを、ライコウは知っていた。赤いジャンパーを着たライコウは、フルフェイスのヘルメットを持って五郎と編集部を出ると、五郎を後ろに乗せてバイクを走らせた。

五郎の話では、海藤警部の行き先は大沢山の事務所ではなく、羽田空港だという。空港の展望台で、手すりに手をついたままぼんやりと旅客機の発着の様子を見ている海藤警部をライコウはやっとのことで見つけると、そのすぐ隣に並んで手をついた。

『ライコウ。よく嗅ぎつけたな』
『蛇の道はヘビ。で、どうなんです?』
『へへへへ、雲をつかむような話だよ。第一、アラビアの王なんて、見たこともないんだからなぁ・・・』
『アラビアの王様が、どうかしたんですか?』

海藤警部は、ライコウが「アラビアの王」について何も知らないことをあざけりながらも、詳しく教えてくれるのだった。警部は、ライコウをとても可愛がっているのだ。

IMG_3314.jpg
『アラビアの王というのは、ダイヤモンドの名前だよ。あれは、一週間ほど前のことだ・・・』

警戒厳重なスイスの国立銀行の地下金庫から、世界一のブルーダイヤ「アラビアの王」が、盗み出された。手口から見て、香港暗黒街の王・キングコブラと推定された。キングコブラは、13の顔を持つと言われる正体不明の怪人である。雷甲太郎は海藤警部から、キングコブラが日本へ潜入するという情報を知らされたのであった。

IMG_3315.jpg
その頃、羽田空港の税関では、貿易商の源海龍(げん・かいりゅう)が手荷物検査を受けていた。手荷物検査の最中、近くにいた少女が人形を床に落としたのを見て、源海龍はその人形を拾い上げると、笑顔で頭を撫でながら少女に人形を手渡した。そうしておいて、誰かに向かって目で合図を送った。

ライコウと五郎は出口ゲートでキングコブラを捕えようと待ち構えていた。だが、警部の情報で到着便は判ったものの、その便でやって来る多くの乗客の中から、顏も分からない人物が持つ一粒のダイヤを探し出すことなど、所詮無理であった。とりあえず、ライコウは五郎に頼んで、その便から降りて来る全乗客の顔写真を撮ることにした。

IMG_3316.jpg
(左から、西田、源海龍、大沢山)

偶然にも、ライコウと五郎がいる場所から十数メートル先で、大沢山の用心棒で西田という男が見知らぬ男を出迎えていた。それを目撃したライコウは、大沢山が近くにいることを直感した。案の定、少し遅れて大沢山が車で迎えに現れたのである。大沢山が迎えに来た男の名は、源海龍と言った。源海龍は、ライコウたちが自分を見張っていることを知っていた様子で、持っていた扇子でライコウ達の方を指して西田に教えるのだった。

『週刊ジャパンの雷甲太郎です』

西田がそう言うと、源海龍は大沢山と別れ、どこかへ行ってしまった。大沢山も動きを察知されないように、そ知らぬ顔をして車で空港を後にするのだった。

ライコウは五郎をバイクの後ろに乗せると、大沢山の車を尾行した。だが西田は、大沢山を逃がすための準備を整えていた。予定通りのコースを走って行くと、ある場所で長さ20センチ程の箱のような携帯電話で、西田は狙撃手に命令した。

『オートバイの奴らを狙え!』

だが、狙撃手の撃った銃弾はライコウ達には当らず、バイクは転倒して、五郎は道路に放り出されてしまった。幸いにも二人とも大怪我はしなかったが、すぐに歩道橋の陰に隠れたふたりを二発目と三発目の銃弾が襲った。そして四発目の銃弾が、悪いことに流れ弾となって、付近にいた子供に当たってしまったのだ。

IMG_3318.jpg
子供を助けに走ったライコウは、倒れた子供を抱き抱えると、五郎に救急車を呼ぶように言った。大沢山の車の行方が気になる五郎はそのことを言うと、ライコウは叫んだ。

