So-net無料ブログ作成
宇宙人25/エリア52 ブログトップ
前の2件 | -

エリア52・1 [宇宙人25/エリア52]

2013年8月15日、アメリカ合衆国のバージニア州ラングレー。エリア51として知られる軍の極秘研究施設については、何十年もの間、秘密事項とされてきたが、遂にその存在を認めるCIA文書が公開された。

元イギリス国防大臣のニック・ポープ氏が語る。
『歴史的な発表でした。長年UFOや陰謀説を信じる人々がウワサして来たとおり、エリア51が実在することが明らかになったのです』

作家のマイケル・バラ氏が語る。
『アメリカ政府は、情報公開法の開示請求によって、その存在を認めざるを得なくなりました。公開までに十年近くかかり、やっとエリア51があるという公然の事実が明らかになったのです』

IMG_3388.jpg
ネバダ州南部の砂漠に位置するこの極秘基地は、1995年以降、U-2偵察機やF-117 ステルス戦闘機の開発など、最も機密性の高いプロジェクトの中心施設としてみなされてきた。だが、エリア51には、さらに大きな秘密が隠されていると考える者も多い。そこに地球外生命体との接触に関わる究極の証拠があると言うのだ。

前出のポープ氏が語る。
『エリア51の存在が認められたことは重要な出来事でしたが、多くの人々が期待した答えは出ず、墜落したUFOがそこに保管されているというウワサが本当かどうかは、いまだに謎のままです。政府は沈黙を守っています』

前出のバラ氏が語る。
『政府は、最低限の情報しか公開しませんでした。十分な情報を出さなかったということは、エリア51で実際に何が行なわれているのか、知られたくないように思えるのです』

作家のリチャード・ドーラン氏が語る。
『これまで幾度となく、エリア51の関係者がマスコミなどに事実を暴露してきました。彼らは、エリア51に地球外のマシンがあるとハッキリ語っています。一説によると、地球外文明の非常に高度な推進装置をリバースエンジニアリングするために、専門家や技術者、物理学者などが集められたと言います。その研究を行う施設が、エリア51だったのです』

前出のバラ氏が語る。
『エリア51には地球外の技術を使った宇宙船があり、そこからテスト飛行に飛び立っているというウワサもあります』

エリア51の科学者達は、地球外の宇宙船を分析し、その技術を再現することに成功したのだろうか。

前出のドーラン氏が語る。
『30年ほど前から、その基地の周りで観察している人達がいます。彼らは、光る物体が直角に方向転換したりジグザグに飛んだりしているのを、観ているのです。それは通常の航空機とはまったく違い、どんな推進技術が使われているのか解からないと言います』

IMG_3389.jpg
(エリア51の航空写真)
IMG_3390.jpg
(地下施設・イメージ)

だが、もしアメリカ政府がエリア51で超極秘の軍事研究を行い、そこに宇宙人との接触に関わる証拠を隠しているとしたら、現在はどのようにして秘密を守っているのだろうか。その基地の存在や研究内容が知られてしまった今、戦略的な軍事施設として、使用できなくなったのではないだろうか。

その答えを探るために、古代宇宙飛行士説を提唱するジョルジョ氏が、ネバダ州ヘンダーソンへ向かった。ジョルジョ氏が訪ねたTD・バーンズ氏は、40年以上電気技師としてエリア51で軍の機密プロジェクトに携わった人物だ。
以下は、ジョルジョ氏(G)とバーンズ氏(B)の会話。

IMG_3391.jpg
B;『これは、2009年の写真です。この時初めて、妻が私の仕事場を知ったのです』
G;『2009年ですか。いつから働き始めたのですか』
B;『1960年です』
G;『ということは、50年近く秘密にしていたわけですね。何を研究していたのですか』
B;『主に、ソ連製のレーダー機器です』

G;『そうですか。これは仮定の話ですが、UFOの墜落機を手に入れたとしたら、その技術
  を分析して再現できるでしょうか』
B;『出来ると思います。1980年代から既に、“神の杖”を開発していましたからね。これ
  は、地球の軌道上を周回する軍事衛星から大気圏を突破できるスピードで金属棒を発射
  して、地上の軍事施設などを攻撃する兵器です』

G;『ワーオ!それは、秘密裡に進められていた宇宙計画ですよね。現在も同じような宇宙
  計画が、存在していると思いますか』
B;『今はもっと多いでしょうね。更に高度な技術を使って、当時私達が開発していたもの
  を応用することが可能だと思います』
G;『そこで働いている頃、奇妙な飛行物体が飛んでいるのを見たことはありましたか』
B;『もちろんあります。それは見たことの無い飛行物体で、バスタブのような形でした。
  空飛ぶ円盤に似ていましたよ』

