So-net無料ブログ作成
ダイヤモンドアイ・ドラマ2 ブログトップ
前の2件 | -

ダイヤモンド◇アイ(11) [ダイヤモンドアイ・ドラマ2]

今回は、第6話《ライコウ絶体絶命! / 前編》を取りあげます。

企画;衛藤公彦
原作;川内康範
脚本;伊東恒久
音楽;池多孝春
殺陣;渡辺高光
特技監督;真野田陽一
監督;高瀬昌弘

【前回までの話は・・・大沢山の全財産を手に入れた源海龍は、ハリケーン第二作戦の標的を見国化学工業の三国社長に定めた。それまでの悪事を脅して三国社長にダイヤを買わせることに成功した源海龍は、用意させた20億円をまんまと強奪する。見国化学の輸送車を追ってきたライコウは、朱玉が現金を強奪した現場で首切りジャガーに襲われるが、ダイヤモンド・アイの力を借りて首切りジャガーこと魔人ワレアタマを倒した・・・】

◆首切りジャガーに襲われた現場で崖から転落した見国化学の輸送車を見つけるため、ライコウは崖下に降りた。車は大破して焼けただれ、乗っていた四人の警備員は全員即死だった。交通事故に見せかけて完全犯罪を狙った源海龍一味のやり方に、ライコウは怒りを覚える。

しばらくして、ライコウを追ってきた五郎もこの現場に降りてきた。五郎は見国化学で証拠写真を撮っていたが、その際に積み込んでいた銀色の大型トランクが見当たらないことをライコウに話す。

『お前、本当にトランクを見たのか?』
『ちゃんとこの目で。かなり大型でしたよ』
『中身の見当は?』
『大事なモノみたいでしたが・・・』

首切りジャガーが「ハリケーン作戦」と言っていたことをライコウは思い出し、トランクの中身が判れば奴らの狙いも分かると思ったライコウは、三国社長に会いに行く。

三国社長に面会出来たライコウは、車の事故について率直に訊ねた。すると、あれは単なる交通事故だと三国社長は話す。

『違う。交通事故に見せかけた現金強盗じゃないんですか?』
『だったら、警察へ行きたまえ。私は忙しいんだ』
『あのトランクの中身は、一体何だったんですか?』
『トランク?何のことだか分からんね』

ライコウは、トランクを車に積んでいるところを見た者がいると詰め寄るが、三国社長はトランクのことは否定し、ライコウを追い返してしまうのだった。

『これからもこの調子で、ダイヤをネタにして太ったブタどもから一円残らず巻き上げるのだ』

朱玉が持って帰ってきた大型トランク4個のフタを開け、20億の現金を眺めながら源海龍は笑ってそう言った。だが、現場にいたライコウが三国社長に近づいて真相を探るのではないかと、朱玉は懸念を口にした。すると源海龍は・・・

『三国はしゃべらん。コトが公になれば、自分のやって来た不正が明るみに出るからな。だが、ライコウは何をするか分からん。さっさと始末しろ!』

朱玉の秘密兵器、暗殺者ドリルが源海龍の前に現れた。ドリルに向かって、源海龍は言った。

『ライコウを侮ってはいかん。奴には、影のようにダイヤモンド・アイが付いている。アイがなぜ出現するのか、その秘密を突き止めてから抹殺しろ』

ドリルは自分のアタッシュケースを示しながら、この秘密兵器に敵う者などいないと言って、「二人まとめて地獄へ送る」と自信ありげに言うのだった。

『源海龍の狙いは金だ。大沢山にもダイヤを売りつけるふりをして、大金を奪っている』

IMG_3468.jpg
スナック「サンダー」のカウンターに座り、ライコウは五郎とカボ子にそう話した。見国化学での警戒ぶりを見ていた五郎は、ライコウの話に納得するのだった。

『でも、トランクに何個っていえば、莫大な金額よ。なぜ三国社長は警察に届けないのかしら?』
『おそらく大沢山同様、不正の金だろう。ダイヤに変えておけば安全などとうまい話に乗って、まんまと金だけ奪われたんだろう』

どうやら、それがハリケーン作戦なのだと思うライコウたち。ライコウは五郎に、三国社長に源海龍の顔写真を見せるよう指示した。カボ子には、銀行スジの聞き込みを依頼した。三国社長が大金を引き出したことの裏付けをとるためだ。そしてライコウは、源海龍が次に狙いそうな人物を探すことにした。