『グズグズするな。子供の命の方が大切だ!』
(つづく)


★★★★★★★★★★★★
ダイヤモンド・アイは、雷甲太郎が変身した姿では無い。詳細は特撮ファミリー・1のダイヤモンド・アイの項目を読んでいただきたいが、社会にはびこる悪と戦うライコウが自分の力ではどうにもできなくなった時、アイリングを光にかざして呼べば、いつでも現れる存在、それがダイヤモンド・アイだ。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

ダイヤモンド◇アイ(2) [ダイヤモンドアイ・ドラマ1]

今回は、第1話《わが名はダイヤモンド・アイ /後編》を取りあげます。

【前回までの話は・・・週刊ジャパンのルポライター雷甲太郎、通称ライコウは、政界の大物・大沢山剛造の土地売買に関わる脱税容疑をつかんでいた。海藤警部の行動を追って空港へやって来たライコウは、警部から宝石「アラビアの王」盗難の一件を聞かされ、それが日本へ持ち込まれるらしいことを知った。飛行機の乗客を見張っていたライコウは、大沢山が見知らぬ男と会って何もせずに別れたことを怪しみ、大沢山の車を尾行する。すると、その途中で狙撃され、子供が巻き込まれて大怪我をしてしまった・・・】

◆大沢山の用心棒・西田の部下が発射した銃弾の巻き添えになった小学生を助けるため、ライコウは五郎に救急車を手配させると、この男の子のそばに付いて必死に励ますのだった。

その頃、大沢山の事務所では、ライコウの始末に失敗したとの報告を、大沢山が西田から受けていた。今夜中に片を付けると言う西田を、しかし大沢山は止めた。これから大事な取引があるため、これ以上コトを荒立てたくはない大沢山は、大物政治家の竜神代議士へ電話するよう、西田に指示した。

子供を病院へ運んだあと、週刊ジャパン編集部へ戻ってきたライコウは、子供を巻き添えにした大沢山のやり方に憤り、早川編集長の前で怒りをぶちまけていた。しかし、ライコウの話を聞く早川編集長の顔色は、すぐれない。

『誰が何と言おうと、大沢山を追いかけて・・・』
『ライコウ。今日から向こう一か月間、お前の取材活動をストップする。出張扱いにするから、田舎へでも帰って、おふくろさんに孝行してくるんだな』

これは、明らかに上からの圧力であった。大沢山は、竜神代議士から雑誌社へ政治的圧力をかけて、ライコウの記事を差し止めする作戦に出たのだ。

『編集長!・・・上からの圧力ですね?』
『頼むから、俺の言う通りにしてくれ。悪いようにはせん(しない)から』
『・・・お世話になりました!』

この瞬間、ライコウの記者魂に火が付いた。編集長から話を聞いた五郎とカボ子は、自分から社を辞めたライコウを、勿体なく思っていた。だが、ライコウは、記者を辞めるつもりはない。

『一寸の虫にも五分の魂だ。俺は一匹狼のルポライターとして、気兼ねなしに大沢山にぶつかってやる!』

ライコウの本心を聞いた五郎は、社で知った情報なども含め、ライコウに全面協力することを約束する。だが、カボ子には心配な点があった。個人の力には限界があるし、相手は(雑誌社という)組織でも敵わない怪物なのだ。どうやってその怪物と戦うつもりなのか。だが、ライコウは言う。

『理屈はともかく、俺にはどうにも我慢ができないんだ。表面ではしれっとした顔で、裏では自分の欲望のためなら不正は元より、子供が傷つこうが平気でいられる奴が、俺は許せないんだ!』