G;『ハァ~。光の速さを超えられるワープエンジンや反物質推進技術を開発しようとして
  いる状況については、どんな意見をお持ちでしょうか。実現可能な技術だと思います
  か』
B;『実際に、研究が進んでいます。新しい物質を使ったエンジンや反重力エンジン、その
  他いろいろな技術が大きく進歩していると思いますよ』
G;『それは、素晴らしい!』

TD・バーンズ氏が考えるように、エリア51で反重力技術や空飛ぶ円盤の再現に成功したとしたら、軍は今、何に取り組んでいるのだろうか。そして、今も極秘の開発を行う研究所として機能し続けているのなら、なぜ政府は何十年も隠してきたエリア51の存在を認めたのだろうか。

前出のポープ氏に、再び聞く。
『一つ考えられるのは、エリア51で行われていた研究が、別の場所へ移ったという可能性です。つまり、CIAや政府がその基地の存在を明らかに出来たのは、本当に秘密にしたいことがそこに無くなったからでしょう。ですから大事なのは、エリア51で今何が行なわれているかではなく、エリア52、53、54についてだと思います』

エリア52、53、54。より厳重に警備された極秘施設が存在し、そこで地球外の技術を再現する研究が続けられているのだろうか。

航空宇宙エンジニアでSF作家のトラビス・テイラー氏が語る。
『一か所の大きな施設で研究を行なえば、一般市民から隠すのが困難になるので、賢い方法とは言えません。ですから、エリア51のような場所で地球外の宇宙船を分析したり再現したりすることは、少し時代遅れのやり方だと思います。私なら、各地に分散させて開発を行うでしょう』

政府当局がエリア51の存在を明らかにしたのは、カムフラージュとして使おうと考えたからなのだろうか。さらに大きなプロジェクトを進めている数多くの施設から、人々の注意をそらすためなのかもしれない。

前出のバラ氏が語る。
『政府がエリア51の存在を認めたのは、偽装工作だと思います。そこは巨大な地下施設です。様々な研究の中から、本当に知られたくないモノだけを別の場所に移すのは、容易いでしょう』

エリア51で何が行なわれているのかということに市民の関心が向いているうちに、政府は地球外の技術に関する研究を、アメリカ各地にある戦略的な施設に分散させたのだろうか。その答えを探るために、ネバダの砂漠で現在進行中だという、大規模なトンネル工事について調査してみよう。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
人々に知られたくない情報を新しい施設へ移した後に、政府はウワサの基地の存在をようやく認めたということらしい。。。

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

エリア52・2 [宇宙人25/エリア52]

2018年3月17日、アメリカ・ネバダ州のレイチェル。エリア51の敷地のすぐ外で、ジョルジョ氏はエリア51の研究者ウォルフ・マッカロン氏と、採掘の専門家クリスチャン・グロナウ氏に会った。エリア51の地下にトンネル網があるというウワサについて、調査する。

IMG_3392.jpg
マッカロン氏とグロナウ氏は、ネバダ州でも特に古いテンピュート鉱山がエリア51を地下に拡張させるために使われたと考えている。三人は、廃鉱になったテンピュート鉱山の入口から中へ入って行くと、適当な場所を見つけて話を始めた。
以下は、三人の会話。ジョルジョ氏(G)、マッカロン氏(M)、グロナウ氏(C)

C;『私はここから160キロ北の所で、1992年から採掘業をしています。ゴールドフィー
  ルドにも鉱山を持っていて、今も精力的に掘り続けているんです』
G;『エリア51について、何か知っていますか』
C;『衛星写真で見える建物が実際に使われていたのは、1950年代から1970年代までで、
  今は地下施設です。すべてが、地下で行われています』

G;『採掘業の経験に基づいて、地下施設があるという考えに行きついたんですか』
C;『地下施設が造られた時に掘り出した土が無いと言われますが、それは近くの鉱山に送
  られるんです。かなり高く積み上がった土も、ヒープリーチングをすればきれいにな
  って消えます』

IMG_3394.jpg
(鉱石を積み上げる)
IMG_3395.jpg
(液剤を散布すると土石は溶けて、あとには金属が残る)