大沢山京子の元へ行き、大沢山の知り合いにダイヤマニアの人物がいれば教えて欲しいと訊ねるライコウ。以前から、父は父、自分は自分と割り切っていた京子は、冷たく答える。

『父は亡くなったんです。もう父のことはすべて忘れたいんです』

大沢山は源海龍に騙された犠牲者であり、第二第三の大沢山を出さないようにしなければならない。ライコウは京子を説得しようとするが、京子はかたくなにライコウを受け入れようとしなかった。ライコウは言う。

『かけがえのないお父さんを無くした気持ちはよく分かる。だが、いつまでも悲しみに沈んでいないで、君自身の目的を持って歩み出さないといけないと思う』

大沢山の死を無駄にしないためにも、力を貸してほしいとライコウは頼む。ライコウは、京子に見せたいものがあると言って、ある場所へと京子を連れていく。そこでは、モンちゃんが負傷した右足を引きずりながら、必死に歩く練習をしていた。遠目からその様子を見て、ライコウは京子に説明した。

『あの子は、必死に歩くと言う目的に向かって生きている。あの子は、あなたのお父さんの部下が撃った流れ弾に当たって、あんな風になってしまった。俺はこれ以上、あの子のような不幸な子を作りたくないんだ』

自分のために足を負傷したモンちゃんを見るたびに辛い気持ちになると、ライコウは京子に言った。するとライコウの熱意が通じたのか、「北金(きたがね)金融」という名前をライコウに教える京子。大沢山がダイヤの鑑定を依頼していた人物であった。

ライコウが北金金融の社長に面会を求めに行くと、すでにそこには「アジアの子供が手をつなぐ会」の総裁がいた。

『あなたの脱税も、当局がそろそろ目を光らせ始めましたぞ!』

IMG_3470.jpg
(ライコウが部屋にくると知り、焦る総裁)

見国化学の時と同じようにスーツケースのフタを開けて中のダイヤを見せると、あなたの脱税が発覚する前に財産をダイヤに変えておく方が安全だと言って、総裁は20億円を請求した。社長がダイヤを買うことを了承した時、雷甲太郎という男が強引に社長室へ向かったという内線が、受付から入った。慌てた総裁は、急いでダイヤをスーツケースに入れてフタをすると、社長に先導されて別のドアから社長室を出て行った。

『無礼者!来客中だと断ったはずだ!』

ドアを開けて飛び込んで入って来たライコウを、社長は一喝した。それを無視して、ライコウは社長に質問した。

『最近、ダイヤをお買いになるというお話は・・・?』
『そんな余裕は無いよ。それより、帰り給え!』

IMG_3472.jpg
(ライコウが拾ったダイヤは総裁が落したものだが・・・)

平静を装い、ライコウに帰る様に促す社長だが、接客用ソファーの上に一粒のダイヤが光っていた。それを拾ったライコウは、社長に詰め寄ろうとする。だが社長は、それは妻がここで無くしたダイヤだと言い繕うのだった。ライコウは仕方なく、今の客が源海龍であることを確かめるため、源海龍の顔写真を見せた。だが、社長の答えはノーであった。源海龍は変装をしていたのである。

『北金金融の件は中止、ライコウが現れた。大至急、ヤツを片付ける手配をしろ!』

飲み物を持って来た朱玉に、源海龍はそう命令した。

土手をバイクで疾走するライコウに向かって、新たな殺し屋ドリルの武器が火を吹いた。俊敏なライコウは、怪我をすること無くバイクから転がり落ちた。赤覆面達がライコウに襲いかかって来た。パンチとキックで対抗するライコウを狙って、殺し屋ドリルはアタッシュケース型の武器から麻酔弾を発射した。

IMG_3473.jpg
(倒れたライコウにとどめを刺そうとドリルが狙う)

ライコウの顔の前で白い粉が破裂し、たちどころに眠くなって来た。「麻酔ガスだ」と思った時には、ライコウの意識は遠くなっていた。
(つづく)


★★★★★★★★★★★★

nice!(9)  コメント(0) 

ダイヤモンド◇アイ(12) [ダイヤモンドアイ・ドラマ2]

今回は、第6話《ライコウ絶体絶命! / 後編》を取りあげます。

【前回までの話は・・・見国化学工業の三国社長から現金20億円を強奪した源海龍。不正に儲けた金だったため、三国は警察に届けることが出来ない。これこそがハリケーン作戦の手口なのだと、ライコウたちは知る。同じ手口で、源海龍は次に北金金融を狙おうとしていた。だが、大沢山京子から北金金融の名を聞きだしたライコウは、これ以上犠牲者を出さぬために北金の事務所へ向かった。ライコウが北金金融を嗅ぎつけたため、ハリケーン作戦は一旦中止し、ライコウを始末することに全力を注ぐ源海龍。暗殺者ドリルがライコウに送り込まれた・・・】