ライコウの熱い思いを聞いたカボ子も五郎も、彼のためならどんなことでも協力を惜しまないと誓い、三人はガッチリと握手をした。

翌日。ライコウは、流れ弾に当たって入院している小学生(愛称モンちゃん)の病室にいた。モンちゃんの両親は亡くなり、姉と二人暮らしであった。生活費を稼ぐために姉は毎日働いているので、病室のモンちゃんは夜までひとりぼっちなのだ。そんなモンちゃんのそばに、ライコウは付き添っていたいと思った。そこへ、カボ子が新聞記事を持ってやって来た。記事の見出しは、こうだ。

 深夜のホテル母娘殺人事件 
―死体の傍らに裂かれた人形―
(現場の状況は、少女とその母親がホテルの一室で死亡しており、その傍には鋭利な刃物で腹を縦に裂かれた人形が落ちていた)

この記事を読んだライコウは、すぐに状況を理解した。ライコウの推理は、こうだ。盗まれた「アラビアの王」は、この人形の腹の中に入れて持ち込まれた。そしてこの母娘は、口封じのために殺されたのではないか。

だが、ライコウは悩んでいた。モンちゃんをこんな姿にした大沢山とその連中を、すぐにでも飛んで行って叩きつぶしたいと思う。しかし、姉弟ふたり精一杯の生活をしている中、自分の為に大怪我をさせてしまったこの子を放っておいて、出て行くわけには絶対にいけないと思うのだった。

『もし俺が動けば、第二第三のモンちゃんが出ないとも限らない。それを考えると、俺は今、大沢山へ立ち向かう勇気を無くしてしまっているんだ・・・』

そう言って涙ぐむライコウを、目を覚ましたベッドの上のモンちゃんが見て、逆に励ますのだった。

『オレ、1人でも大丈夫だよ。大人が泣くなんて、みっともないよ・・・』
『よーし。モンちゃんの怪我が治るのと、俺が悪いヤツラを捕まえるのと、競争だ!』

ライコウは笑ってそう言うと、モンちゃんから勇気をもらった気がした。

ライコウと五郎は、喫茶店で打ち合わせをしていた。人形の腹部に隠して持ち込まれた「アラビアの王」を十億以上の大金を出して買い取る人物など、そうざらにはいない。その人物こそ大沢山剛造だと、ライコウは睨んでいた。奴はダイヤマニアだし、脱税した金をダイヤに変えてしまえば、万一の場合も安心だからだ。ライコウは箱根にある大沢山の別荘に潜入して、証拠をつかむことにした。だが、この二人の会話を、用心棒の西田がすぐ近くで聴いていた。

IMG_3320.jpg
箱根に向かう途中で西田の妨害に遭うも何とかくぐり抜けたライコウは、広大な敷地の大沢山の別荘にうまく潜入した。ライコウが窓からそっと中を覗くと、大沢山とある人物がダイヤをはさんで密談しているところであった。あの男は、確か羽田空港で大沢山が会っていた男だ。アタッシュケースを開けた中央に、直径が5センチ程もある巨大なダイヤが光っていた。

IMG_3321.jpg
『これが、アラビアの王』
『う~ん、素晴らしい!』

ダイヤを見せたのは源海龍、香港の貿易商を名乗る男だ。ライコウの睨んだ通り、スイスから盗まれたアラビアの王を、大沢山が買い取る取引が進行していたのだ。

だがその時、ピストルを持った西田とナイフを持ったセビロ姿の男数人が、ライコウの周囲を取り囲んだ。ライコウは、戦うために男達の中へ突っ込んでいった。乱闘になり、パンチやキックで果敢に戦うライコウだが、目つぶしを食らってしまい、ライコウの反抗もここまでであった。

西田に捕まり、縄で縛られて書斎へ連れて来られたライコウは、そこで源海龍に銃を突きつけられている大沢山を見る。驚いた西田が、大沢山に問いかけた。

『どうしたんです!』
『だまされた!』
『これは、初めからの計画。どうせ悪いことをして儲けた金、私がもらっても誰も文句は言わない。第一、このダイヤ、下品な人には似合わない』