G;『ヒープリーチングについて、教えてください』
C;『地下から掘り出した鉱石を数十メートルの高さに積み上げてから、50センチほどの
  間隔でホースを渡して、水銀やシアン化合物を散布する金属の抽出法です。そうする
  と、1メートル程の大きな岩も、跡形も無く溶けてしまいます』
G;『ホントに!?』

政府は、地下施設を造るために掘り出した大量の土を隠すために、テンピュート鉱山でヒープリーチングを行なっているのだろうか。そうだとしたら、地元の鉱山労働者に疑われることなく、大規模な工事を行うことは可能なのか。

C;『この地域では、金と銀と鉛が採掘されています。採掘業者がただで鉱石を引き取れれ
  ばお金になるので、口止め料になります。そういう取引を、何度も見ました』
G;『何の口止め料ですか?』

C;『基地についてです。エリア51のトンネル網の・・・』
G;『なるほど。政府が地下施設を造る理由は、明らかですよね。何らかの実験をする場
  合、地下で行えば邪魔が入らない。あるいは、邪魔が入りにくくなる』
C;『そのとおりです』

アメリカ軍はエリア51での業務を、外にではなく地下に拡張し、かつてよりも機密度が高い研究を続けているのか。

IMG_3397.jpg
(エリア51の地下施設・イメージ)

作家のリチャード・ドーラン氏は語る。
『様々な調査に基づいて考えると、そこには大規模な施設がある可能性が高いでしょう。トンネルが張り巡らされた広大な地下施設だと思います。もともとは、冷戦時代に核攻撃に備えて造られた施設だと考えられます。ソ連の攻撃を受けないよう地下に造った基地を、そのまま利用したのです』

エリア51の地下で密かに行われている研究は、巨大な氷山の一角に過ぎないと考える者もいる。アメリカ政府の数ある極秘施設は地下の高速鉄道でつながっており、エリア51はそのネットワークの一部なのか。

作家で古代宇宙飛行士説提唱者のデビッド・チルドレス氏が語る。
『コロラドスプリングス(コロラド州中南部の都市)のシャイアン・マウンテンには、地下鉄のような乗り物が走っているという話があります。山をくり抜いて造られたその基地(シャイアン・マウンテン空軍基地)には、北アメリカ航空宇宙防衛司令部があります。

IMG_3398.jpg
(軍事基地を結ぶ地下鉄道網のイメージ)

その地下鉄は、シャイアン・マウンテンから宇宙人の地下基地があるとウワサされるニューメキシコ州ダルシーまでつながっていて、さらにニューメキシコ州のロスアラモスやアルバカーキ、ロズウェルを通り、ネバダ州のエリア51に通じると言います。そのような軍事基地はすべて、地下にある秘密の鉄道網でつながっていると考えられているのです』

また、作家のビル・バーンズ氏は次のようなことを言っている。
『エリア51には注目が集まっても、ダルシーは見落とされています。ダルシーは、アメリカ先住民のアパッチ族が管理している自治区なので、そのエリアには簡単に入れません』

IMG_3399.jpg
(ダルシーはエリア52か?)

前出のチルドレス氏はこうも言っている。
『ダルシーの町の北部には、「アーチュレッタの頂き」と呼ばれる山頂があります。ダルシーに暮らす人々は、この山からUFOが出たり入ったりするのを目撃したことがあると言っています。アメリカ政府は、そこに軍事基地も地下鉄網も無いと言っていますが、その地域の住民たちは、何かあるに違いないと思っているのです。エリア51についても同じで、政府はその存在を否定していましたが、研究者達は何十年も前から、そこに何かがあると確信していました。ということは、いつかダルシーの基地の存在も認められると思います』

極秘の研究拠点を結ぶ広いネットワークがあり、そこで地球外の技術を使った実験が行われているのだろうか。古代宇宙飛行士説の提唱者たちは、もちろんそのとおりだと言う。そして、更なる証拠はアメリカ南西部ではなく、アメリカ東部の基地にあると指摘する。その基地では、何十年もの間、地球外生命体との共同研究が行われている可能性があるという。そこは、人類が初めて空を飛ぶことに成功した場所にごく近い、軍事基地である。
(つづく)


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
地下鉄道網を築いて軍事基地同士を地下でつなぐという話は、おそらく本当ではないかと思う。昼夜の区別なく、しかも人目に付かずに輸送できるメリットがあるからだ。一部を除いた日本の地下鉄のトンネルは、戦車が通れるように頑丈に設計されていると聞いたことがある。これから造られる建造物には、何らかの裏の理由が存在しているかもしれない。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の2件 | - 宇宙人25/エリア52 ブログトップ