◆『なぜ北金との取引を嗅ぎつけたのか?ライコウは油断のならぬ奴だ!』

殺し屋ドリルを使って大至急ライコウを始末するよう、源海龍の命令が朱玉に下った。ドリルはライコウに迫り、麻酔弾を撃ち込んだ。ライコウの意識が、しだいに薄れていく。

『眠ってもらっては困る。死ぬ時の痛みが分からんからな』

眠らないようにライコウを数発殴ったドリルは、アタッシュケースから突き出た銃身をライコウに向けて、とどめを刺そうと狙った。(クソウ、身体が利かない)ライコウは心でつぶやきながら、左手の手袋を必死に外そうとするのだった。手袋さえ外せば、アイリングが光を浴びてダイヤモンド・アイを呼ぶことが出来る。ライコウは必死になって左の手袋を右手で引っ張ると、アイリングを光にかざした。

『アイよーッ!』
『ダイヤモンド・アイ登場!外道の始末は、予に任せろ!』

ステッキ光線で殺し屋ドリルのアタッシュケースを破壊したアイは、ドリルの正体を暴く。

IMG_3476.jpg
『外道照身霊波光線!汝の正体みたり!前世魔人ゲララチン!』
『バレタカァ!』
『お前も、だ!お前も、だ!』

次々と霊波光線を浴びた赤覆面たちは、戦闘員の牛頭人や馬頭人に変身した。アイは、まだ身体がよく利かないライコウを土手下へ逃がすと、戦闘を開始した。アイのステッキが、次々と牛頭人・馬頭人を斬り捨てていく。だが、ゲララチンの姿はライコウに向かっていた。

『俺様の使命は、貴様を殺すことだ!』

ゲララチンと向き合うライコウに気づいたアイは、すぐにライコウの元へ向かった。ライコウを背に隠すようにして、ゲララチンと対峙するアイ。

『外道め!予が相手だ!』
『お前も殺す!』

ゲララチンの剣を振り下ろす威力がアイのステッキを上回り、剣を受けると同時にアイのステッキは弾き飛ばされてしまう。

IMG_3477.jpg
『しまった!』

IMG_3478.jpg
するとアイは、「ダイヤつぶて」という武器で応戦する。手りゅう弾のように、直径5センチほどの大粒ダイヤを2個続けて相手に投げつけた。だが、とっさにアイに背中を向けたゲララチンは、ダイヤつぶてを甲羅で受けた。爆発するはずのこの武器が甲羅に吸収され、威力は発揮できなかった。

だが、その間にライコウは落ちたステッキを拾うと、アイに届くように投げた。ステッキを受け取ったアイは、必殺ロイヤルパンチを放ってゲララチンにとどめを刺した。

『残念だ。ケロキャット!このカタキを・・・』

何かを叫びながら、ゲララチンは消滅した。

IMG_3480.jpg
『アイ、ありがとう』
『外道めは、どうやら予と汝のつながりに目をつけたらしい。十分、気をつけろ!また会おう!』

空へ帰って行くアイを見送るライコウを、背後からじっと見つめる目があった。

『おのれ、よくも我が愛する夫をこんな姿にしてくれたな!この怨み、きっと晴らしてくれる!』

アジトへ帰ってきた猫マスクは、夫である魔人ゲララチンが倒されたことを源海龍に報告し、同時にある情報を持ってきた。それは、ライコウとダイヤモンド・アイのつながりを示すものであった。

IMG_3484.jpg
(猫マスクは夫ドリルの仇討ちを申し出た)

『ライコウがピンチに陥った時、「アイよ」と呼んだのです』
『うーん。何か、仕掛けでもあるのか?』
『遠くから見たので、そこまでは・・・』
『ヤツを捕えて痛めつければ、必ずダイヤモンド・アイが現れるでしょう。そこで一挙に始末します!』

朱玉が源海龍に、そう提言した。すると、その役目は自分にやらせてほしいと、猫マスクが名乗りを挙げた。源海龍に異存は無い。

その頃、スナック「サンダー」に集まった三人は、集めた情報を元に話合っていた。カボ子の情報は、三国社長が20億円もの大金をかき集めていたらしいこと。そして、五郎の持って来た情報では、三国は源海龍の顔にまるで反応しなかったという。交通事故に見せかけて三国社長から現金20億円を奪った連中がはたして源海龍だったのか、分からずじまいだ。