源海龍はそう話すと、手下の者たちに証拠をすべて消すように指示した。ソファに座って、ゆっくりと「アラビアの王」を手に取り、うれしそうに眺める源海龍。

命乞いをする大沢山を見たライコウは、彼を哀れに思って大笑いした。せめて自分は戦って死のうと思い、縛られたまま必死に抵抗を試みたが、再び手下たちに拘束されたライコウの頭を、ソファからゆっくりと立ち上がった源海龍の銃口が狙っていた。

『よーし。お望み通り、殺してやろう』
『待て!』

IMG_3325.jpg
ライコウ危機一髪、もう駄目かと思ったその時、どこからか声がして、【アラビアの王】が独りで宙に浮いて明るく輝き出すと、その中から謎の超人が出現した。手下たちは源海龍の背後に逃げるように揃い、源海龍は謎の超人に拳銃を向けたまま、問いかけた。

『貴様は何者だ!』
『予はアラビア王の精、ダイヤモンド・アイ!この世の平和を乱す悪霊ども!神に代わって天誅を加える!』

ダイヤモンド・アイが右手のステッキの先端をライコウに向けると、一瞬で縄は解けた。そして、部屋の外へ逃げた男達のあとを追うと、男達に向かってダイヤモンド・アイは言った。

IMG_3328.jpg
(相手の正体を暴く外道照身霊波光線)

『醜い亡者どもめ!今お前達の前世の姿を、暴いてくれる。外道照身霊波光線!』

IMG_3336.jpg
(モウジンガー)

ダイヤモンド・アイの両目から放たれた光線を浴びた男達は、その醜い姿をさらした。彼らの正体は、馬頭人(ばとうじん)と牛頭人(ぎゅうとうじん)という悪霊世界の戦闘員だった。さらに光線を浴びた男は前世魔人モウジンガーに変身、光線を浴びた源海龍も醜い姿をライコウの目前にさらした。

IMG_3333.jpg
(キングコブラ)

『正体見たり!前世魔人キングコブラ!』
『ウ~ン、バ~レ~タか~』

源海龍は、前世魔人キングコブラであった。キングコブラはダイヤモンド・アイに攻撃をしかけると、その間に宝石の詰まったアタッシュケースを持って悪霊世界へ逃げ去った。ライコウの目の前では、今ダイヤモンド・アイとモウジンガーが戦っていた。ダイヤモンド・アイの必殺光線ロイヤルパンチが当たり、モウジンガーの体は溶けて無くなった。ダイヤモンド・アイはライコウに近づいてきて、告げた。

『汝の美しい心が見えた。これからも予と共に献身して、この世の悪と戦ってくれ。予は、全能の神より遣わされた平和の使いだ。この世のあらゆる悪霊を倒さぬ限り、元のダイヤに戻れぬ運命だ。予の力が必要となる時のために、アイリングを授けよう』

だが、ライコウ言う。気持ちは嬉しいが、自分の力だけで悪と戦いたいと。しかし、キングコブラのような悪霊たちと戦う時、人間の力では限界がある。その時にアイリングの超能力が必ず役立つと、ダイヤモンド・アイは言うのだ。

『友情のしるしとしてなら、頂こう』

IMG_3337.jpg
「意地っ張りだな」と笑うダイヤモンド・アイの右手中指からライコウの左手中指に、アイリングが瞬時に渡った。

『アイリングを光にかざし、予の名を呼ぶがよい。予はいつも、汝の頭上で見守っている。また会おう!』

ダイヤモンド・アイは空へ飛び去り、雲間に消えた。ライコウが戦う相手は、社会悪に手を染める人間とその人間を利用して不当に儲けようと企む前世魔人たちである。
(終わり)


★★★★★★★★★★★★
ダイヤモンド・アイが目から発する光線は、外道照身霊波光線(げどうしょうしん・れいはこうせん)という。これを浴びると、人間に化けた前世魔人は、苦しみながらその醜い正体をさらすのだ。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - ダイヤモンドアイ・ドラマ1 ブログトップ