これで、次に狙われる人物の特定は困難になった。ライコウは、大沢山京子からの情報に頼る他に道は無くなったことを感じた。さすがのライコウも、源海龍が変装して活動していることまでは気がつかなかったのだ。

ライコウはバイクを走らせて、大沢山京子の邸宅へ向かった。邸宅の前に着くと、ちょうど京子が大きなカバンを抱えて門から出て来るところであった。負傷した足を必死にリハビリしている小さなモンちゃんの姿をライコウに見せられ、京子も新しい目的を見つけたのだ。「みどりの園」という保育園に勤務することになった京子。

『私も、あなたの言った目的を見つけたんです。父のことは忘れて、自分の力で生きていこうと思います』

京子はライコウに、力強くそう言った。そこへ車に乗って、北見八郎がやって来た。二人は大沢山の葬儀の時に、言い合いをしている。顔を合わせた二人がまたケンカになることを、京子は恐れた。

『いい加減な記事をでっちあげて、週刊誌でボロ儲けしようとしても、そうはいかんぞ!』
『やめて!』
『俺は、命がけで調べたことしか書かん!書けん男なんだよ!・・・いずれあんたも、真実を知るだろう!』

手を出しかけた北見を京子は制止するが、北見とライコウは少しの間言い合いになった。だが、ライコウはバイクにまたがると、その場を立ち去った。京子に好意を寄せる北見は、京子の父・大沢山を死に追いやった張本人がライコウだと本気で信じ込み、憎んでいた。

京子の所から戻ったライコウがスナック「サンダー」の店内に入ると、誰もいない店で電話が鳴っていた。電話を受けたライコウに、受話器の声は告げた。

『仲間の娘は、預かった。命を助けたければ、晴海の共栄倉庫へ来るんだ』
『カボ子ちゃんを誘拐?貴様!』

カボ子を救出するため、ライコウはバイクで共栄倉庫へ向かった。それと入れ替わる様に、カボ子が戻って来た。カボ子は、ちょっと前にライコウが交通事故に遭ったという電話を受けて外出していたのだ。だが、それはニセ電話であった。

『ハァ良かった、ニセ電話で。でも、誰が一体あんなイタズラを?・・・』

そう言ってカボ子は、水を一杯飲もうとして「晴海、キョエイソウコ」と書かれたメモを見つける。それは、さっきライコウが電話を受けてメモしたものだ。

一方、ライコウは共栄倉庫前にバイクを止めると、倉庫内へ入って行った。そこでは赤覆面達が、ライコウを待ち構えていた。襲いかかって来る彼らの攻撃に耐えながら、ライコウはカボ子の行方を探した。すると、ロープで縛られたカボ子が、悲鳴を上げながら赤覆面二人にナイフを突きつけられて出て来た。ライコウは戦いながら、カボ子を簡単に奪い返すことが出来た。

『カボ子ちゃん、もう大丈夫だ!』
『フフフフ』

カボ子は、笑いながらロープを自分で解くと、ライコウに拳銃を突きつけた。驚くライコウの目の前で、カボ子だと思っていた女が猫マスクに姿を変えた。

『私は猫マスク。おまえに殺られた殺し屋ドリルの妻だ。夫の仇を討つ!私が欲しいのは、おまえの命だけだ!』

ニセ電話におびき出されたことに、ようやく気付いたライコウ。ライコウは両手を縛られ、ロープで逆さ宙づりにされてしまう。猫マスクは、ライコウをムチで打ちながらこう言った。

『さぁ、お前の助けの神ダイヤモンド・アイを呼んでみろ!』
『クソォ、アイよーっ!』

ここは倉庫の中だ。しかも、手袋をしたままで両手を縛られていては、アイリングに光は当たらない。

『どうした?どうやらダイヤモンド・アイには、お前の声が聞こえないらしいな』

IMG_3489.jpg
猫マスクはライコウの目をくり抜こうと、ナイフを取り出した。左手でライコウの髪の毛をつかみ、右手のナイフがジリジリとライコウの顔に近づいて来る。危うし、ライコウ!
(終わり)


★★★★★★★★★★★★

nice!(9)  コメント(0) 
前の2件 | - ダイヤモンドアイ・ドラマ2 ブログトップ